「ダイ・ハード4.0」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アクション映画

【結】– ダイ・ハード4.0のあらすじ4

ダイ・ハード4.0のシーン4

画像引用元:YouTube / ダイ・ハード4.0トレーラー映像

ファレルはサーバーから金融データをダウンロードするシステムに自分の暗号コードを挿入し、ダウンロードを妨害しますが、途中でガブリエルの部下に捕まってしまいます。ガブリエルはトレイに暗号解読を命じますが果たせず、仕方なくファレルとルーシーを連れてウッドローンを離れることにします。

ガブリエルたちがバンと大型トレーラーで移動しようとするのに気づいたマクレーンは、トレーラーの屋根に飛び移ります。トレーラーの運転手を倒したマクレーンは、ガブリエルやルーシーたちが乗るバンをトレーラーで追跡します。

その頃FBIのボウマンも自ら陣頭指揮を取り、ヘリでウッドローンへ向かっていました。更にテロ集団対策で戦闘機も1機ウッドローンへ向かわせますが、トレイがこれに気付き、ガブリエルの指示で、戦闘機の通信をハッキング。自分たちを追ってくるマクレーンの乗ったトレーラーに、攻撃命令を出します。

マクレーンは戦闘機のミサイル弾や猛烈な銃撃を受けながらも、なんとかトレーラーから脱出し、危機一髪で難を逃れます。ボロボロになりながら、マクレーンはガブリエルたちのバンが倉庫に入っていくのを発見し、その後を追います。

倉庫には逃走用の車両が用意してあり、あとは連れてきたファレルに暗号の解除をさせるだけでした。ガブリエルは拒否するファレルの足を容赦なく銃で撃ち抜き、更にルーシーの喉元に銃を押し付けてファレルを脅します。

そこに、マクレーンが正面突破で倉庫に突入してきます。車に荷物を積んでいたトレイを撃ち殺し、ルーシーを人質にしているガブリエルに銃を向けます。しかし車で待機していたガブリエルの部下に肩を撃たれ、マクレーンは銃を落として物陰に逃げ込みます。

ガブリエルは傷つき逃げられないマクレーンを捕らえ、「娘とファレルが死ぬのを見届けろ」と、羽交い締めにします。尚も抵抗しようとするマクレーンに、ガブリエルはマクレーンの銃で撃たれた肩の傷に銃口に押し付け、痛めつけます。

そこでマクレーンはなんと、ガブリエルの手を掴み、銃の引き金を引きます。弾丸はマクレーンの肩を貫通し、背後にいたガブリエルを撃ち抜きます。

ガブリエルの部下は激痛に倒れ込むマクレーンを撃とうとしますが、そこでファレルが、落ちていた拳銃を拾って部下を射殺します。そこにようやく、ボウマンの率いるFBI舞台が到着。マクレーンは娘との絆を取り戻し、国家を揺るがしたサイバーテロ事件は終わりを告げたのでした。

「ダイ・ハード4.0」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

ダイ・ハード4.0はVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

ダイ・ハード4.0のネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ダイ・ハード4.0」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×