映画:パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェスト

「パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェスト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストの紹介:2006年公開のアメリカ冒険映画。同シリーズの2作目にあたる。前作から3年後という設定で、今作品のラストでは、シリーズ3作目「ワールド・エンド」に続くというスタイルが取られている。

あらすじ動画

パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェストの主な出演者

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)、ウィリアム・ターナー・ジュニア(オーランド・ブルーム)、エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)、ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)、ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)

パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェストのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①東インド貿易会社のベケット卿がウィル、エリザベス、ノリントンに逮捕状を出す。釈放の条件はジャックのコンパスで、コンパスは欲しいものを指す。ベケット卿はフライング・ダッチマン号(さまよえる幽霊船)の船長デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ、権力を拡大させようと考えていた。 ②ジョーンズは心臓を「死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)」に隠していた。心臓はノリントンがベケットに渡し、ジャックはジョーンズの巨大ダコ・クラーケンと戦って死亡。ジャックを取り戻したい船員は、蘇ったバルボッサの力を借りることに。

【起】– パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェストのあらすじ1

パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェストのシーン1

画像引用元:YouTube / パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェストトレーラー映像

18世紀のカリブ海、港町のポート・ロイヤル。

総督の娘エリザベス・スワンは、幼少期に海賊の少年ウィリアム・ターナーことウィルを助けました。海賊だと捕らえられるので、ウィルが持っていたドクロマークの金貨のペンダントをエリザベスは隠します。

年頃になったエリザベスとウィルは愛し合うようになりますが、エリザベスが総督の娘であるのに対し、ウィルは孤児で鍛冶屋をしているので、身分の差を気にして愛を口にできません。

ある日、ポート・ロイヤルを海賊船・ブラックパール号のバルボッサ船長が襲撃しました。目当てはウィルの金貨です。

持っていたのはエリザベスだったため、エリザベスが拉致されました。ウィルはエリザベスを助けるために、捕縛されていたジャック・スパロウという海賊を脱獄させます。

ジャックはブラックパール号の、元船長でした。バルボッサの裏切りに遭い、船と船長の座を奪われたのです。

ジャックは、ウィルの父ビル・ターナーを知っていました。船中、ウィルが海賊の息子だと話します。

ジャックとウィルは協力して戦い、ジャックは船を、ウィルはエリザベスを取り戻しました。

ウィルは愛を告白し、エリザベスとの仲を認めてもらいます。

ジャックはブラックパール号を取り戻し、ポート・ロイヤルから出ていきました(映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』参照)…。

…3年後。

ウィル・ターナーとエリザベス・スワンは、結婚式を目前に控えていました。

エリザベスに失恋したノリントン提督は、職を辞してどこかへ消えています。

世間では、東インド貿易会社が幅を利かせ始めていました。

結婚式の前日、東インド貿易会社のベケット卿が現れると、ウィルを逮捕します。

猛抗議した花嫁のエリザベスも、その場で逮捕されました。

容疑は「海賊であるジャック・スパロウの逃亡を幇助したから」というものです。行方知れずのノリントンにも、逮捕状が出ていました。

エリザベスは独房に入れられ、ウィルだけがベケット卿に呼ばれます。

ベケット卿はウィルに「海賊ジャック・スパロウが持つコンパスを手に入れれば、ウィルとエリザベスを釈放する」と言いました。

ウィルが「ジャックのコンパスは故障していて、北を指さない」と指摘しますが、ベケット卿はそれでも手に入れて来いと告げます。

ウィルはジャックを探すために、まずは自由港のトルトゥーガに行きました。

同じ頃、ジャックは船員たちに「そろそろ宝を手に入れよう」と催促されます。

ジャックは鍵を描いた絵を見せて、「死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)」の鍵を手に入れようと言いました。船員の士気が揚がります。

ところがジャックは針路を示せませんでした。

実はジャックの持つコンパスは、北を指すものではなく「自分が欲しいものがある方角を示すもの」でした。ジャックが気乗りしないので、コンパスも方角を示しません。

夜、ジャックのいるところへウィルの父である、靴紐のビルことビル・ターナーがやってきました。

ジャックは13年前に、デイヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わしていました。

それは、ブラックパール号の船長となる代わりに、13年が経過するとジョーンズの手下として、フライング・ダッチマン号(さまよえる幽霊船)に乗船してこき使われる…というものです。

ジャックは「船長を務めていたのはたった2年(バルボッサの裏切りで、船長の座を追われていたから)」と言いますが、聞き入れられません。

ビルはジャックの左のてのひらに黒い呪いの印をつけ、期限内に戻ってこないと、ある怪物(クラーケンという巨大ダコの怪物)に襲われると告げました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェスト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×