映画:デッドオアラン

「デッドオアラン」のネタバレあらすじと結末

デッド・オア・ランの紹介:2016年に公開されたアクション映画です。本作の主演は、フォーブス誌でコスパーフォーマンスの良い俳優1位に選ばれたことのあるヴィンス・ヴォーン氏が努めています。原作はA・J・リーバーマン氏とニック・ソーンバロウ氏のグラフィックノベル「Term Life」となります。命を狙われることになった親子の逃走劇を描いており、WOWOWで放送されたときは「二重逃亡」というタイトルが使われました。

あらすじ動画

デッドオアランの主な出演者

ニック・バロー(ヴィンス・ヴォーン)、ケイト・バロー(ヘイリー・スタインフェルド)、キーナン刑事(ビル・パクストン)、ハーパー(ジョナサン・バンクス)、ビクター・バスクエ(ジョルディ・モリャ )、アレハンドロ(ウィリアム・レビー)

デッドオアランのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- デッドオアランのあらすじ1

デッドオアランのシーン1 ニック・パローは強盗計画を細部まで練り、それをバイヤーに売ってお金を得ていました。

そんなある日、アレハンドロという客から仕事がしたいと電話がかかってきます。
ニックは不測の事態が起きることはないといい、アレハンドロに具体的な計画を伝えていきます。もし失敗した場合はやり直しで、報酬も再度支払ってもらうとニックは言いました。
その計画をもとに、アレハンドロは仲間と共に強盗を決行しました。
まんまと盗み出すことに成功し、アレハンドロたちは廃屋へと逃げ込みます。
計画の成功を喜ぶ彼らでしたが、突然謎の襲撃者がやってきて、アレハンドロたちは全員殺されてしまいます。
襲撃者たちは廃屋に火をつけ、お金や死体を燃やしました。

ニックにはケイトという娘がいます。一緒に暮らしてはいません。強盗計画を売っている自分が、娘にかかわってはダメだと考えてのことです。
ニックは師匠であるハーパーに会いに行きました。話があったからです。
前妻が厚生施設に入り、悪友と遊び歩いている娘をいったい誰が導くのかと心配になっています。ニックは犯罪の片棒を担ぐ仕事をしているため、自分では導けないと心配していました。

師匠と話し合った後、ニックは夜中にこっそりと娘を見に行きます。
そのとき師匠から「アレハンドロが死んだ」と連絡が入りました。
アレハンドロの父はビクター・バスクエという男で、メキシコの麻薬王でした。
ビクターは裏切り者は容赦なく殺す男だったため、アレハンドロに計画を売ったニックは命を狙われる危険があったのです。
万が一の事態に備え、ニックは娘のために生命保険に入ることにしました。

ニックは師匠の手配で車を準備し、身を隠すことにします。その矢先、ビクターから電話がかかってきて、ニックは拉致されてしまいます。

ニックはビクターからいろいろと質問をされました。ビクターは娘のケイトについても調べを進めており、彼女さえも拉致しようとしていたのです。
ビクターがいなくなり、部下が2人だけになった隙をつき、ニックは逃走します。

【承】- デッドオアランのあらすじ2

デッドオアランのシーン2 娘ケイトのアパートにたどり着いたニックは、奴らが来るから早く逃げようと言いました。ケイトはわけが分からないままニックに連れられ、どこかの建物に避難します。

その日の夜、ニックは師匠と話し合いをしました。師匠は携帯電話は常に変えろと、ニックにアドバイスを送ります。
話し合いを終えたニックは、普通の家族を装って潜伏することに決めました。

その頃、ニックがビクターの部下を殺した現場に警察官がやってきていました。彼らはニックがビクターに追われていることを知っています。

一方のニックとケイトは親子仲を深めることができず、いざこざが絶えません。
それでもニックは娘を守るため、なぜアレハンドロが殺されたのか探ることにしました。
その一環として、強盗計画を仲介したジミー・リンカーンに会いに行きます。彼は裁判所で会った男から話を聞き、お金の存在を知ったと話します。
ニックはジミーが何かを知っていると疑っていました。なので裁判所の男に会わせろと怒鳴ります。
ジミーはしぶしぶ頷き、ニックたちは男に会いに行きました。その場所で拳銃を持った男が突然現れ、ジミーは殺されてしまいます。
ニックは襲撃者の男と争い、その結果、射殺してしまいました。襲撃者はなんと刑事でした。

ニックは師匠に電話し、刑事に襲われたと伝えます。情報を集めた師匠は、アレハンドロが盗んだ金は警察の不正を立件するための証拠だったと突き止めます。

時を同じくして、ビクターは息子のアレハンドロがカジノに大金をつぎ込んでいたことを知りました。そのお金はビクターのもので、アレハンドロは金を返そうとしていたのです。そのために強盗を決行したのでした。

