映画:トランスシューター

「トランスシューター」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

トランス・シューターの紹介:2015年に制作されたコロンビアの映画です。伝説のガンファイターを倒したい男と兄の敵を討ちたい女が、それぞれの目的を果たすため、旅を続けるという物語です。「トゥルーブラッド」のジェイソン・スタックハウス役を演じたライアン・クワンテン氏が主演を務めています。ヒロインは「スラムドッグ$ミリオネア」のラティカー役フリーダ・ピントー氏で、ラスボスを演じるのは
大スターのミッキー・ローク氏です。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

トランスシューターの主な出演者

ジョン(ライアン・クワンテン)、コルト(フリーダ・ピントー)、ゾリンジャー(ミッキー・ローク)

トランスシューターのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- トランスシューターのあらすじ1

トランスシューターのシーン1 観客が大勢いる場所で、2人の男が防弾ベストを着て、向かい合いました。
腰の拳銃に手をやり、合図と共に撃ちます。ジョンという男が勝ちました。
次の試合が始まります。男女の撃ち合い、勝ったのは女性のコルトでした。
この銃の撃ち合いに勝利すれば、富と名声を得ることができます。コルトはジョンの隣に座って、自己紹介をしました。
ゾリンジャーの女が試合を見ています。コルトはレッド・ドランを知っているかジョンに尋ねますが、彼はそれには答えず、ゾリンジャーの女を追いかけました。
ゾリンジャーの女はジョンに傷一つないことを確認しますが、彼の相手ではないと言います。
女は次は旧市街にいると言って去ります。

ジョンをコルトが待ち受けていました。コルトは去年の4月メキシコのチワワで、兄がレッド・ドランに徹甲弾で殺されたと語ります。
ジョンはレッド・ドランはメンドーサで負けて、それ以来飲んだくれていると話しました。
レッド・ドランの顔を知らないコルトは、ジョンに協力してほしいと頼みます。その結果、2人は共に旅をすることになりました。

次の試合場にレッドはいませんでした。ジョンは試合に参加します。コルトは隣にいた客から、レッドが自分の存在に気付いていると聞かされました。
ジョンは珍しく被弾してしまいますが、それでも勝ちます。
コルトは隣にいた客と試合をすることになり、勝利しました。それによってレッドの情報を得ます。

コルトはジョンになぜ撃たれたのか尋ねました。ジョンは撃たれる感触を味わってみたかったと答えます。
コルトは傷口を見せてもらい、ジョンとベッドインします。

【承】- トランスシューターのあらすじ2

トランスシューターのシーン2 2人は次の目的地に向かいました。パトカーに追いかけられ、捕まってしまいます。
車のトランクに積んであった銃とベストを見た警察はコルトを捕まえ、ジョンとすでに捕らえていた男を連れ、広い場所に行きます。
警察はジョンともう1人の男に撃ち合いをさせようとします。ジョンは早撃ちで警官2人を倒し、自分を撃ってきたもう1人の男も返り討ちにしました。
ジョンはコルトの手錠を外しますが、被弾した防弾ベストを着ていたため、倒れてしまいます。

ジョンは医者に傷を治療してもらいます。防弾ベストはもう限界で、後1発撃たれれば危険でした。

旧市街にたどり着いたジョンは試合を勝ち抜き、ようやくゾリンジャーの女に認めてもらいます。女は山の裏にあるロードハウスに月末までに来るようにと言って去りました。

コルトは4日前にレッドを見かけたという情報を手に入れます。ジョンは今までの借りを返すため手伝おうとしますが、その矢先、レッドが死んだという話を聞かされました。
ジョンは死体を見て、レッドだと確認します。

コルトは兄は世界で一番タフだと語りました。レッドに近づけば近づくほど、虚しくなる思いを感じていたのです。
コルトは勝負をしようとジョンは誘いました。ジョンは戸惑いを見せますが、最終的には受け入れます。
防弾ベストを着た2人は向き合い、まずはジョンが1発撃ちました。次にコルトが撃ち、ジョンの耳をかすめます。そしてジョンは再び発砲しました。
コルトは何とも言えない表情を浮かべ、自宅に帰ると言います。ジョンはレッドより強いよと言って慰め、2人は別れました。

