映画:ドナルドのゴルフデー

「ドナルドのゴルフデー」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

ドナルドのゴルフ・デーの紹介:1938年に公開された、ウォルト・ディズニー・プロダクションが製作の作品である。大人気キャラクターであるドナルド・ダッグが主人公のシリーズ第10作品目にあたる。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・プロダクションに所属し、ドナルドダッグシリーズの監督を多く務めたジャック・キング。クラレンス・ナッシュが1人で4役を演じている。

あらすじ動画

ドナルドのゴルフデーの主な出演者

ドナルド・ダッグ(クラレンス・ナッシュ)、ヒューイ(クラレンス・ナッシュ)、デューイ(クラレンス・ナッシュ)、ルーイ(クラレンス・ナッシュ)

ドナルドのゴルフデーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ドナルドのゴルフデーのあらすじ1

ドナルドのゴルフデーのシーン1  ドナルドは甥っ子のヒューイ、デューイ、ルーイを連れてゴルフにやってきました。ボールを置き、いざゴルフ開始です。いざドライバーを振り上げてボールを打とうとした瞬間に、鳥の鳴き声が聴こえました。それで集中力をそがれたドナルドは鳥を追い払いました。

【承】- ドナルドのゴルフデーのあらすじ2

ドナルドのゴルフデーのシーン2  そんなドナルドの神経質な様子を見た甥っ子3人は、ドナルドのゴルフをずっと邪魔するという悪戯を思いつきました。もう一度ドナルドが振りかぶったとき、3人同時にくしゃみをしました。ドナルドは怒って、3人のくちばしを洗濯ばさみで閉じてしまいました。

【転】- ドナルドのゴルフデーのあらすじ3

ドナルドのゴルフデーのシーン3  3人は洗濯ばさみをドナルドに向けて飛ばし、また怒られてしまいました。ドナルドは3人を無視してドライバーショットをしました。3人は先回りして、ボールを回収。そして、中にコオロギが入ったボールとすり替えてしまいました。

【結】- ドナルドのゴルフデーのあらすじ4

ドナルドのゴルフデーのシーン2  ドナルドの怒りは最高潮に達し、クラブをへし折ってしまいました。ドナルドは3人に新しいクラブをよこすように言います。3人はおもちゃのクラブを渡しました。ドナルドがボールを持とうとすると、ボールが一人でに動き出しました。それを追いかけるうちに、ゴルフ場のゴムに引っ掛かって転んでしまいました。そこへ3人が現れ、一球ずつボールを打ちこんでいきました。ドナルドはゴムから抜け出し、クラブを曲げて、逃げる3人に向かってそれを投げました。振り返って怒ってかえるドナルドの元へ、まるでブーメランのように戻ってきたクラブが直撃しました。その勢いで地面に頭から突き刺さってしまったのでした。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

自分が主人公の作品でいつも不憫な目に遭ってしまうドナルド。可哀そうになってきました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください