映画:ドラゴン怒りの鉄拳

「ドラゴン怒りの鉄拳」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

【転】– ドラゴン怒りの鉄拳のあらすじ3

ファン師範はチェンに、上海を離れるよう言いましたが、チェンはホ・ユアン師匠が殺されたと疑い、真相究明のため残ります。

鈴木は権力を持っており、地元警察も鈴木のいいなりです。

鈴木の通訳・ウーを叩きのめしたチェンは、人力車の車夫や新聞売り、電話線の工事作業者などに変装して、鈴木の周囲をかぎまわりました。

ホ・ユアン師匠を殺したのは、料理人のティエンでした。実はティエンは虹口道場の吉田師範代の弟で、精武館にもぐりこんでスパイ活動をしていました。

上海で力を持ち始めたホ・ユアン師匠と精武館が脅威になることを恐れて、ティエンにホ・ユアン師匠を毒殺させたのです。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ドラゴン怒りの鉄拳」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×