映画:バリー・シール/アメリカをはめた男

「バリー・シール/アメリカをはめた男」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

バリー・シール/アメリカをはめた男の紹介:2017年にアメリカで製作されたトム・クルーズ主演の犯罪伝記映画。1980年代のアメリカに実在した航空機パイロット、バリー・シールの数々の犯罪と波乱万丈な人生を描いていく。

あらすじ動画

バリー・シール/アメリカをはめた男の主な出演者

バリー・シール(トム・クルーズ)、ルーシー・シール(サラ・ライト)、モンティ・シェイファー(ドーナル・グリーソン)

バリー・シール/アメリカをはめた男のネタバレあらすじ

【起】– バリー・シール/アメリカをはめた男のあらすじ1

舞台は1978年、アメリカのルイジアナ州バトンルージュ。

物語の主人公バリー・シールは卓越した航空技術を持つ大手航空会社のパイロットです。

その能力はCIAの知るところとなり、ある日シェイファーという名の青年がバリーをスカウトしにやって来ましたシェイファーがバリーに依頼したのは、政情不安な中米の国々に赴き、偵察写真を撮影すること。

その見返りとして最新技術を搭載した小型飛行機を贈られたバリーはすっかり上機嫌になり、シェイファーの申し出を受けることを決断します。

安定した生活を望む妻ルーシーには内緒でバリーは航空会社を退職、シェイファーに指示されるがまま中米各国へ飛び、近距離撮影での鮮明な写真をCIAに提供する日々を送り始めます 1980年、相変わらずシェイファーからの仕事をこなすバリーに新たな仕事が舞い込みました。

それはコロンビアを訪れたときのこと。

バリーは巨大麻薬カルテルのエスコバルと知り合い、コカインをアメリカに密輸する手助けを求められたのです麻薬組織との関わりをためらうバリーでしたが、エスコバルは破格の報酬を提示、バリーはただちに大量のコカインを乗せてアメリカへと戻って行きました。

しかし、エスコバルとの取引は突然終わりを迎えます。

報酬を受け取りにコロンビアのエスコバル宅に行くと、麻薬取締局が突入してきたのですバリーも拘束の憂き目に遭いますが、事態に気づいたシェイファーの手により間もなく釈放されました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バリー・シール/アメリカをはめた男」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×