映画:バックドラフト2ファイアチェイサー

「バックドラフト2ファイアチェイサー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

バックドラフト2/ファイア・チェイサーの紹介:2019年製作のアメリカ映画。大ヒット作『バックドラフト』の続編。亡き父・スティーブンと同じシカゴの消防署で働く消防捜査官・ショーン。彼は投獄されている放火犯・ロナルドの手も借りて、犯罪を阻止するべく調査を行っていたが…。前作でも出演した、ウィリアム・ボールドウィン、ドナルド・サザーランドがそのままの役柄で今を熱演する。

あらすじ動画

バックドラフト2ファイアチェイサーの主な出演者

ショーン・マカフレイ(ジョー・アンダーソン)、マギー・レニング(アリーシャ・ベイリー)、ブライアン・マカフレイ(ウィリアム・ボールドウィン)、ジェニー(ジェサミン・ブリス・ベル)、ワッツ隊長(アラステア・マッキンジー)、クンツ(ドミニク・マッハム)、ロナルド・バーテル(ドナルド・サザーランド)

バックドラフト2ファイアチェイサーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①火災調査官のショーンは代々消防士の家系で、父・スティーブンの殉職が叔父・ブライアンのせいではないかと疑っている。ハンター夫妻の家がバックドラフト火災を起こし、少年5人が焼死。ショーンは放火事件だと調査開始。 ②ハンター夫妻の会社がミサイルを開発し、敵国に売ろうとしていた。からくりをしったショーンはミサイル受け渡しを阻止、解決後に消防をやめた。

【起】– バックドラフト2ファイアチェイサーのあらすじ1

バックドラフト2ファイアチェイサーのシーン1

画像引用元:YouTube / バックドラフト2ファイアチェイサートレーラー映像

アメリカ・イリノイ州シカゴ。

ショーン・マカフレイは、消防士の父と祖父を持つ男性です。

祖父・デニス、父・スティーブンともに、殉職していました。

ショーンは自身が幼い頃に、父が殉職したときのことを覚えています。

長じてから、ショーンも火災調査官の職業に就きました。

叔父のブライアン・マカフレイは、シカゴ署の副署長になっています。

ショーンは父と同じ第17小隊に所属しています。

火災現場に出場したショーンは、カップルの女性だけ焼死し、彼氏のディランが生き残っていることに疑問を抱きました。

火元はマットレスで、そこへ寝ていたのは彼女だけです。

彼氏のディランは火災発生時に、ソファで映画を見ていたとのことでした。

しかし、普通に寝ているだけだったら、火災が起きたときに炎から身を遠ざけるなどの動作が起きていたはずです。

火災現場に残ったテキーラに薬を盛り、彼女を殺害する意図があったのではないかと考えたショーンは、ディランにその説をぶつけて鎌をかけました。

ショーンの見立てどおり、ディランが彼女を殺害していました。

ショーンは火災調査で放火を見抜く才能があり、亡き父や祖父のように「殉職したくない」と思っています。

苗字が同じマカフレイということで、叔父のブライアンの身内だと、業界ではすぐに分かってしまいます。

父が亡くなった件に、叔父も関係しているのではないか…そうショーンは考えていましたが、なかなか聞けずにいます。

本署のOFI(火災調査係)に戻ったショーンに、ワッツ隊長が相棒を紹介します。

ショーンには若い女性のマギー・レニングがつけられました。

マギーは5年、消防士としての経験があります。

ハロウィンで近所の家を回っていた少年5人が、リンカーン公園の北にある屋敷で、バックドラフト火災に巻き込まれて焼死しました。

バックドラフトとは、室内などの密閉された空間で火災が生じ、不完全燃焼で火の勢いが衰えたときに、ドアを開いて酸素の供給があると、一瞬にして爆発を起こす現象のことです。

火災の一報を聞いたショーンは、相棒のマギーとともに現場へ行きました。

火災現場を見たマギーは、コンセントのあるプラグが発火源だと指摘します。

正解ですが、半分だけだとショーンが言います。

火が下よりも上で盛んに燃えていることに気づいたショーンは、地下にあるエアコンから出火し、ダクトを通って地下から上に火が回ったと気づきました。

つまり…放火犯がおり、過負荷による事故を装った「犯行」だと、ショーンは気づいたのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バックドラフト2ファイアチェイサー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×