映画:パイレーツオブカリビアン3ワールドエンド

「パイレーツオブカリビアン3ワールドエンド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドの紹介:2007年公開のアメリカ冒険映画。同シリーズの3作目にあたる。2作目「デッドマンズ・チェスト」からの直接的な続編にあたる。撮影は2作品同時に行われ、2作目公開後に追加撮影もあった。

あらすじ動画

パイレーツオブカリビアン3ワールドエンドの主な出演者

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)、ウィリアム・ターナー(オーランド・ブルーム)、エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)、ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)、ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)、サオ・フェン(チョウ・ユンファ)

パイレーツオブカリビアン3ワールドエンドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①東インド貿易会社・ベケット卿はダッチマン号を手に入れ、海賊を壊滅させようと企む。海賊招集の歌がうたわれ、9人の伝説の海賊長による評議会が開かれ「海の女神・カリプソを解放する」と決定。 ②解放されたカリプソは嵐を起こし、海に巨大渦巻きが発生。ジョーンズと戦ったジャックは、瀕死のウィルを助けるために、ウィルにジョーンズの心臓を刺させた。ウィルはダッチマン号の船長となった。

【起】– パイレーツオブカリビアン3ワールドエンドのあらすじ1

18世紀のカリブ海、港町のポート・ロイヤル。

総督の娘エリザベス・スワンは、幼少期に海賊の少年ウィリアム・ターナーことウィルを助けました。海賊だと捕らえられるので、ウィルが持っていたドクロマークの金貨のペンダントをエリザベスは隠します。

年頃になったエリザベスとウィルは愛し合うようになりますが、エリザベスが総督の娘であるのに対し、ウィルは孤児で鍛冶屋をしているので、身分の差を気にして愛を口にできません。

ある日、ポート・ロイヤルを海賊船・ブラックパール号のバルボッサ船長が襲撃しました。目当てはウィルの金貨です。

持っていたのはエリザベスだったため、エリザベスが拉致されました。ウィルはエリザベスを助けるために、捕縛されていたジャック・スパロウという海賊を脱獄させます。

ジャックはブラックパール号の、元船長でした。バルボッサの裏切りに遭い、船と船長の座を奪われたのです。

ジャックは、ウィルの父ビル・ターナーを知っていました。船中、ウィルが海賊の息子だと話します。

ジャックとウィルは協力して戦い、ジャックは船を、ウィルはエリザベスを取り戻しました。

ウィルは愛を告白し、エリザベスとの仲を認めてもらいます。

ジャックはブラックパール号を取り戻し、ポート・ロイヤルから出ていきました(映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』参照)…。

…3年後、結婚式が間近のウィルとエリザベスのところへ東インド貿易会社のベケット卿が現れ、ジャック逃亡幇助の罪で、彼らとノリントンに逮捕状が出たと言います。

釈放の条件としてベケット卿が出したのは、ジャックの持つコンパスを手に入れることでした。ジャックのコンパスは壊れているのではなく、「自分が欲しいと思うもの」を指すのです。

ベケット卿の目的は、死者をあの世へ導くフライング・ダッチマン号(さまよえる幽霊船)の船長デイヴィ・ジョーンズの心臓を入れた「死の宝箱(デッドマンズ・チェスト)」を手に入れて、権力を拡大させることでした。

ウィルとエリザベスは逮捕を撤回させるため、ジャックの元へ行きます。

ノリントン提督は職を解かれ、さすらっていました。最終的にノリントンがジョーンズの心臓を手にし、ベケット卿と取引をします。

ウィルは自分の父・ビルがジョーンズの船で働いていることを知って、解放させようと考えました。

ジョーンズらと戦ったジャックは、ブラックパール号と共に、ジョーンズの巨大ダコ・クラーケンと討ち死にしました。

ジャックの死を惜しんだ船員たちは、ジャックを取り戻す方法を預言者の女性ティア・ダルマに相談します。

ティア・ダルマはバルボッサを復活させ、協力させようと考えました(映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』参照)…。

…港町のポート・ロイヤルでは、ますます取り締まりが厳しくなっていました。海賊だけにかぎらず、海賊に関係した者は、片っ端から絞首刑に処されています。

銀貨を持つひとりの少年が、しばり首の前で静かに歌を口ずさみ始めました。それは「海賊王と仲間たちは 海の女神を寝床からひきずり出し 人間の身体に封じ込めた」から始まる、海賊の歌でした(サビで「ヨーホ」と歌う曲)。少年だけでなく、歌は広場で処刑される海賊たち全員に広まっていきます。

この歌が集団で歌われたことには、大きな意味がありました。

世界中に散らばっている「伝説の海賊長」9人による、評議会を求める『招集の歌』を意味するものだったのです。

招集の歌がうたわれた話は、またたくまに世界中に広まりました。

バルボッサとエリザベスは、シンガポールにある港に侵入します。

そこには伝説の海賊長のひとり、サオ・フェンがいるのです。

サオ・フェンのところへ行ったバルボッサは、招集の歌がうたわれたために、近日、評議会が開かれることを告げました。

評議会には9人の海賊長の出席が必要なのですが、そのうちのひとり、ジャック・スパロウが後続者を立てないまま死んでしまったために、連れ戻しに行くと言います。

サオ・フェンは『世界の果ての地図』を所持していました。その海図を借りたいと、バルボッサは言います。

(バルボッサの言い分は、半分は本当で半分は嘘。

ジャックを連れ戻すという口実で地図を手に入れた後、バルボッサは『生命の水』のありかを知りたい。『生命の水』については次作品)

うさんくさい話だと、サオ・フェンが疑いました。別の意図があるのではないかと、バルボッサの腹を探ろうとします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パイレーツオブカリビアン3ワールドエンド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×