映画:バイオインフェクション

「バイオインフェクション」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

バイオ・インフェクションの紹介:2013年制作のアクション映画です。生物兵器に感染したらゾンビみたいになるという設定で、主人公は部下を死に追いやった奴らへの復讐のために戦うといったストーリーになっています。基本的に物語は島の中だけで進んでいきますが、ゾンビはそれほど出てきません。というより、中盤以降にしかゾンビらしい姿のものは登場しないです。あと主人公役を演じるダグ・チャップマンはスタントマン出身だそうです。

あらすじ動画

バイオインフェクションの主な出演者

ジョン・パクストン(ダグ・チャップマン)、カーラ(カイラ・ザゴルスキー)、トロイ(ギルズ・パントン)、マグヌソン大佐(フィリップ・グレンジャー)

バイオインフェクションのネタバレあらすじ

【起】– バイオインフェクションのあらすじ1

バイオインフェクションのシーン1

画像引用元:YouTube / バイオインフェクショントレーラー映像

太平洋側北西部アーチャー島の最高機密飛行禁止区域にて、銃を持った男たちが島内を探索しています。彼らは特殊部隊で、軍の上層部から探索の任務を命じられていました。

しかし島を探索するのは4度目のことで、彼らはいまだ何も見つけていません。何のための任務だと特殊部隊が疑念を抱いていた時、隊員の1人が突然おかしくなり、仲間に襲い掛かり始めました。

事態を知ったジョン・パクストン大尉は第77特殊支援部隊司令部に報告しますが、自分たちの力で何とかしろと言われるだけでした。

実はこの島にはウイルスがばらまかれており、それによって隊員はおかしくなったのです。この仲間同士の殺し合いこそが、軍の上層部が仕掛けた生物兵器の人体実験でした。

司令部のマグヌソン大佐はアーチャー島の封鎖を命じ、人の出入りを一切禁止させます。

太平洋側北西部現在。ジョンはアーチャー島に向かうために小型機をチャーターしていましたが、機材トラブルで乗ることができませんでした。そのため別の小型機に同乗することになります。その小型機にはスタッフのカーラ、新婚のテレサ夫妻、トロイとクリス、オスカー、友達同士のタニアとクライブ、ヘンリーなど多くの乗客が乗り合わせていました。

小型機が飛び立った矢先、ジョンは銃を隠し持っていることを乗客に知られてしまいます。ジョンは乗客たちを大人しくさせ、アーチャー島へ目的地を変更させました。

乗客の男たちが反逆してジョンに飛び掛かります。その際、銃が暴発してしまい、機長は死にました。結果、小型機は海に墜落してしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

主人公が最初に島に行きたい事情を説明していれば、誰も乗客は死ななかったのではないかと思いました。乗客はただ巻き込まれただけですし、最終的に街が空爆されることになったのも袋を持った状態で島を脱出したからです。なので主人公としてどうなんだろうと思いました。

映画の感想を投稿する

映画「バイオインフェクション」の商品はこちら

IMAGE

バイオ・インフェクション [DVD]

DVD > 外国のアクション映画
アメイジングD.C.
ダグ・チャップマン(出演),カイラ・ザゴルスキー(出演),ギルズ・パントン(出演),フィリップ・グレンジャー(出演),トム・…

¥762
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-23