映画:バイオハザードⅤ5リトリビューション

「バイオハザードⅤ5リトリビューション」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

バイオハザードV リトリビューションの紹介:2012年公開のアメリカ映画。大ヒットシリーズとなったホラーアクションゲームの映画化第5弾。地球上にはゾンビウィルスが蔓延し、アンデッドで溢れかえる状況の中、驚愕の新事実が明らかになる。ニューヨークや東京、モスクワなどで撮影が行われた。

あらすじ動画

バイオハザードⅤ5リトリビューションの主な出演者

アリス・アバーナシー&クローン・アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)、クローン・レイン(ミシェル・ロドリゲス)、ジル・バレンタイン(シエンナ・ギロリー)、エイダ・ウォン(リー・ビンビン)、レオン・S・ケネディ(ヨハン・アーブ)、ルーサー・ウエスト(ボリス・コジョー)、アルバート・ウェスカー(ショーン・ロバーツ)、クローン・カルロス&トッド(オデッド・フェール)、ベッキー(アリアーナ・エンジニア)、バリー・バートン(ケヴィン・デュランド)、セルゲイ(ロビン・カシヤノフ)、トニー(オフィリオ・ポルティージョ)、クローン・ワン隊長(コリン・サーモン)、東京での第一感染者のクローン(中島美嘉)、レッド・クイーン(ミーガン・シャルパンティエ)、アイザックス博士(イアン・グレン)

バイオハザードⅤ5リトリビューションのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①アルカディアの戦いで海に落ちたアリスは、カムチャッカの海中にある巨大施設に運び込まれていた。ウェスカーは死んでおらず、共通の敵のために共闘しようとアリスに話を持ちかける。 ②アリスはウェスカーの部下・エイダと水中施設のエリアを移動し、戦いながら地上からの援護・レオンたちと合流。ウェスカーはアリスにT-ウイルスを打ってアリスを元の身体に戻し、アリスは最後の敵、レッド・クイーンと戦う決意を固める。

【起】– バイオハザードⅤ5リトリビューションのあらすじ1

21世紀初頭のある日、アメリカ・ラクーンシティにある世界有数の大企業アンブレラ社の地下にある極秘研究施設、通称〝ハイブ〟でバイオハザード(生物災害)が起きました。

T-ウイルスという、細胞を活性化させるウイルスは死者を生き返らせる現象を起こします。動く死者のことをアンデッドと呼びます。T-ウイルスは所内にいた研究者全員に感染し、驚異的な感染力を振るいます。

アリスはアンブレラ社の特殊工作員で、緊急出口にあたる屋敷を守る者でした。アンデッドと戦いを繰り広げたアリスは、防護服を着たアンブレラ社に保護されます(映画『バイオハザード』参照)。

その後、アリスはアンブレラ社の研究施設で、人体実験をされていました。T-ウイルスを直接注射されても発症しないアリスは、驚異的な回復力と身体能力を得ました。

アンデッドはハイブから地上へ出て、ラクーンシティになだれ込みました。その結果、またたく間にラクーンシティに感染が広まります。

アンブレラ社はこの事実を隠蔽しようと、ラクーンシティに戦術核爆弾を落としました。

アリスは一部の者を連れ、ラクーンシティから逃げ出します。

研究施設でさらなる研究をされたアリスは、特殊能力に目覚めて施設から飛び出したのでした(映画『バイオハザードⅡ アポカリプス』参照)。

ラクーンシティに核爆弾を落とすことで、感染が防げると考えたアンブレラ社の見立ては甘いものでした。

ラクーンシティ壊滅後、数週間でT-ウイルスは全米に広がり、数か月で世界中に広まります。

人間だけでなく、湖や川や森まで消し去ってしまい、世界中が不毛の荒れ地になりました。

アンブレラ社の上層部は地下で生活を続け、地上にもわずかに残る人たちが安住の地を求めていました。

施設から出て人工衛星の監視からも逃れたアリスは、ヘリを奪ってクレアたちを逃がします。クレアたちは感染者がいないとされる噂の、アラスカへ行きました。

アイザックス博士と戦ってクローン・アリスの存在を知ったアリスは、アンブレラ社の東京本部へ乗り込もうと決めます(映画『バイオハザードⅢ』参照)。

東京を襲ったアリスは黒いサングラスをかけたウェスカー議長と戦って注射を打たれ、常人に戻りました。

唯一の非感染地帯と思われたアラスカ・アルカディアへ向かったアリスですが、アルカディアは地名ではなく船の名でした。しかも生存者を招くアンブレラ社の罠です。

そこで生存者を助けたアリスの頭上に、アンブレラ社の無数の戦闘ヘリが近づいていました(映画『バイオハザードⅣ アフターライフ』参照)…。

無数の戦闘ヘリは、胸につけられた赤いクモの形の装置によって洗脳された、ジル・バレンタイン(映画『バイオハザードⅡ』での生き残り)が率いていました。

次々と出てくる兵士と戦ったアリスは、ヘリの墜落に巻き込まれて海に落ちました。意識が遠のきます…。

…目覚めたアリスは、自分の髪がロングヘアになっており、夫らしき者・トッド、でも見た目はカルロス(カルロスはⅡとⅢに出てきて、Ⅲではいいムードでアリスとキスした後に、皆をかばって自死した兵士)と娘らしき者・ベッキーと平和に暮らしていることに気づきます。

ベッキーは聾唖者(ろうあしゃ 聴覚障害を持つ者)でした。手話を交えつつ話したアリスは、娘の補聴器の電池が少なくなっていると思います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バイオハザードⅤ5リトリビューション」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×