映画:バイオインフェクション

「バイオインフェクション」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

【承】– バイオインフェクションのあらすじ2

バイオインフェクションのシーン2

画像引用元:YouTube / バイオインフェクショントレーラー映像

海に墜落した彼らはアーチャー島にたどり着きます。乗客はジョンを気絶させ、縄で縛り上げました。

ジョンが目覚めます。乗客たちはこの島には何があるのか、目的は何なのかを聞き出そうとしますが、ジョンは一切何も話そうとはしません。

と、そこへ島を探索していた乗客たちが戻ってきます。彼らの手には怪しい白い粉が握られていました。それが軍用のテントで見つけた者だったのです。テントには他にパソコンと人の骨がありました。

乗客たちは白い粉をコカインだと考え、ジョンの正体はヤクの売人ではないかと疑います。ジョンは白い粉はコカインではないと否定し、今すぐ脱出しなければ手遅れになると警告しました。

とその時、奇妙な唸り声が島中に響き渡ります。一瞬のスキを突いて拘束を解いたジョンは乗客を制圧し、死にたくなければ俺について来いと彼らに声をかけました。

その頃、マグヌソン大佐は極秘任務のためのヘリを手配していました。彼は部下から報告を受け、アーチャー島の上空で民間の小型機が消息を絶ったと知ります。

パソコンで通信を取るため、単独行動をしていたヘンリーが何者かに襲われて死にます。

全員の命を救いたいから何も聞かないでくれと、ジョンは口にします。ジョンをヤクの売人だと信じて疑わないトロイはタニアを引き連れて、姿の見えないクライブを探しに行きました。

直後、戦闘機が島の上空を過ぎ去ります。乗客は喜びますが、ジョンだけは助けに来るつもりはないと分かっていました。

アーチャ島に生存者がいることを知ったマグヌソン大佐は、爆弾と2人の狙撃手を使って島を完全に消滅させると決意します。彼は小型機に乗っていた身元不明の男の存在を気にしていました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バイオインフェクション」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×