「ディープブルー・ライジング」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【結】– ディープブルー・ライジングのあらすじ4

ディープブルー・ライジングのシーン4

画像引用元:YouTube / ディープブルー・ライジングトレーラー映像

砕氷船自体は、氷山を迂回していくのでオアシスの浸水地点まで行くのにまだ時間がかかりましたが、1階が排水されているのなら、ヘリコプターの強化ケーブルでオアシスを海底から引き上げることが可能だと、砕氷船の船長はオアシスに告げます。

これで助かったとオアシスの面々は喜び、ヘリから降ろされたケーブルを基地に繋ぐため、マイケルが海中へと泳ぎ出ます。ケーブルはオアシスの天井部分に繋げる必要があったため、2階付近にいたサメたちに今度は気付かれてしまいます。それでもマイケルはなんとかケーブルを繋ぎ、ヘリはオアシスの引き上げを開始します。

オアシスは海底から浮き上がり始めましたが、天井付近にいたマイケルはサメに襲われてしまいます。そしてサメは海上に繋がるケーブルを強引に引っ張り、ヘリはバランスを崩して海中へ墜落してしまします。オアシスは再び海底に落下し、デビッドたちは沈んでくるヘリの破片を見て、絶望的な気持ちになります。

そこでトレイシーが、海中にあるものを海面に引き上げる海洋リフトバッグを、砕氷船に積んでいないかと尋ねます。幸い砕氷船には大型のリフトバッグを積んでいて、それをオアシスに繋げば海面へ浮上出来ると思われました。しかし今回も、リフトバッグをオアシスに設置するのは基地内にいる「自分たち」でやらなけらばなりませんでした。

リフトバッグが海中に投下され、デビッドが潜水具に乗ってそれをオアシスにつなげる役目を担います。基地の四方にバッグを取り付けるため、もう1人いた方がいいとアレックスが名乗り出ます。「基地全体を把握できるのはあなたしかいない、あなたは残って」とトレイシーに伝え、アレックスとデビッドは海中へと出て行きます。

海底に落下したバッグを拾い上げ、デビッドとアレックスはオアシスの四方にバッグを取り付けます。しかしヘリの落下で離れていたサメたちが戻ってきて、デビッドも照明弾などで対抗しますが、トレイシーは犠牲になってしまいます。そして2階の窓からデビッドたちの様子を見ていたトレイシーの前にサメが現れ、窓を突き破って襲い掛かってきます。

デビッドは必死にバッグを作動させ、オアシスは海面に向かって浮かび上がって行きます。デビッドも海面までたどり着き、オアシスは砕氷船の大型クレーンで海面から吊り上げられますが、その窓にサメの胴体が食らいついているのを見て、砕氷船の船員たちは驚愕します。

トレイシーは基地内の外れたハシゴでサメの頭部をぶん殴り、サメを砕氷船の甲板に叩き落とします。ようやくトレイシーとデビッドは救出されますが、そこで甲板に落ちたサメが猛然と動き出します。デビッドは咄嗟に照明弾を近くにあった酸素ボンベに撃ち込み、サメは吹き飛ばされて海中へ落ちて行きます。

こうして多くの犠牲を出しながら生き残ったデビッドとトレイシーは、砕氷船の上で抱き合い、お互いの無事を確かめあうのでした。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ディープブルー・ライジング」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×