映画:バトルロワイアル

「バトルロワイアル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

アクション映画

バトル・ロワイアルの紹介:近未来の某国。国が壊れ暴走する子供たちを恐れた大人は毎年全国の中学3年生のクラスから1クラスを選び、最後の1人になるまで殺し合いをさせるという新世紀教育改革法、通称「BR法」を制定する。BR法に選ばれた七原秋也たち3年B組の42名は生き残りをかけて壮絶な戦いをくり広げる。高見広春の同名小説の映画化作品。2000年公開。(R15指定)監督:深作欣二、脚本:深作健太。第24回日本アカデミー賞の優秀作品賞や優秀監督賞など9部門を受賞。R-15指定により中学生の鑑賞ができなった事に関して、監督は「中学生に観てほしくて作った作品なのに」と遺憾の意を表明した。翌年にシーンの追加やCG処理を行った「バトル・ロワイアル特別篇」が公開された。

あらすじ動画

バトルロワイアルの主な出演者

七原秋也(藤原竜也)、中川典子(前田亜季)、川田章吾(山本太郎)、桐山和雄(安藤政信)、相馬光子(柴咲コウ)、千草貴子(栗山千明)、キタノ(ビートたけし)、国信慶時[ノブ](小谷幸弘)、杉村弘樹(高岡蒼佑)、三村信史(塚本高史)、前回優勝者の少女(岩村愛)、川田の恋人・慶子(美波)、キタノの娘・栞[声のみ](前田愛)

バトルロワイアルのネタバレあらすじ

【起】– バトルロワイアルのあらすじ1

バトルロワイアルのシーン1

画像引用元:YouTube / バトルロワイアルトレーラー映像

新世紀のはじめ、ひとつの国が壊れました。

経済は破綻して少年犯罪が激増し、自信をなくした大人たちはひとつの法案を可決しました。

新世紀教育改革法【通称BR法】です。

城岩学園中学校3年B組の七原秋也は、母親は家を出て行き父親は首吊り自殺して施設に入っています。

修学旅行のバスに乗った秋也たちは催眠ガスで眠らされ、目覚めると1年の時の担任キタノが現れて「このクラスは全国の中3の中から本年度のBR法に選ばれたので、3日以内に最後の1人になるまで殺し合うように」と告げます。

全員に金属製の首輪が装着されていて各自の位置や心拍記録が発信され、逆らったり外そうとすると爆発するようになっています。

秋也の親友のノブは以前キタノをナイフで刺して不登校になっていましたが、見せしめのためキタノに首輪を爆破されて死亡します。

【スタート前に2人死亡:残り40人】

各自にわずかな食料と武器が配給されて送り出され、外では殺し合いが始まります。

秋也はノブが想いを寄せていた中川典子を守ろうと決意して一緒に逃げます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バトルロワイアル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×