映画:ターザン:REBORN

「ターザン:REBORN」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

ターザン:REBORNの紹介:2016年製作7月30日公開のアメリカ映画。動物に育てられ、驚異的な身体能力でジャングルを縦横無尽に飛び回るターザン。エドガー・ライス・バローズによる人気小説のその後の物語。大人となり、英国貴族になったターザンが妻と故郷を取り戻すために戦う姿が描かれる。ターザン役のアレクサンダー・スカルスガルドが194cmの長身を生かし、ダイナミックなアクションを披露する。

あらすじ動画

ターザン:REBORNの主な出演者

ジョン・クレイトン/ターザン(アレクサンダー・スカルスガルド)、ジェーン・クレイトン(マーゴット・ロビー)、ジョージ・ワシントン・ウィリアムズ(サミュエル・L・ジャクソン)、レオン・ロム(クリストフ・ヴァルツ)、首長ムボンガ(ジャイモン・フンスー)、英国首相(ジム・ブロードベント)、ターザン〔18歳〕(ローリー・J・セイパー)、ターザン〔5歳〕(クリスチャン・スティーヴンズ)、カーコバー少佐(キャスパー・クランプ)、ターザンの父(ハドリー・フレイザー)、ターザンの母(ジェネヴィーヴ・オライリー)、Mr.フラム(サイモン・ラッセル・ビール)、ムヴィロ(ユール・マシテン)、ワシンブ(シドニー・ラリースェール)、クエテ(オシ・イカイル)、ムール大尉(ベン・チャップリン)、日本語吹き替え版ナレーター(ゴブリン)

ターザン:REBORNのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ジャングルでターザンと呼ばれた男・ジョンは、結婚してイギリスで貴族として暮らしていた。息子をジョンに殺されたムボンガ族長がジョンの身柄を要求、ダイヤを得たいロムはジョンを引き渡すためにコンゴへ呼び寄せる。 ②コンゴでは原住民を捕らえて奴隷にしようとする動きがあり、ジョン、妻・ジェーン、ウィリアムズ博士は阻止、ベルギー国王の悪事があかるみに。

【起】– ターザン:REBORNのあらすじ1

ターザン:REBORNのシーン1

画像引用元:YouTube / ターザン:REBORNトレーラー映像

〝1884年、ベルリン会議で、欧米の列強諸国は

コンゴの植民地支配について合意した。

ベルギー国王レオポルド2世は、象牙と資源が豊富な

コンゴ盆地の領有権を得た。

それから5年、この植民地の開拓で

国王は巨額の負債を抱え込んでいた。

軍隊への給料も滞り、追い詰められた国王は

副審レオン・ロムをコンゴへ派遣した。

秘境オパールのダイヤを求めて〟

〔アフリカ コンゴ〕

レオン・ロムは公安軍を引き連れて、オパールの秘境へ行きました。

ムール大尉らとともに秘境を進んだロムは、水辺を移動する際に、白塗りの原住民の一団に襲われます。

ロムを残し、部隊は全滅しました。

ムボンガ族長を見つけたロムは、それでもダイヤを渡すよう要求します。

ムボンガ族長が要求したのは、あるひとりの男を連れて来いということでした。

その男とは…このコンゴの土地で、かつて「ターザン」と呼ばれた男のことでした。

ロムはムボンガ族長の要求を呑みます。

〔イギリス ロンドン〕

グレイストーク卿と呼ばれる、本名ジョン・クレイトンは、イギリスの貴族でした。

イギリスの首相に、ジョンはコンゴへ行くようにと頼まれますが、ジョンは断ります。

帰り道、ジョンに近づいたアメリカ公使ジョージ・ワシントン・ウィリアムズ博士は、「奴隷制度について、実は調べているのだ」と話しました。

国王のレオポルド2世が資金不足のため、原住民を奴隷として送り出しているのではないかという、疑いをウィリアムズは持っており、それをジョンに話します。

ジョンはそのことばを聞いて、コンゴ行きを承諾しました。

〔グレイストーク邸〕

コンゴ行きを決めたジョンは、妻のジェーン・ポーターに話します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ターザン:REBORN」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×