映画:ドラゴン危機一発

「ドラゴン危機一発」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ドラゴン危機一発の紹介:1971年制作の香港映画。『燃えよドラゴン』で一躍大スターになった、故ブルース・リーの四本ある主演作の第一作目。レイモンド・チョウ製作、ロー・ウェイ監督・脚本、チェン・チン・チェー撮影。

ドラゴン危機一発の主な出演者

チェン・チャオアン(ブルース・リー)、チャオ・メイ(マリア・イー)、シュウ・シェン(ジェームズ・ティエン)、クオン(リー・クン)、チェンの従兄弟(ラム・チェンイン)、マイ(ハン・インチェ)、マイの息子(トニー・リュウ)、工場長(チェン・チャオ)、ウー・マン(マラリン)

ドラゴン危機一発のネタバレあらすじ

【起】– ドラゴン危機一発のあらすじ1

チェンは中国の田舎に住む青年です。

自分の住む村で洪水による農作物の被害が発生したので、チェンはお金を稼ぐために、タイの都会で仕事をしようと思いました。タイには従兄弟のシュウがいるのです。

故郷の村で、もめごとばかり起こしたチェンを心配し、旅立つ時にチェンの母は、ヒスイのペンダントを渡しました。そして「絶対に喧嘩をしないこと」と約束させます。

チェンはそのペンダントを常に首からさげ、母の誓いを守ろうと決意しています。

シュウの家には可愛らしい妹チャオ・メイのほかに、チェン同様に都会に働きに出てきた青年が集まっていました。チェンも彼ら同様、町の南にある製氷工場で働く予定です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ドラゴン危機一発」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