「テレマークの要塞」のネタバレあらすじと結末の感想

テレマークの要塞の紹介:1965年製作のイギリス・フランス合作による映画で、第二次世界大戦中に実際にノルウェーで起きたノルスク・ハイドロ重水工場破壊工作を描いた戦争映画。この作戦の中心人物をカーク・ダグラス、リチャード・ハリスが熱演。撮影はノルウェーで行われた。

テレマークの要塞の主な出演者

ロルフ・ペデルセン博士(カーク・ダグラス)、クヌート・ストラウド(リチャード・ハリス)、アンナ(ウーラ・ヤコブソン)、アンナの伯父ヒュッテ(マイケル・レッドグレイヴ)、アーネ(デイヴィッド・ウェストン)、シグリッド(ジェニファー・ヒラリー)、イェルセン(ロイ・ドートリス)

テレマークの要塞のネタバレあらすじ

【起】- テレマークの要塞のあらすじ1

舞台は1942年、ナチス・ドイツ占領下のノルウェー。雪深い街テレマークの山奥でナチス・ドイツは重水工場の増産を進めていました。地元レジスタンスのクヌートは重水工場の工場長から預かったネガを持ってオスロ大学のペデルセン博士を訪ねました。

ペデルセンは多くの市民を犠牲に巻き込むレジスタンスの活動を快く思っていませんでしたが、ネガを現像するとそこに驚くべき情報が載っていることに気づきます。事態を重く見たペデルセンはクヌートたちとともにイギリス行きを決めました。

民間船を乗っ取るという多少手荒な方法でしたが、一行は無事にイギリスに到着、ペデルセンはネガの内容を連合国軍に報告します。ペデルセンはネガの情報からナチスが重水を用いて原子力兵器の開発を行っていると指摘すると、連合国軍もその意見に同意。ナチスに先に原爆を作られることを避けたい連合国軍はテレマークの工場にコマンド部隊を派遣し、奇襲作戦をかけることを決めます。ペデルセンとクヌートは先にノルウェーに戻ってその準備を進めることになりました。

【承】- テレマークの要塞のあらすじ2

そんな中、ペデルセンは元妻のアンナと再会を果たしました。叔父のヒュッテとともにレジスタンスの無線係として活動していたのです。浮気性のペデルセンにうんざりしていたアンナでしたが、活動をともにするにつれ二人の愛は再燃していきました。

一方、奇襲作戦の準備は困難を極めていました。工場長からの情報によれば、すでに大量の重水の出荷準備が進められており、早急な工場の破壊が必要な事態となっていました。ペデルセンは連合国軍による空襲を行い、街の住人6000人の命を犠牲にする代わりに、原爆による大規模な被害を防げると主張。しかし、クヌートやアンナは街に被害が出ることを恐れ反発しました。

そんな中、コマンド部隊の到着に先んじてイギリスで活動していたレジスタンスの仲間が戻ってきました。あとはコマンド部隊を待つだけとなりましたが、そんな中イェルセンという男に山奥の潜伏先を目撃されてしまいます。イェルセンは親類にレジスタンスがおり、妻を投獄したナチスを恨んでいると主張しますが、作戦への影響を恐れたクヌートたちはイェルセンを潜伏先の山小屋に監禁しました。

その夜、コマンド部隊を乗せた飛行機が接近しますが、着陸に失敗し炎上してしまいました。コマンド部隊50人の死亡に絶望する一行でしたが、クヌートは残されたノルウェー人9人だけで奇襲攻撃をかけるべきと提案。ペデルセンも渋々同行することとなりましたが、作戦の成功の確率は未知数でした。

【転】- テレマークの要塞のあらすじ3

一行は険しい道程を進み、ナチスの監視をかいくぐりながらなんとか工場内に侵入します。幸運なことに重水の製造ラインには警備はおらず、一行は生産設備に爆弾を次々と仕掛けて行きました。爆弾は製造ラインを見事破壊したものの、逃げる途上で仲間の一人のアーネが銃撃を受け死んでしまいます。アーネには美しい妻がおり、次の春には父親になる予定でした。

その後、残された8人にも危険が忍び寄っていました。イェルセンが山小屋から逃げたうえに、潜伏先をナチスに密告したのです。クヌートたちは複数に分かれスキーで逃亡を開始。ペデルセンは追ってくるイェルセンの裏をかき、銃撃を食らわせます。イェルセンが投獄されている妻のためだったと密告した理由を明かすと、ペデルセンはとどめの銃撃を放ちました。

その後、ペデルセンはレジスタンス狩りを手伝う現地民を装いますが、イェルセンからの銃撃によって負った足の傷が原因でナチスに拘束されてしまいます。その後、なんとかナチスの手から脱出したペデルセンは地元の病院に身を隠しました。そこには出産を間近に控えたアーネの妻シグリッドがいました。ペデルセンがアーネの死を伝えると、シグリッドは涙をこらえながら工場長からの伝言をペデルセンに告げました。ナチスは新たなコンテナを工場に整備し、重水の生産再開が進んでいるというのです。この衝撃の事実を前にしたペデルセン、クヌート、アンナは、連合国軍による工場空爆を受け入れることを決めます。

【結】- テレマークの要塞のあらすじ4

それから間もなく、テレマークの街に空爆が行われましたが、重水工場にダメージを与えられなかっただけでなく、民間人67名に被害が出るという最悪の結果に終わります。仲間たちが意気消沈する中、ペデルセンは重水を運搬する民間フェリーを爆破する作戦を提案し、早速爆弾作りを始めました。再び民間人を犠牲にしかねない作戦を前に、ペデルセンとアンナは抱擁を交わすのでした。

そして重水の出荷当日、ペデルセンとクヌートは警備の隙をついてフェリーに潜入、動力部に爆弾を取り付けることに成功します。後は爆弾が爆破するのを見届けるだけとなりましたが、ペデルセンは出航するフェリーの中に赤ん坊を抱きかかえたシグリッドの姿を見つけます。シグリッドを救うべく急いでフェリーに乗り込むペデルセン。ペデルセンはシグリッドら民間人をできるだけ動力部から遠ざけるため、子どもたちをフェリー後部に連れて行き救命胴衣ごっこを持ち掛けました。

そして爆弾が爆発すると、ペデルセンは手際よく民間人を救命ボートに乗せフェリーから離脱を図りました。近くに待機していたクヌートとアンナの助けもあり、民間人は無事救出、ナチスの兵士たちは重水とともに海へと沈んで行きました。ペデルセンたちは黒煙を上げながら沈没するフェリーをただ眺めていました。

みんなの感想

ライターの感想

ナチスが原爆開発を進めていたという恐るべき事実と、それを阻止したノルウェーの勇敢なレジスタンスの姿に迫った英雄物語です。物語序盤では水と油のように相性の悪いながらも、目的のために次第に協力し合っていく主人公二人をカーク・ダグラスとリチャード・ハリスが熱演しています。主人公の英雄的な行いだけでなく、それに伴う犠牲にも目を向けており、戦争の悲惨さを伝える優れた物語だと感じました。

映画の感想を投稿する

映画「テレマークの要塞」の商品はこちら