映画:トリプル9裏切りのコード

「トリプル9裏切りのコード」のネタバレあらすじと結末

トリプル9 裏切りのコードの紹介:2016年公開のアメリカ映画。凶悪犯罪都市を舞台に、大胆不敵な犯罪に関わった人物の運命を描いている。ジョン・ヒルコートが監督を務めた作品で、ケイシー・アフレックやケイト・ウィンスレットら豪華共演で贈るクライムアクション。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

トリプル9裏切りのコードの主な出演者

クリス(ケイシー・アフレック)、マイケル(キウェテル・イジョフォー)、マーカス(アンソニー・マッキー)、ゲイブ(アーロン・ポール)、フランコ(クリフトン・コリンズ・Jr)、ラッセル(ノーマン・リーダス)、ミシェル(テリーサ・パーマー)、スウィート(マイケル・K・ウィリアムズ)、エレナ(ガル・ガドット)、アレン刑事(ウディ・ハレルソン)、イリーナ(ケイト・ウィンスレット)

トリプル9裏切りのコードのネタバレあらすじ

【起】- トリプル9裏切りのコードのあらすじ1

ブラックウォーター社の元警備員、マイケルとラッセルは、武装強盗で起訴されます。この件には、ロシアンマフィアのヴァシリが関与していました。
証人4人が消され、プーチンはヴァシリを恐れ、刑務所に送ります。現在、マフィアはヴァシリの妻のイリーナが、アメリカから指示していました。
イリーナの妹のエレナは、マイケルの妻でした。マイケルとエレナの間には、フェリックスという息子がいました。
フェリックスを取り戻すために、マイケルはイリーナの仕事を引き受けます。エレナはフェリックスと豪遊できており、あまりマイケルと一緒にいたい様子ではありませんでした。
マイケルは高額な報酬をもらえることを条件に、ラッセルと彼の弟で元警官のゲイブを誘います。また、現警官のマーカスとフランコも仕事に参加します。
イリーナから受けた仕事の目的は、銀行の金庫に隠されているファイルでした。これがあれば、ヴァシリが外に出られるのです。
ラッセルが外の車で待機し、4人は覆面を被って、銀行に押し入ります。通報されてしまいますが、ラッセルが警官が駆けつける時間を把握していました。
無事に金庫から箱ごと拝借し、入り口に爆弾をセットし、4人は車に乗って、ラッセルと共に逃げ出します。
しかしゲイブが札束を見つけて、欲をかいたことから、奪った荷物から赤い染料が煙となって充満して行きます。
車内は真っ赤に染まり、前が見えなくなります。道路に停車して、車に爆弾をセットし、マイケルたちは別の車で逃げだします。

【承】- トリプル9裏切りのコードのあらすじ2

今回の強盗事件を受け持つのは、重大犯罪課のアレン刑事です。監視カメラの映像から、犯人が素人ではないことに気づきます。
マーカスの部署に、新しくクリスが配属されてきます。クリスはアレン刑事の甥で、遅刻してきたマーカスは彼とペアを組むことになります。
FBIが気づいていたことから、箱の中にファイルは入っていませんでした。マイケルは金をもらえず、再び仕事を依頼されます。
次は国土安全保障省の建物に侵入しなければなりません。断ろうとするマイケルでしたが、ラッセルが瀕死の状態で戻ってきます。ラッセルを楽にするため、仕方なく射殺します。
仕事を引き受けなければならなくなり、4人は集合して作戦を練ります。しかし、戦術部隊がやってくることから、確実に殺されるのが分かります。
そこで「999(トリプルナイン)」を発動することにします。
999とは、警官が負傷した時に発動されるコードです。これが発動されれば、警官は躍起になって集まります。10分か20分の時間を稼げるため、この隙をつけば侵入できるはずです。
殺す警官がクリスに決まり、廃墟の公営住宅に連れて行くことにします。
3名の生首が車の上に乗せられており、マーカスとクリスは現場に聞き込みにやってきます。
配属したばかりのクリスは、何も知らずにギャングの幹部のルイスと衝突します。
マーカスは、このことがきっかけで、奴らがこの後何も喋らなくなると注意します。
しかしクリスは、警官として仕事をさせるようにと、自分のやり方を曲げませんでした。

