映画:パルプ・フィクション

「パルプ・フィクション」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

パルプ・フィクションの紹介:1994年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督作品。表題は「くだらない話」という意味。マフィアが絡んだ3つの話が、時間的な流れとは異なる展開(時系列シャッフル)で描かれる。

あらすじ動画

パルプ・フィクションの主な出演者

ヴィンセント・ベガ(ジョン・トラボルタ)、ジュールス・ウィンフィールド(サミュエル・L・ジャクソン)、ミア・ウォレス(ユマ・サーマン)、ブッチ・クリッジ(ブルース・ウィリス)、パンプキン(ティム・ロス)、マーセルス・ウォレス(ヴィング・レイムス)

パルプ・フィクションのネタバレあらすじ

【起】– パルプ・フィクションのあらすじ1

〔プロローグ〕

LAの朝、カフェでカップルのパンプキンとハニー・バニーがいきなり強盗を始めます。彼らはよくこういった強盗をしていました。

〔ボニーの一件〕

ヴィンセントとジュールスはギャングのボス・マーセルスの下で働く子分です。組織を裏切った若者3人宅に乗り込んだ2人は銃撃されますが、相手の弾は1発も当たらず、若者3人は2人にあっけなく殺されました。

信仰深いジュールスはこれを奇跡と捉え、引退を考えます。

黒いスーツケースを回収したヴィンセントとジュールスは、友人・マーヴィンを後部座席に乗せて移動しますが、ヴィンセントがふざけて銃をいじっていると暴発し、マーヴィンの頭部に当たり死にました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パルプ・フィクション」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