「ハイエナロード」のネタバレあらすじ動画と結末

ハイエナ・ロードの紹介:2015年製作のカナダ映画。タリバン発祥の地とされるカンダハルで、ハイエナ・ロードと呼ばれる危険地帯の任務についたカナダ軍の兵士の姿を描いている。アフガニスタン紛争の最前線をリアルに映し出した作品。

あらすじ動画

ハイエナロードの主な出演者

ピート(ポール・グロス)、ライアン(ロッシフ・サザーランド)、ジェニファー(クリスティーン・ホーン)、ハジ・ババ(ナビル・エルーアハビ)、亡霊(ニーマット・アルガンダビ)、トラヴィス(アラン・ホーコ)、リルメン(クラーク・ジョンソン)

ハイエナロードのネタバレあらすじ

【起】- ハイエナロードのあらすじ1

アフガニスタン南部のカンダハル州は、タリバンの発祥地で、ここは部族間の殺し合いが後を絶たない地域です。カナダ軍はこの激戦地に駐留して、活動する日々を送っています。
カナダ軍のライアンたち数名の部隊は、ハイエナ・ロードと呼ばれる危険地帯の道路を見張っていました。一人の男性が導爆線のついた砲弾を運んでおり、報告した後に指示を受けて狙撃し射殺します。
崖を歩いていき、ライアンは亀裂の入った道路が気になり、仲間の車に停まるよう指示します。
ヒッキーに撃ってもらいますが、特に異常はなく、問題はないかに思えます。念の為、ライアンは複合弾を撃つようにヒッキーに指示します。
撃った瞬間、道路で大爆発が起こります。そして20〜25人の敵兵士が現れ、ライアンらを襲撃してきます。
応援が来るまで、防御拠点が必要なことから、ライアンは近くの村に行くことにします。敵兵士に追われながら、村に到着すると、長老が中に入るようにと助けてくれます。村の周りは包囲されます。
助けてくれる長老のことを無線で聞かれ、ライアンは年老いていて、両目の色が違うことを報告します。
無反動砲で壁を壊され、もう駄目かと思いますが、長老が一人建物から出ていきます。銃声が聞こえて殺されたと思いますが、長老はタリバンがもういないと言って戻ってきます。ライアンは仲間と共に村から撤収することができます。
カンダハル空軍基地は、45以上の国の多国籍軍が駐留していました。中で暮らす兵士の3分の2は防御壁の外を見たことがありません。
軍の大将はハイエナ・ロードの建設にあたり、BDKと呼ばれる男に協力を求めます。タリバンも自由を奪われまいと抵抗し、作業員が何人も殺害されました。

【承】- ハイエナロードのあらすじ2

情報将校のピートは、帰還したライアンに長老のことを聞きます。彼は長老が何者か追っていました。
ライアンは左が茶色で、右が青色の目だったと説明します。パトロールに行くついでに、ピートはその村に寄ることから、ライアンに同行を頼みます。ライアンは応じることにします。
ライアンは同僚のジェニファーと愛し合っていました。ジェニファーはバレれば免職になることから、続きは帰ってからにしようと提案します。ライアンは落ち込みます。
翌日、ピートは村の長老に会いますが、ライアンを助けてくれた長老ではありませんでした。両目の違う長老のことを聞くと、亡霊だろうと言われます。どこにいるか聞くと、カンダハル市にいると教えてくれます。
ピートは、極秘の清掃員であるハジに探してもらうことにします。ハジは叔父に聞いてみると言い、襲撃計画が近いうちに市であることを教えてくれます。
あの時、ライアンたちを助けてくれたのは、モハメドという男性でした。彼に会うことができて、ピートはお礼がしたいと金を渡します。理由を知らずに受け取るほど愚かでないと、モハメドは受け取りませんでした。
その昔、ソ連軍と戦った伝説のイスラムの戦士がいました。彼は「砂漠のライオン」と呼ばれています。何か彼に関して分かることがあれば、連絡をして欲しいと、ピートはモハメドに名刺を渡します。
モハメドが生まれた村は、廃墟と化して200年近く経っていました。ピートはモハメドにテストとして、生まれた村を聞きました、そう、モハメドこそが砂漠のライオンなのです。
ソ連軍は彼を亡霊と呼んで恐れました。過去に彼は4度撃たれ、2度吹き飛ばされています。治療を終えたら戦いに戻り、若くしてソ連軍を打ち負かした英雄なのです。内戦が始まると、砂漠のライオンはくだらないと姿を消しました。
その話しをしながら帰還していると、襲撃されて大爆発が起こります。護衛は消え、ピートたちは無事でしたが、車を失います。ピート、ライアン、通訳のワリードは銃撃されながら、街からの脱出を試みます。