【転】- デッドオアランのあらすじ3

デッドオアランのシーン3 悪徳刑事のキーナンは刑事の死体を調べていました。その刑事もまた悪事に手を染めており、彼らは監察官に怪しまれていたため、何とか手を打たねばならないと焦っています。
アレハンドロを殺したのはキーナン刑事で、汚職の証拠を隠滅するための計画だったのです。そのためにニックを罠にはめたのでした。
ニックは麻薬王のビクターだけではなく、悪徳刑事のキーナンにまで追われる羽目になりました。

ニックとケイトは逃亡生活を続けながら、徐々に普通の親子のように絆を深めていきました。
ニックは自らの稼業についての心得も教えていきます。ケイトも興味を持って聞いていました。

ニックはケイトに一足遅い誕生日プレゼントを渡し、一緒に遊園地に遊びに行きます。そこでニックは偶然ほ保安官に出会っていました。

一方のキーナン刑事は、監察官と接触していた仲間のマティを撃ち殺し、ニックに罪を着せようとしていました。その結果ニックは指名手配を受け、遊園地で出会った保安官に見つかってしまいます。

ニックは娘のケイトを先に逃がし、逃走を図ります。その後を保安官が追いかけました。
ニックは保安官に捕まってしまいます。「俺はマティを殺してない」とニックは訴えますが、保安官は信じようとはしません。
そこにニックを引き取りにきたという警察官がやってきます。その警察官はビクターの部下でした。
ニックは偽者だと言いますが、保安官たちは信用せず、ビクターの部下に連れ去られてしまいます。

【結】- デッドオアランのあらすじ4

デッドオアランのシーン2 ニックは車の中で、ビクターに殴られます。ビクターはもう終わりだと告げました。
その頃、保安官たちのもとへ、キーナン刑事からニックを引き取りに行くという連絡が入ります。ここで初めて保安官は警察官が偽者だったと知り、ニックたちを追いかけます。

ビクターと保安官たちの銃撃戦が始まりました。保安官たちは殺されてしまいます。
ビクターがニックを連れ去ろうとしたとき、娘のケイトが助けに来ました。ケイトはビクターに銃を向け、ニックを解放させます。
ニックはアレハンドロを殺したのはキーナン刑事だと伝え、ケイトと共にその場を去ります。
ニックは娘に対して「危ないことはするな」と怒鳴り、喧嘩してしまいます。怒ったケイトはニックを置いて、車で立ち去りました。

ニックはケイトがどこにいったのかを探しながら、誰がマティを殺したのか探り始めます。
師匠からマティはボートの会社を経営していたとの情報を得て、ニックは調べに行きます。
その矢先、キーナン刑事から連絡が入り、娘を預かったと言われます。ニックはマティが盗んだ金を発見したと伝えました。

ニックはキーナン刑事から指定された場所に向かいます。
ニックはマティが殺されたのは監察官にお金を渡そうとしたからだと推測し、キーナン刑事たちのまで話します。
キーナン刑事がマティを殺したこと、汚職の証拠である金が残っていることを知らされ、悪徳刑事の部下は動揺します。
彼らは揉めに揉め、キーナン刑事と部下が撃ち合いを始めました。そのいざこざに乗じて、ニックはケイトを救出します。

ニックとケイトは師匠のもとに行きました。すべてに決着をつけるため、ニックは師匠と計画を練り始めます。
そのときケイトは何かを閃きました。父にこれ以上関わるなと言われたケイトは、1人でキーナン刑事の家に向かいます。

ケイトはキーナン刑事の家の冷蔵庫に証拠品の金を置きました。キーナン刑事は金を見て、誰かがいることを知ります。
ケイトはキーナン刑事に「どうして父だったのか」と尋ねました。キーナン刑事は「都合が良かったからだ」と答え、「ビクターも息子の恨みを晴らせるからな」と言いました。
そのときビクターたちが現れました。ケイトはビクターたちを呼んでおり、キーナン刑事にアレハンドロ殺しを自白させたのです。
キーナン刑事はビクターたちに捕まりました。その結果キーナン刑事は複数の殺人容疑で指名手配がかかり、ニックは容疑が晴れたのです。

ニックとケイトは家族の絆を得て、将来のことを話しつつ、新たな1歩をスタートさせました。

みんなの感想

ライターの感想

ニックは「俺は殺していない」と言っていましたが、マティは殺していないにしても、ビクターの部下やキーナンの仲間の刑事を殺害しています。なのでまるで人を殺したことはないといったスタンスには少々違和感を覚えました。とはいえテンポの良い展開ではあったため、話としては面白かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「デッドオアラン」の商品はこちら