【転】- トリプル9裏切りのコードのあらすじ3

アレン刑事は、ゲイブの恋人のリアを情報提供者から聞いて、ゲイブが銀行強盗をした話しを聞きます。
マーカスとクリスは、警官たちとバーに来ていました。そこへゲイブがやってきて、マーカスは疑われては大変なため、直ぐに外に追いやります。
ゲイブは、家族のいるクリスを殺すことに反対でした。しかしマーカスにボコボコにされ、階段から落ちていきます。クリスは様子を見に行って、マーカスからゲイブが昔の情報提供者だと説明されます。
アレン刑事はリアからゲイブとマイケルの情報を聞き出し、部下にゲイブを調べさせて、彼の居場所を聞きます。クリスの家の付近にいると聞いて、アレン刑事は急行します。ゲイブに逃げられてしまいますが、アレン刑事はなぜ彼がここに来たのか不思議に思います。
マーカスは999を発動するため、クリスを廃墟の公営住宅に連れて行きます。
クリスは内部を調べて行き、マーカスに無線連絡しますが、応答がなくなります。
廃墟の中にはルイスの姿がありました。マーカスはルイスに話しをつけていました。
クリスはゲイブを見つけて、銃を置くように指示します。ゲイブは、クリスに狙われていることを話します。
そしてルイスが現れ、ゲイブは首を撃たれてしまいます。
クリスがゲイブを助けようとしていると、マーカスがやってきます。
瀕死のゲイブが撃って、マーカスは頭を撃たれますが、ゲイブも射殺します。
クリスは何がどうなっているのか分かりませんでした。

【結】- トリプル9裏切りのコードのあらすじ4

マーカスが撃たれたことで、999が発動し、マイケルとフランコは国土安全保障省の建物に侵入します。
ファイルを手に入れて戻ろうとすると、戦術部隊の集中砲火にあい、怪我をしますが、逃げることができます。
アレン刑事はクリスが撃たれたと聞いて急ぎます。クリスが無事だと聞いた後、現場を調べていると、フランコがやってきます。
アレン刑事は、フランコが体を痛めている様子を見ます。ルイスは少し離れた場所で、SWATによって蜂の巣にされます。
マーカスは病院に運ばれますが、脳が腫れていることから、破片を摘出できませんでした。
クリスはルイスの遺品からメモを見つけます。そこには廃墟の公営住宅の住所と時間が記載されていました。
クリスは、マーカスがルイスと話していた証言を聞いて叔父に伝えます。
これにより、マイケル、マーカス、ゲイブが仲間だと分かります。4人目がまだ分かりませんでした。
マイケルはイリーナにファイルを渡して金をもらえますが、フェリックスをかえしてもらえませんでした。
ただ、エレナにもフェリックスにも恨まれることから、イリーナに殺されることはありませんでした。
イリーナは、マイケルが渡そうと思っていた、フェリックス用のプレゼントの玩具を持って帰ります。
イリーナたちが去った後、マイケルは玩具に仕掛けた爆弾を作動させて、彼女たちを葬ります。
人気のない場所で、フランコはマイケルを止めます。金を受け取ったことを聞いて、フランコはマイケルを始末し、金を奪っていきます。
リアも殺されて、アレン刑事とクリスは、4人目が後始末をしていることに気づきます。
クリスがマーカスのお見舞いに行くと、調書がまだだからと、フランコがやってきます。
署で会うことになり、クリスはフランコと別々の車に乗ります。
途中のエレベーターで、クリスは叔父から電話がかかってきて、4人目がフランコを告げられ、そのままでと言われます。
フランコが車に乗ると、後部座席に誰か座っていました。
後部座席に座っていたのはアレン刑事で、フランコを始末しますが、彼に撃たれて、自らも腹に銃弾をあびます。
銃声を聞いたクリスは、999を発動させてフランコの車に向かいます。パトカーのサイレンが聞こえてきて終わりです。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、ハードボイルドな演出が揃っており、ハッパを吸うアレン刑事の渋い姿などにしびれます。
残酷な演出もあり、爆弾で足が吹き飛んだ警備員の姿が痛そうでたまりませんでした。
今作の銃撃戦は迫力があり、アグレッシブな場面が多くなっています。警察とギャングとの迫力ある銃撃戦に目が離せなくなります。
また、999が発動され、猛スピードでかけつけるアレン刑事の暴れっぷりも迫力満点です。
マフィアに刑事、ギャングなど、スリルと迫力あふれる展開が面白く、お勧めの映画になっています。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「トリプル9裏切りのコード」の商品はこちら