映画:デンジャラストレジャー狙われた秘宝

「デンジャラストレジャー狙われた秘宝」のネタバレあらすじと結末

デンジャラス・トレジャー/狙われた秘宝の紹介:サラ・イサイアスの小説を映画化したアクション冒険映画。ヨルダンで弟が謎の死を遂げたことをきっかけに、死海文書の陰謀に巻き込まれる女性医師と国務省職員の冒険を描いていく。アメリカのテレビドラマで人気のスタナ・カティック、ラザ・ジャフリーが主演を務めた。2016年アメリカ製作。

あらすじ動画

デンジャラストレジャー狙われた秘宝の主な出演者

レイチェル・ロズマン(スタナ・カティック)、ジェイク(ラザ・ジャフリー)、ベルトラン(アルフォンソ・バッサベ)、デュ・プレシ(ロナルド・ガットマン)

デンジャラストレジャー狙われた秘宝のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- デンジャラストレジャー狙われた秘宝のあらすじ1

舞台はヨルダン。デイヴィッドというアメリカ人考古学者が砂漠で謎の死を遂げることから、物語は始まります。デイヴィッドの姉であり、ロサンゼルスで女医として働くレイチェルは突然の弟の死に悲しみ、身元確認のためにすぐにアンマンへと飛びました。このとき、国務省の職員ジェイクがレイチェルの安全のため付き添うこととなりました。

レイチェルたちを待っていたのは、地元警察の無礼な対応でした。警察はデイヴィッドが文化遺産の窃盗に関わっていた可能性があると言い出し、レイチェルの尋問を始めました。デイヴィッドの左腕の謎の傷や、親交があったフランス人大富豪デュ・プレシなど、レイチェルは矢継ぎ早に質問をされてしまいます。しかし、レイチェルにわかることは一つもなく、遺族への敬意のない対応にレイチェルは怒りと悲しみを覚えました。そのうえ、警察はデイヴィッドの遺体引き渡しを拒否、レイチェルは独自にデイヴィッドの死の謎について調べ始めました。

ジェイクはそんなレイチェルに渋々つき合い、二人はデイヴィッドが滞在していたホテルの部屋に侵入しました。二人はそこでアル・アハマド教授が主催するパーティにデイヴィッドが出席していたことを突き止めました。

早速アル・アハマド教授の元を訪れると、レイチェルたちはデイヴィッドが何かに追われていたことを知ります。また、デイヴィッドはパーティに外国人と思しき女性と来ていたことも判明、レイチェルはさらに調べを進めたいと考えますが、ジェイクはレイチェルの安全を懸念し、これ以上は協力できないと答えました。

【承】- デンジャラストレジャー狙われた秘宝のあらすじ2

その夜、二人はレイチェルたっての希望でデイヴィッドが滞在していたホテルに泊まることにしました。レイチェルはデイヴィッドの部屋に再び侵入、そこで女物の下着を見つけます。レイチェルはデイヴィッドの恋人のことを調べたい気持ちに強く駆られるのでした。その一方で、レイチェルは誰かに追われているような不気味な気配を感じ取りました。

その夜、レイチェルとジェイクは一緒に夕食をとりました。レイチェルはユダヤ教、ジェイクはイスラム教を信じていましたが、二人の会話は思いのほかはずみました。ジェイクはユダヤ教徒とイスラム教徒が結婚した例を紹介し、レイチェルはジェイクの愉快な話に顔を綻ばせるのでした。

その後、レイチェルは帰国することとなりましたが、ひそかにドバイにいるデュ・プレシに直接会う手筈を整えていました。ところが、レイチェルがドバイ行きの航空機に乗ると、そこにジェイクも現れました。ジェイクはレイチェルの護衛のためと語りますが、本当は上司からある命令を受けていたためでした。地元警察が遺体の引き渡しを拒否した背後には、実はアメリカ国務省の指示があったのです。デイヴィッドの死の真相を知るため、国務省はレイチェルをしばらく泳がせようとしていました。ジェイクは遺族をおとりにするような上層部の意向に反発を覚えつつも、命令に従うのでした。

レイチェルたちはドバイのデュ・プレシと対面すると、デュ・プレシはデイヴィッドのある活動に投資していたことを明かしました。それは、死海文書を発掘するというものでした。デイヴィッドは死海文書発掘に成功しましたが、デュ・プレシへの引き渡しを拒否したといいます。デュ・プレシはデイヴィッドが発掘した死海文書を探し出し、我が物にしたいと考えていましたが、一方でカルト集団の動きを警戒していました。カルト集団の中には死海文書が世界終焉の預言と解釈する集団があるといい、彼らもまた死海文書を欲していました。デュ・プレシはデイヴィッドの友人としてレイチェルたちに協力を申し出、デイヴィッドの恋人アーニャと学友のベルトランの居場所を教えました。

