映画:デスプルーフinグラインドハウス

「デスプルーフinグラインドハウス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

デス・プルーフ in グラインドハウスの紹介:2007年公開。ガールズ・トークで花を咲かせるる2組の女性達と、快楽殺人男との殺すか殺されまいかを描いた作品。監督・脚本は「パルプ・フィクション」のクエンティン・タランティーノ。制作にはロバート・ロドリゲスも参加。出演は「ポセイドン」のカート・ラッセル、スタントウーマンのゾーイ・ベル。タランティーノ自身も出演している。

あらすじ動画

デスプルーフinグラインドハウスの主な出演者

スタントマン・マイク・マッケイ(カート・ラッセル)、ゾーイ・ベル(本人)、アバナシー(ロザリオ・ドーソン)、アーリーン(ヴァネッサ・フェルリト)、ジャングル・ジュリア・ルカイ(シドニー・ターミア・ポワチェ)、キム(トレイシー・トムス)、パム(ローズ・マッゴーワン)、ウォーレン(クエンティン・タランティーノ)、リー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)

デスプルーフinグラインドハウスのネタバレあらすじ

【起】– デスプルーフinグラインドハウスのあらすじ1

テキサス州のオースティンで、アーリーンとシャナ、人気DJのジャングル・ジュリアは車で出かけることにします。

恋人の話しなどガールズトークに花を咲かせます。後ろから怪しい車が近づいてきます。

お気に入りのバーで飲んでいると友人のマーシーがやってきます。アーリーンをバタフライと言ってきます。アーリーンは何のことか分かりませんでした。

どうやらジュリアがラジオで何か言ったようです。バタフライ(アーリーン)というセクシーな女性が街にやってくるので、一杯おごるとダンスをしてくれるよとジュリアは言ったのです。

3人はテキサス・チリ・パーラーというバーに、はしごして飲むことにします。その次は湖で過ごす予定です。恋人や友人達と飲んではしゃぎます。

アーリーンは外でたばこを吸っていると、前のバーでも見た怪しい車を見つけます。恋人がきて、どうしてもヤリたいとメソメソしてくるので車ですることにします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「デスプルーフinグラインドハウス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×