映画:ダイ・ハード

「ダイ・ハード」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

ダイ・ハードの紹介:1988年アメリカの映画。2014年段階で続編が4作品ある人気シリーズ。「ダイ・ハード」は「なかなか死なない(不死身の)者」等の意味である。東京が舞台の6作目「Die Hardest」(第1作の直接的な続編)が製作中。

あらすじ動画

ダイ・ハードの主な出演者

ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)、ホリー・マクレーン(ボニー・ベデリア)、ハンス・グルーバー(アラン・リックマン)、アル・パウエル(レジナルド・ヴェルジョンソン)、リチャード・ソーンバーグ(ウィリアム・アザートン)、ジョセフ・ヨシノブ・タカギ(ジェームズ・シゲタ)

ダイ・ハードのネタバレあらすじ

【起】– ダイ・ハードのあらすじ1

クリスマス・イブの日、単身赴任しているNY警察の刑事ジョンは、家族と過ごすためにロサンゼルスに来ました。

リムジンの送迎運転手に頼み、妻ホリーの勤め先ナカトミ商事に行きます。

受付で、妻が旧姓で働いていることを知ったジョンは怒り、ホリーの個室オフィスで再会した2人は口喧嘩しますホリーは会社のパーティに顔を出すため階下の会場へ行きます。

そのパーティ会場に突然ハンスをリーダーとするテロリストが乱入し、ビルを占拠して社員を人質に取ります。

ホリーのオフィスで独り残されたジョンは、再開早々口喧嘩をした自分を反省しながら手を洗っていましたが、テロリストの威嚇発砲を聞きつけて異常事態を察知します

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ダイ・ハード」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×