【転】- ハイエナロードのあらすじ3

ハジが叔父のトラックで助けに来てくれて、3人は荷台に乗って街を脱出します。今回の襲撃は5人の自爆などで、死傷者は54人に及びました。
ピートは、なぜ亡霊が会ってくれたのか調べることにします。
BDKは農夫に土地を貸します。農地は攻撃されたことにより、収穫できなくなります。そこへBDKが現れて、高額な集金を要請してきます。農夫は払うことができずに困ります。
その農夫の父親が亡霊でした。彼は家族を守るために姿を現したのです。
BDKはタリバンにも軍にも協力をしていました。彼は息子のハミードと共に、砂漠のライオンのいる村にやってきます。亡霊の息子は押さえつけられ、彼の娘達は連れて行かれます。
ライアンの部隊は見張っていましたが、彼らの武器が確認できないことから、攻撃をしてはならないとピートは指示されます。交戦規定は破れないのです。
このままでは少女たちは売られてしまいます。我慢のできないライアンでしたが、BDKの後ろにはCIAがついており、複雑な状態であることをピートは説明します。
自分たちが介入できなくても、亡霊ならば参加することができます。彼らの規定でもあるパシュトゥヌワレイから、父親は動かざるを得ません。これにより、ピートはハイエナ・ロードの件に、亡霊を参加させようとしていました。
亡霊はハミードを拉致します。元々、BDKは亡霊の下で兵士として戦っていました。ソ連軍をレイプしたことから、亡霊は皆の前でBDKを罰しました。
大将から許可が下りて、ピートは亡霊と待避所で会います。少女がさらわれた話しを持ち出し、BDKが来るハイエナ・ロードの式典に来てほしいと頼みます。また、金を渡して、待避所を好きに使って良いことを伝えます。

【結】- ハイエナロードのあらすじ4

ジェニファーは妊娠していました。父親はライアンです。そのことを彼女から話されて、ライアンは彼女に任務に行く前にプロポーズをします。
ライアンたち部隊は、離れた場所で式典と待避所を見張る任務につきます。
BDKは式典に向かわず、待避所で先に亡霊と会うことを選びます。作戦司令部で様子を伺っていたピートは、亡霊の仲間がいないことを不思議に思います。
亡霊はBDKに息子の借金分の金を渡します。これで帳消しのはずですが、BDKは孫娘を返せないと言います。なぜならハミードが行方不明だからです。
亡霊はハミードの生首を渡してあげます。怒り狂ったBDKは銃を向けます。脅威を確認したことから、ライアンはBDKを撃つことにします。
ピートは亡霊が承知のはずであり、撃つべきでないと止めますが、BDKは撃たれて死亡します。BDKの仲間たちは車に乗って逃げていきます。
亡霊の名誉の死を邪魔したと、ピートはライアンに激怒します。ライアンは命を救ったのだと言い返します。
ライアンたちの部隊の前に亡霊が現れます。するとトラヴィスが顔面を撃たれて死亡します。
ライアンたちは大勢の敵に囲まれます。亡霊は銃を手にとり、ライアンたちと共に戦います。応援が来るまで小屋に避難することにします。
小屋の前に地雷があり、ライアンの部隊は壊滅状態になります。亡霊も撃たれて瀕死となります。
弾は残り僅かとなり、ライアンは小屋に向けて砲撃を要請します。却下するジェニファーでしたが、砲撃は許可されて発射されます。
ライアンは、亡霊に父親になることを伝えます。そして、ジェニファーにすまないと伝えます。着弾した砲撃により、小屋もろとも周辺は消し飛びます。
ハジの叔父の情報から、亡霊の孫娘や子供たちを助けに、部隊が進攻します。無事に助けだすことができて、ハジは家族の元に帰ることにします。ピートは、貴重な友人の一人であるライアンの葬儀に出席します。
ライアンたち部隊の葬儀が執り行われ、兵士たちは敬礼をします。ジェニファーの目には涙が浮かんでいます。亡霊の息子と孫娘たちは、亡霊のお墓参りに行きます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、砲撃や爆弾などの爆発の迫力が凄いところです。威力が半端ないだけでなく、音による迫力も凄まじいです。
突然、爆弾が爆発したりするので更に驚いてしまいます。狙撃で一発撃つだけでも、しばらく響き渡るほどです。
また、リアルさを高めるためのグロテスクな描写もあります。ハミードの生首と、トラヴィスの顔面崩壊のグロテスクさはホラー映画なみです。
最後まで見終わって印象的だったのは、亡霊こと砂漠のライオンの持ち上げ方が上手だったことです。彼の功績や、能力の高さに身震いしてしまいます。
全体を通して、戦争映画として恐ろしくも悲しく、迫力いっぱいで描いている作品で、最後まで見続けてしまいました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ハイエナロード」の商品はこちら