映画:ナイト&デイ

「ナイト&デイ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

アクション映画

ナイト&デイの紹介:2010年公開のアメリカ映画。トム・クルーズとキャメロン・ディアスの共演によるロマンティック・アクション。キュートで平凡な娘と正体不明の元スパイが、恋の予感とスリルに満ちた逃亡劇を繰り広げる。

あらすじ動画

ナイト&デイの主な出演者

ロイ・ミラー(トム・クルーズ)、ジューン・ヘイヴンス(キャメロン・ディアス)、ジョン・フィッツジェラルド(ピーター・サースガード)、アントニオ・キンターナ(ジョルディ・モリャ)、イザベル・ジョージ長官(ヴィオラ・デイヴィス)、サイモン・フェック(ポール・ダノ)

ナイト&デイのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ジューンは空港で出会ったCIA工作員・ロイにひとめぼれ。ロイは同僚・フィッツに濡れ衣を着せられて逃亡中で、ジューンの手荷物に永久電池ゼファーを忍ばせたことからジューンも巻き込まれることに。 ②ロイはゼファーと発明者・サイモンを無事に悪者から取り戻せたが、事件の隠ぺいを図ろうとするイザベルにロイは処分されそうに。ジューンがロイを拉致して逃亡した。

【起】– ナイト&デイのあらすじ1

ジューン・ヘイヴンスはアメリカ・カンザス州で、亡き父親の修理工場を経営する、少しドジなところのある女性です。父亡きあとは妹・エイプリルを育てるために必死になっていました。

その妹・エイプリルが週末に結婚することになりました。ジューンは結婚式に参加するために、ウィチタ空港でボストン行きの飛行機に乗ろうとします。

その際に、若い男性ロイ・ミラーと空港内でぶつかりました。ロイは「僕のせいだ」と謝りながら笑顔を見せ、ジューンはその笑顔に交換を持ちます。

ところが本当はロイは空港内でスーツケースを持つ女性を物色し、ジューンをターゲットに選んだのですが、そのことをジューンは知る由もありません。

空港の手荷物検査を終えたジューンは、再びロイとぶつかりました。その時も笑顔を向けられたジューンは、うっとりします。

ボストン行きの便に乗ろうとしたジューンは、便が違うと搭乗ゲートで言われました。明日が妹の結婚式なのだと訴えますが、隣にいたロイは「物事には理由があるんだ」と、暗に乗らない方がいい(安全だ)と言いますが、ジューンはその発言を皮肉と捉えます。

ロイの行動は空港内の監視カメラによって、CIA(アメリカ中央情報局)の対策部長の中年女性イザベル・ジョージに見張られていました。ロイが2度も接触した女性ということで、ジューンも急遽飛行機に乗せられることになります。

ジューンは満席で断られた便がガラガラなのを見てあきれましたが、ジューンが乗り込んできたのを見たロイも驚きます。

ロイを見つけたジューンは会話をします。

本当は妹・エイプリルの結婚式は週末で、明日は衣装合わせの日なのだと告げたジューンは、ロイに自分の夢を語りました。

ジューンは父が生前に着くっていた車・GTOを完成させて、南アメリカの最南端ケープ・ホーンまで旅をするのが夢です。

ロイもロマンティックな夢を話しましたが、夢は叶わないものだとも付け足します。

トイレに立ったジューンは、魅力的なロイをなんとか手に入れようと身だしなみを整えました。

機内ではジューンが席を立った途端、数少ない乗客とCA(キャビン・アテンダント)が一斉にロイに襲いかかりました。ロイは次々に倒しましたが、副機長を撃った拍子にドミノ式に副機長が機長を撃ってしまい、機長不在となります。

トイレから出てきたジューンは積極的にロイにアタックを開始し、自分からキスをしました。受け止めたロイはジューンに「僕は事態に対処した。その結果、もう機長はいない」と告げます。

最初、ジューンはそれを冗談と思って笑いました。陽気なジューンを見てロイは気が楽になり「これから不時着させる」と言ってコクピットに行きます。

冗談かと思っていたジューンですが、飛行機が揺れた拍子に一斉に落ちて来た酸素マスクと、乗客皆が既に死体になっているのを見て驚いてコクピットへ駆け込みます。

コクピットにも機長と副機長の死体があり、ロイが操縦桿を握っていました。そしてロイはインディアナ州のとうもろこし畑に飛行機を不時着させます。

驚きの連続で何が起こっているのか分からず、パニックを起こしているジューンに酒を勧めたロイは、君はこれから悪い奴らに追われると告げ、「君に僕のことを聞かれるから、知らないと答えろ。奴らの車には乗るな。安心・保証・安全という言葉を連呼し始めたら油断するな。殺されるか遠いところへ監禁される」とアドバイスしました。

酒には薬が盛られており、ジューンは眠ってしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(3件)

ライターの感想

『ナイト&デイ』と書くとややこしい。本来は『KNIGHT&DAY』で、「夜」という意味ではなく「騎士」であり、ロイの本名の苗字からきている。
さてこのストーリー。安直といえば安直。しかしあまり深く考えず、アクションがすんごく多いロマンチック・ラブ・コメディと捉えれば楽しいのではないか。
とにかくエンタメ性が高い。あまり細部にわたって深読みせず、どんな時でも救出に現れるロイと、それに巻き込まれながら徐々に順応していくジューンの破天荒を楽しむべき作品。
  • KOD7さんの感想

    ジューンを演じるキャメロン・ディアスが明るくて可愛いです。
    彼女が恋に落ちるロイは平凡な男性どころか超一流のスパイ。おかげでジューンは大変な思いをするはめになります。しかしジューンの存在により映画全体が明るくて楽しい感じになっています。
    ストーリーはシンプルで分かりやすいので誰でも楽しめます。
    スパイ映画ではありますがとにかく分かりやすいので、何も考えずに爽快感のある映画を見たいときにおすすめです。

  • KUMAさんの感想

    豪華キャスト、トム・クルーズとキャメロン・ディアスの共演です。トム・クルーズはかっこいいスパイ役で、キャメロン・ディアスはスパイに振り回される可愛い一般人の役です。二人の息の合ったアクションシーンが盛りだくさんで見ごたえあり!終始画面から目が離せません。また二人の徐々に近づいていく関係性にもキュンとします。ストーリーはシンプルかつスピーディーなので誰でも楽しめる作品だと思います。

映画の感想を投稿する

映画「ナイト&デイ」の商品はこちら

IMAGE

ナイト&デイ(エキサイティング・バージョン) [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のラブロマンス映画
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
トム・クルーズ(出演),キャメロン・ディアス(出演),ピーター…

¥945
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20