映画:テレフォン

「テレフォン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

テレフォンの紹介:「ダーティハリー」で知られるドン・シーゲル監督が手掛けたスパイ映画。ウォルター・ウェイジャーの小説を映画化した作品で、寡黙なKGB諜報員がアメリカ各地でテロを引き起こすソ連急進を追う姿を描く。主人公の諜報員をチャールズ・ブロンソンが演じた。1977年アメリカ製作。

テレフォンの主な出演者

ボルゾフ少佐(チャールズ・ブロンソン)、バーバラ(リー・レミック)、ダルチムスキー(ドナルド・プレザンス)

テレフォンのネタバレあらすじ

【起】– テレフォンのあらすじ1

物語の舞台は、米ソ冷戦対立が緩和し始めた時代。かつてソ連がアメリカに送り込んだスパイたちはアメリカ社会に溶け込み、現地で平凡な生活を送っていました。ところが、最近になってこのスパイたちは次々と各地で自爆テロ行為に及び、全米各地で死者が出ていました。テロの対象となったのは、かつてアメリカ軍が軍事拠点としていた施設でしたが、その多くはすでに軍事利用が終了しているものばかりでした。

ソ連KGBはこのテロ行為の黒幕にダルチムスキーという人物が関わっていることに気づきまいた。ダルチムスキーは急進的な考えを持っており、このところの米ソ接近を快く思っていませんでした。そこで、ダルチムスキーは過去にアメリカに送り込んだスパイ54人分の名簿を盗み、彼らに自爆テロを行うよう電話で指示。スパイたちはある暗号を伝えさえすれば、自爆テロに及ぶようあらかじめ洗脳が施されていたのです。これは「テレフォン」という名で呼ばれていた極秘の作戦でしたが、すでにこの作戦が必要とされていた時代は終わっており、KGBはこれらスパイの存在を放置していたのです。

KGBはダルチムスキーの暴走を止めるため、ボルゾフ少佐というベテランの諜報員を呼び出しました。ボルゾフは抜群の記憶能力と明晰な頭脳を持ち、ダルチムスキーに顔を知られていなかったため、この任務には適任の人物でした。任務を聞かされたボルゾフは米ソのトップ同士で問題を共有して解決すべきと主張しますが、KGBにはそれができない理由がありました。現在のソ連書記長にはこのスパイの存在を隠しているため、書記長はもちろん、アメリカ側に察知される前にKGBは内々にこの問題を処理したいと考えていたのです。ボルゾフはKGBの実態に呆れながらも、やむなくこの任務を引き受けるのでした。

ボルゾフは早速アメリカに飛び、現地の工作員のバーバラという女と合流し、偽の夫婦になりすましてモーテルに滞在しました。バーバラは極秘任務について何も知らないと語り、親しげにしてきましたが、ボルゾフは信用する気にはなりませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「テレフォン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×