【転】- トランスシューターのあらすじ3

トランスシューターのシーン3 ジョンはヒッチハイクで先へと進んでいきます。農場にたどり着き、無敵と呼ばれるゴルドと試合をすることになりました。
ジョンは何発も撃ちますが、ゴルドは平気そうな顔で立っています。ゴルドが撃ち返しました。
ジョンは銃弾を食らい、円の外に出てしまいます。10カウントが鳴る前に戻って撃ちますが、ゴルドに撃たれた衝撃で、倒れてしまいました。
それでもジョンは立ち上がり、何発も銃弾を撃ち込みます。その結果無敵のゴルドも倒れ、ジョンが勝利しました。
ですがジョンも無傷ではなく、かなりのダメージを負ってしまいます。

寝ていたジョンの元へ、別れたはずのコルトがやってきました。コルトはジョンを治療します。
翌朝、ジョンは目覚め、コルトにどうしているのかと尋ねました。ジョンとゴルドの撃ち合いの映像が出回っていて、それを見たコルトは居場所に当たりを付けて、やってきたのです。
彼が聞きたかったのは探した方法ではなく、やってきた理由でしたが、コルトに答える気はありません。ジョンもまた詳しく聞くつもりはありませんでした。

ジョンは何日にも渡って自らの体を鍛え上げ、コルトは本を読み漁っていました。その間、2人は激しく愛し合います。
ジョンは過去を話します。試合を見ていた傍観者だったジョンは何も考えずに銃を買い、何かを期待しつつ、試合に参加し始めました。
ですがジョンが期待したことは起こらず、それは間違いだったと気付いたのです。

ジョンは早撃ちの練習を始めました。その様子を見ながら、コルトは本を読んでいます。

【結】- トランスシューターのあらすじ4

トランスシューターのシーン2 ジョンとコルトはゾリンジャーの女に指定された場所にやってきます。まだゾリンジャーは来ていません。その代わり、ゾリンジャーとの試合を待ち望む人々がいました。

ロードハウスに泊まりつつ、彼らはゾリンジャーがやってくるのを待ちます。コルトはゾリンジャーの女が、客を車で連れ去るのを目撃しました。

ジョンの気分を変えるため、コルトは散歩を提案します。ゾリンジャーとの試合が迫っていることもあって、ジョンは眠れていませんでした。

散歩から戻ってきたコルトは異変に気付きます。ジョンを心配したコルトは、客の1人を殺した銃撃者と撃ち合いになります。ジョンもやってきて、銃撃者の1人を殺します。
ロードハウスの主人は金持ちがやってきたら、よく起こることだと言いました。

コルトはジョンのジャマはしないと言います。彼女はジョンの死に様を見たくはなかったのです。
俺は死なないというジョンに対し、コルトはゾリンジャーと戦えば、今までのあんたではなくなるとして、別れを告げました。
ジョンは気分が沈みつつ、ゾリンジャーの女の車に乗り込みます。

そうしてたどり着いた先で、ジョンはゾリンジャーに会いました。ゾリンジャーはかつての挑戦者から奪った鳥を飼っています。
伝説の男ゾリンジャーは撃ち合いゲームの創始者でした。
始まりは麻薬の売人が、どのベストが一番刺激を得られるのか知りたがったことです。売人は貧乏人に100ドルを掴ませて撃ち合いをさせました。
ゾリンジャーはルールを作り、試合に挑むようになります。賞金はまやかしに過ぎませんでした。
ジョンは美しい瞬間と存在のために戦っていると言います。

ジョンとゾリンジャーの試合が始まります。この試合に防弾チョッキはありませんでした。
ジョンはコルトのことを思い出しつつ、銃を抜きます。

山から誰かが降りてきました。鳥かごの鳥はいなくなっています。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

ラストのシーンは曖昧でしたが、降りてきた人物の恰好や鳥が消えていたのを見ると、多分ジョンが勝ったのでしょう。どうせならもっとミッキー・ロークの活躍が見てみたかったです。
  • zakoさんの感想

    オームがいないことと、試合の結末を暗示させることとを関連づけているとすれば、飛躍がありそうだ。
    ゾリンジャーの女が二人の銃の玉を確認する意味が何なのか理解できない。
    防弾チョッキ無しで打ち合うのはどちらにも負傷すると思うが。

    エクスタシーに上り詰めた瞬間、抜いてしまった状態である。行かなかった状態で治まらないね。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「トランスシューター」の商品はこちら