映画:ナチュラルボーンキラーズ

「ナチュラルボーンキラーズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

ナチュラル・ボーン・キラーズの紹介:クエンティン・タランティーノの脚本を元に(クレジットでは「原案」扱い)、「プラトーン」「JFK」など硬派の社会派作品を手がけてきたオリバー・ストーン監督が作り上げた、バイオレンス劇。無軌道に強盗や殺人を繰り返すカップルが、若者たちを中心に人気を集めながらも刑務所に送り込まれ、そこから脱走するまでを、バイオレンス描写をふんだんに織り交ぜながら描く。

あらすじ動画

ナチュラルボーンキラーズの主な出演者

ミッキー(ウディ・ハレルソン)、マロリー(ジュウリエット・ルイス)、ウェイン・ゲール(ロバート・ダウニー・Jr)、ドワイト・マクラスキー(トミー・リー・ジョーンズ)、スキャグネッティ(トム・サイズモア)

ナチュラルボーンキラーズのネタバレあらすじ

【起】– ナチュラルボーンキラーズのあらすじ1

ナチュラルボーンキラーズのシーン1

画像引用元:YouTube / ナチュラルボーンキラーズトレーラー映像

10代の少女・マロリーは、実の父親に性的虐待を受けており、いつかこの家から逃げ出したいと願っていました。

マロリーはそんな時、家に肉を配達に来た青年・ミッキーと、運命的な出会いをします。

2人はまさに、出会った瞬間に恋に落ちましたマロリーの父親の車を盗んでドライブに出かけた2人でしたが、ミッキーはすぐに逮捕されてしまいます。

しかしミッキーは、刑務所を襲った嵐にまぎれて、脱走に成功。

すぐさまマロリーの家へ行き、マロリーの両親を、マロリーと共に殺します 自由になったマロリーはミッキーと、橋の上で2人だけの結婚式を挙げます。

ここから2人の、狂気に満ちた惨殺行脚が始まりました。

強盗に入った家や店で、そこに居合わせた人々を容赦なく撃ち殺し、そして必ず一人は殺さずに生かしておくのが2人の特徴でした生き残った一人に、「これをやったのは、ミッキーとマロリーだ」と世間に知らしめるための証人として、生かしておいたのです。

そんな2人を、凶悪犯罪者を特集する番組のリポーターを務める、野心家のウエイン・ゲールが追い始めます。

ウェインの番組で2人が取り上げられると共に、「犯罪者カップル・ミッキーとマロリー」は、若者を中心に絶大な支持を集め始めるのでした

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ナチュラルボーンキラーズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×