映画:セデックバレ

「セデックバレ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

セデック・バレの紹介:1930年10月27日、日本統治下の台湾で起こった、先住民セデック族の抗日暴動「霧社事件」を描いた超大作。上映時間は4時間36分で、「第一部:太陽旗」と「第二部:虹の橋」の2部構成になっている。日本公開は2013年。

あらすじ動画

セデックバレの主な出演者

壮年期のモーナ・ルダオ(リン・チンタイ)、青年期のモーナ・ルダオ(ダーチン)、タイモ・ワリス(マー・ジーシアン)、マホン・モーナ(ランディ・ウェン)、タダオ・モーナ(ティエン・ジュン)、小島源治(安藤政信)、鎌田弥彦(河原さぶ)、佐塚愛佑(木村祐一)、宮川通信兵(ディーン・フジオカ)、江川博通(春田純一)、花岡一郎<ダッキス・ノービン>(シュー・イーファン)、花岡二郎<ダッキス・ナウイ>(スー・ダー)、川野花子<オビン・ナウイ>(ルオ・メイリン)、高山初子<オビン・タダオ>(ビビアン・スー)

セデックバレのネタバレあらすじ

【起】– セデックバレのあらすじ1

(第一部:太陽旗)

時は1895年。日清戦争で清国に勝利した日本は、台湾を統治下に置きます。

日本が台湾の山岳地帯まで支配する以前、狩猟民族のセデック族は、狩りをしながら暮らしていました。セデックというのは、彼らの言葉で「真の人(=英雄)」という意味があります。

タクダヤ蕃(=部族)マヘボ社(=集落)に属するモーナ・ルダオは、狩り場を巡って対立する部族との戦いで、初めて出草(=首を切り落とすこと)に成功し、英雄として祭り上げられます。セデック族は敵の首をとると、額と顎に刺青を入れて、勇者として認められるのでした。

こうしてモーナは英雄として君臨しますが、血の気が多い彼は、敵対部落との争いの最中に味方を銃で撃ってしまいます。その後も「オレの前に出るからだ」と言い放ち、冷血な一面を覗かせます。一方で、セデック族は平地に住む人間を相手に、毛皮と塩を物々交換する風習もありました。

また、セデック族では死後虹の橋を渡り、永遠の狩り場に行けることが信じられていました。虹の橋には番人がいて、敵を殺したことがない男は橋を渡れず毒ガニに苦しめられると、モーナは父親から聞かされて育っていました。

そして、モーナ率いるマヘボ社にも、ついに日本軍がやってきます。日本の支配を拒絶するセデック族は、ゲリラ戦法で日本軍を総攻撃します。歩くことがやっとの山道のうえ、すぐ横は断崖絶壁という道を進む日本軍めがけて、投げ槍や矢を放ったり、猟銃で撃ったり、岩を落としたりなどします。

結果、日本軍は惨敗します。初戦は悪路を身軽に動き回るセデック族の圧勝でしたが、次第に大砲や手りゅう弾を所持する日本軍が優勢になっていきます。

やがてセデック族は集落を占領されて、降伏せざるをえなくなるのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「セデックバレ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×