映画:ドラゴン怒りの鉄拳

「ドラゴン怒りの鉄拳」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

【承】– ドラゴン怒りの鉄拳のあらすじ2

葬儀の席に、日本人の鈴木と柔道家2人がやってきました。鈴木らは日本柔術道場(虹口道場)を開いています。

鈴木は「東亜病夫(アジアの臆病者)」という看板を持ってきました。ホ・ユアンをバカにしたこの振る舞いにチェンは怒りますが、師範・ファンはその場をおさめます。

後日、チェンは日本柔術道場の虹口道場に乗り込み、吉田師範らを叩きのめしました。鈴木は不在です。

当時の日本国は絶対的な権力を握っていました。

チェンの振る舞いを知った鈴木は虹口道場の一派をけしかけて、精武館を襲わせます。そしてチェン引き渡しを要求し、応じない場合には精武館を潰すことを宣言しました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ドラゴン怒りの鉄拳」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×