映画:チャーリーズ・エンジェル(2019)

「チャーリーズ・エンジェル(2019)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

チャーリーズ・エンジェル(2019)の紹介:TVシリーズとして1970年代に放映され人気を博し、2000年代にも映画化された「チャーリーズ・エンジェル」の最新映画化です。「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが出演し、女優のエリザベス・バンクスが監督・脚本を担当。バンクスは、自らもエンジェルたちを率いる「女性ボスレー」役で出演しています。

あらすじ動画

チャーリーズ・エンジェル(2019)の主な出演者

サビーナ(クリステン・スチュワート)、ジェーン(エラ・バリンスカ)、エレーナ(ナオミ・スコット)、レベッカ(エリザベス・バンクス)、初代ボスレー(パトリック・スチュワート)、殺し屋(ジョナサン・タッカー)、ジョニー(クリス・パン)、聖人(ルイス・ヘラルド・メンデス)、フレミング(ナット・ファクソン)

チャーリーズ・エンジェル(2019)のネタバレあらすじ

【起】– チャーリーズ・エンジェル(2019)のあらすじ1

チャーリーズ・エンジェル(2019)のシーン1

画像引用元:YouTube / チャーリーズ・エンジェル(2019)トレーラー映像

国際機密機構「チャーリー・タウンゼント社」で、数十年前から数多くの犯罪を阻止してきた女性エージェントたち、通称「チャーリーズ・エンジェル」。結成時から時は流れ、今や組織は世界各国に支部を置く巨大な規模になっていました。各国のエンジェルたちを、任務ごとに直接指揮する役目の者は「ボスレー」と呼ばれていましたが、その「初代ボスレー」が引退することになります。各国のボスレーや、初の「エンジェル出身ボスレー」であるレベッカも、その引退にねぎらいの声をかけます。

そんな中、エンジェルたちに新しい司令が入ります。IT企業でエンジニアとして働くエレーナから、自分が開発した新エネルギーの元になる小さな多面体BOX「カリスト」が、欠陥のあるまま実用化されてしまうという告発でした。カリストは今のままではハッキングによって電磁パルスを発信し、人に脳障害を起こさせ死に至らしめる作用があるのです。使いようによっては兵器としても利用できるカリストを、実用化される前に修復したいという依頼でした。

この任務を担当する男性ボスレーは、サバサバした性格で変装の名人でもあるサビーナ、武器と格闘の達人であるジェーンという2人のエンジェルを召喚。エレーナとカフェで面会する際に、2人にカフェを見張らせますが、店内にはすでに謎の殺し屋が忍んでいました。店内にいたジェーンはボスレーとエレーナと共に、車で脱出。店の外で見張っていたサビーナも後を追います。

殺し屋はジェーンたちの乗る車をしつこく追跡、ガトリング銃のようなものまで装備した車で攻撃してきます。ジェーンも反撃しますが、殺し屋に追い詰められ車ごと河に沈められてしまいます。ボスレーは死亡し、ジェーンはなんとかエレーナだけを救出します。一体何が起きているのかと戸惑うエレーナを連れて、ジェーンとサビーナはレベッカと合流します。

エンジェルたちは、エレーナ1人を狙ったにしては、襲ってきた殺し屋が「重装備」過ぎだと考え、自分たちも監視されているのではと推測します。そしてエレーナから開発したカリストが兵器にも使用できる危険なものだと聞き、エレーナが勤める研究所にあるカリストを回収する作戦を立てます。

エレーナ、サビーナ、ジェーンの3人が、研究所にいる女性と同じ目立つ金髪の髪型をしつらえ、研究所の警備員を翻弄しながらカリストを回収しようとしますが、所内に残っていたのはエレーナが個人的に保管していたひとつのみでした。他のものは、エレーナの上司で欠陥を隠蔽しようとしていたフレミングが持ち出していた記録を見つけます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「チャーリーズ・エンジェル(2019)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×