映画:ドラゴン怒りの鉄拳

「ドラゴン怒りの鉄拳」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

ドラゴン怒りの鉄拳の紹介:1972年制作の香港映画。ブルース・リー主演の第2作。1976年にジャッキー・チェン主演で続編『レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳』が作られた。20世紀初頭の上海を背景に、横暴な日本軍国主義に向かう青年の活躍を描く。

あらすじ動画

ドラゴン怒りの鉄拳の主な出演者

チェン(ブルース・リー)、ユアン(ノラ・ミャオ)、吉田師範(ティエン・フォン)、ファン(ジェームズ・ティエン)、チン(トニー・リュウ)、スー(リー・クン)、イェン(マリア・イー)、鈴木寛(橋本力)、鈴木の用心棒(勝村淳)、ウー(ウェイ・ピンアオ)、ティエン(ワン・チュン・シン)

ドラゴン怒りの鉄拳のネタバレあらすじ

【起】– ドラゴン怒りの鉄拳のあらすじ1

1908年、上海。

当時の中国は清朝末期で、上海では日清戦争、日露戦争で勝利した日本国軍が幅を利かせていました。

そんな上海に中国人の若者・チェンがやってきます。チェンは武術の達人で、拳法に秀でていました。

中国武術の達人ホ・ユアンは精武館という道場を作っており、チェンはその道場に通っていました。

ホ・ユアンが急死し、葬儀に参列するためにチェンは上海に来ました。しかしチェンは師匠ホ・ユアンの突然の死に疑問を抱いています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ドラゴン怒りの鉄拳」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