「トゥームインベイダー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【転】– トゥームインベイダーのあらすじ3

トゥームインベイダーのシーン3

画像引用元:YouTube / トゥームインベイダートレーラー映像

しかしアリーたちの周囲に、ヤリを持った敵の集団が飛び出して来て、皆はあっという間に取り囲まれてしまいます。そこにジアンも現れ、イザベルを殺すつもりはなかったと詫びたあと、アリーを見て「母親によく似ている」と呟きます。

アリーの母親は始皇帝の墓を発掘する前に、その地域の「裏のボス」であるジアンに面会し、「墓までの安全な通行」を要望しました。その代わりにジアンは母親に、「竜の心臓」を持ち帰るよう依頼したのです。竜の心臓は、始皇帝が中国統一を成し遂げるための重要アイテムだったのです。

ジアンは混とんとした現在の世界状況を憂いていて、今ふたたび国民の心をひとつにまとめるべきだと考え、竜の心臓を求めていました。母親が失敗したあと、ジアンは「次なる挑戦者に相応しい人材」を待ちかねていたのです。そして、ティムが実はジアンの存在を知りながらアリーたちに黙っていたことで、不信感を抱かれ始めます。

こうしてアリーたち一行は、ジアンの一行と共に始皇帝の墓へ向かうことになります。途中でティムは、「ジアンに竜の魂を渡すつもりはない、お前がなんとかしろ。さもなくばマフィアにお前を売り渡す」とネイサンを脅します。そして一行は遂に始皇帝の墓の入口と思われる場所に到着しますが、その門は固く閉ざされていました。

しかしアリーは、母親の日記に残されていた言葉から門の仕掛けを推察し、左右から迫る刃物や床に尖ったヤリの刺さった落とし穴などのカラクリを見抜いて、門を開けることに成功します。門をくぐると巨大な墓と思われる建造物があり、皆は緊張しながらその入口へ向かいます。

アリーが入口へ歩み寄ると、ジアンは「金銭目的で来たのではないことを、竜の心臓に知らせなければ」と、アリーに「戦士の心臓」と呼ばれる言葉を復唱させます。そしてジアンはアリーたちに「ここからは、君たちの出番だ」と告げ、自分は入口でアリーたちが戻るのを待つことにします。

まずアリーたちは二手に分かれた道で、片方が「毒の道」になっていることを日記で読み取ります。すると片方の壁に「毒」と書いてあり、アリーたちは当然別の道へ行こうとしますが、先へ進もうとした途端に天井が崩れ落ちて来ます。先へ進む者は、否応なしに「毒の道」を行くしかなかったのです。

アリーたちは地下へ続く狭い階段を降りて行きますが、その足元に壁からヤリが突き出てきます。アリーはすんでのところでヤリを代わし、更に注意深く進み始めますが、途中で壁から毒矢が飛び出し、ベニーの足に突き刺さります。矢に塗られていた猛毒があっという間に体に回り、皆の目の前でベニーは息絶えます。

「ここにいてもしょうがない、先へ進もう」というティムの言葉で、一同はティムの亡骸を残して階段を降りますが、途中でヘレナは耐えきれず泣き出してしまいます。ティムはヘレナを慰めるアリーに構わず、1人で先へ進んで行きます。そこでネイサンが、ティムが竜の心臓を独り占めするつもりなことを打ち明けますが、アリーもヘレナもその企みにはとっくに気付いていました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「トゥームインベイダー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×