【転】- デンジャラストレジャー狙われた秘宝のあらすじ3

その後、レイチェルたちはヨルダンに戻り、ベルトランとアーニャの滞在先を訪ねました。しかし、レイチェルたちが着いたときには、アーニャが何者かに殺され、生き残ったベルトランが逃亡の準備をしていました。レイチェルたちはベルトランに促されるままにその場から逃げ出し、モスクで合流する約束をしました。

ところが、その道中にレイチェルとジェイクはカルト集団に捕まってしまい、人里離れた建物に拉致されてしまいます。カルト集団の若い女のリスベスは、レイチェルが死海文書の所在を知っていると決めつけ、すぐに引き渡すよう迫ってきました。リスベスはジェイクを痛めつけてレイチェルを精神的に追い詰めますが、死海文書の所在を知らないレイチェルには答えようがありませんでした。その後、リスベスがいなくなったタイミングを狙い、レイチェルとジェイクは逃げ出すことに成功しました。レイチェルたちはリスベスの車を奪って夢中でその場から逃げ出しました。

リスベスたちを振り切ると、レイチェルたちはファワズ・アザムという教授の元を目指しました。レイチェルは、デイヴィッドの左腕の傷を縦にすると、寄り添う二匹の猫に見えることに気づきました。デイヴィッドは過去にレイチェルの二匹の猫にファジーとザムという名前をつけたことがありましたが、それが恩師であるファワズ・アザムの名にちなんでつけられたものであることをレイチェルは思い出したのです。

二人は厳しい砂漠の道を進み、夜は二人で体を寄せて温め合いました。この旅を通じて、レイチェルとジェイクはお互いを意識するようになっていきました。その後、二人は国務省の支援を受け、アザムの元に赴きました。そこには、ベルトランの姿もありました。アザムはデイヴィッドの死を悼みつつ、レイチェルにあるものを渡してきました。それは、死海文書が入った筒箱でした。デイヴィッドは死海文書を信頼するアザムに預けていたのです。デイヴィッドは生前、レイチェルに死海文書を渡すようアザムに頼んでいたといいます。アザムは絶対にこの死海文書をカルト集団に渡してはならず、適切な研究所に持ち込むべきとレイチェルに語りました。しかし、この会話の直後、カルト集団の男が侵入し、アザムを射殺しました。レイチェルは死海文書の筒箱を持ってジェイク、ベルトランとともに逃げ出し、ベルトランの車で街から離脱しました。

【結】- デンジャラストレジャー狙われた秘宝のあらすじ4

その道中のことでした。ベルトランは突然レイチェルとジェイクの仲をを割くような発言を繰り返しました。アメリカ国務省が死海文書欲しさにレイチェルを利用していると暴露すると、レイチェルはジェイクに激しい怒りを覚えました。レイチェルはジェイクを車から追い出し、ベルトランとともにデュ・プレシの元に向かいました。

ジェイクが降りてすぐのことでした。ベルトランは突然自分がカルト集団の一員であり、デイヴィッドを殺した犯人であることを明かしてきました。レイチェルは衝撃の事実に驚愕しつつも、弟の復讐のために反撃の機会を窺いました。

ベルトランはレイチェルをペトラ遺跡に連れて行こうとしますが、遺跡の入り口付近でレイチェルは車から脱走、夢中で遺跡の奥へと進んで行きました。しかし、レイチェルは遺跡の頂上部でベルトランに追い詰められてしまいます。そこにすぐにジェイクが助けに入ったものの、その直後にリスベスが登場、レイチェルとジェイクは絶体絶命の状況に追い詰められてしまいました。

そんな中、レイチェルは死海文書の筒箱をベルトランに投げつけて油断させると、すかさずジェイクがベルトランに襲いかかりました。一方、リスベスは落ちていく死海文書の筒箱を追ってそのまま転落死を遂げました。ジェイクはベルトランに撃たれ重傷を負ったものの、ベルトランが隙を見せたタイミングを狙って銃撃を加えました。ベルトランもまた転落し、リスベスの隣で息を引き取るのでした。

それから半年後、レイチェルは怪我から回復したジェイクとともに死海文書の展覧会に行き、デイヴィッドの偉業を讃えました。二人は博物館を出ると、トラブル続きの冒険を振り返り、互いに武勇伝を主張し合いました。レイチェルはジェイクの腹部の古傷に触れると、ジェイクは「温かい」と笑顔を見せました。キスをして抱きしめ合うレイチェルとジェイクの姿を映し、映画は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

既視感のある展開が続く内容でしたが、テンポよく進んでいく冒険劇は愉快で、楽しむことができました。ユダヤ教徒とイスラム教徒が仲良く旅をする姿は微笑ましく、行き当たりばったりな主人公コンビを演じたスタナ・カティック、ラザ・ジャフリーがとてもチャーミングでした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「デンジャラストレジャー狙われた秘宝」の商品はこちら