映画:ヒドラ

「ヒドラ」のネタバレあらすじと結末

ヒドラの紹介:2009年に公開されたモンスターパニック映画です。大金持ちが犯罪者狩りを行おうとした島で、9つの首を持つヒドラが現れるというストーリーとなっています。いわゆるCGを使ってヒドラを描いていますが、登場段階では首が3つしかありません。9つの首が登場するのはクライマックス辺りです。さらにヒドラをモンスターとして登場さセットているため、ゼウスやヘラクレスの剣といったギリシャ神話の要素もいくつか登場します。

あらすじ動画

ヒドラの主な出演者

ノーラン(ジョージ・スタルツ)、グウェン(ドーン・オリヴェリ)、スイート船長(マイケル・シェイマス・ワイルズ)、キャムデン(アレックス・マッカーサー)、ヴァレリー(ポリー・シャノン)、ウィンタース(ドウェイン・アドウェイ)

ヒドラのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ヒドラのあらすじ1

ヒドラのシーン1 ヴァレリーたち研究員はとある無人島で調査を進めていました。
ヴァレリーは洞窟内でヒドラの絵が描かれた陶器の破片を見つけ、この島はゼウス、もしくはアムピアラーオスの神託所ではないかと考えます。
一方その頃、別の場所で調査を進めていたパノスが、複数の頭を持つ巨大な蛇ヒドラに襲われます。叫び声を聞いたシンがパノスを探しに行きますが、食べられてしまいました。
洞窟にいたヴァレリーとその仲間は無線機から悲鳴を聞きつけます。様子を見に行こうとした仲間も食われ、ヴァレリーはヒドラの隙を突き、逃げ出します。しかし乗って来た船は悪天候によって転覆してしまいました。

スイート船長とウィンタースはキャムデンという人物から依頼され、4人の大金持ちを島に運ぼうとしています。さらにこの船には刑務所にいたという共通点を持つ4人が船室に閉じ込めらていました。
4人の囚人に食事が与えられます。彼らはノーラン、グウェン、ロニーと互いに自己紹介し、もう1人は名前はないと答えました。

スイート船長は元々行こうとしていた島が沈んだため、どこの海図にも載っていない新たな島を見つけ、部下を送り込みます。島に乗り込んだ部下たちはヒドラに襲われ、死にました。

主催者のキャムデンとその妻が4人の大金持ちにルールを説明します。彼ら大金持ちは飲酒運転で妻を殺され、レイプ後に娘を殺され、カージャックにより息子を殺されと、それぞれが大切な家族を失っていました。
そうした犯罪で家族を失った者のためにキャムデンは苦痛を癒す方法を見つけたのです。彼はロニーは飲酒運転、ボブ(名前を名乗らなかった男)はレイプ、グウェンは夫殺し、ノーランは強盗や住居侵入、暴行をやった謎の男と説明しました。

【承】- ヒドラのあらすじ2

ヒドラのシーン2 ウィンタースは島に送り込んだ2人に連絡を取りますが、応答はありませんでした。

キャムデンはスイート船長を問い詰めます。ノーランはスイート船長が独自の判断で選んだ囚人でした。
キャムデンは勝手な真似をするなと脅しをかけます。それに対し、スイート船長は立場をわきまえずに行動したら島に送ると逆に脅しをかけました。

ノーランたちが船の甲板に連れ出されます。キャムデンたちが行おうとしているのは悪党狩りでした。つまり大金持ちたちは大金を払って、憎き犯罪者を殺そうとしていたのです。

ノーランたちは島に送られ、腕時計を渡されます。彼らは1日早くスタートすることになり、自分たちの身を守るために協力することにしました。
ノーランは島にある物を使って、敵を倒すことにしました。そのとき地震が発生し、島全体が揺れます。

ノーランたちを島に連れて行ったスイート船長の部下2名は運悪くヒドラに遭遇し、食べられてしまいます。

その頃、ノーランたちは島にある物を使って、トラップを作っていました。ノーランは大金持ちたちはプライドが高いから単独行動をするはずだと言い、勝てるはずだと他の囚人に発破をかけます。

ウィンタースは4人の部下と連絡が取れなくなったと報告しますが、スイート船長はキャムデンには言わず、このまま続行すると言います。

グウェンとボブが木箱を見つけ、この島には人がいるかもしれないと気付きます。その直後、レイプ犯のボブがグウェンに襲い掛かりますが、ノーランが助けに入り、その場は収まりました。
ノーランはグウェンから人がいるかもしれない可能性を聞き、大金持ちが来たとキャンプ地に戻ります。

4人の大金持ちは各々武器を持ち、分かれて行動を始めます。

ノーランたちは移動中、人の死体と神殿を発見します。その直後、謎の唸り声を聞き、ノーランたちは逃げ出しました。その矢先、罠にかかり重傷を負った大金持ちの一人ウィリアムズと出会い、ボブが射殺されます。
そこへヴァレリーと彼女を追いかけるヒドラがやってきて、ウィリアムズは殺されます。
その隙に、ノーランたちは逃げ出しました。

【転】- ヒドラのあらすじ3

ヒドラのシーン3 ノーランたちはヴァレリーに何が起こっていると聞きました。ヴァレリーは2か月前に研究目的でやってきて、仲間は全員死んだと答えます。

その頃、キャムデンはノーランが特殊部隊出身であること、スイート船長の元部下だったことを突き止めていました。スイート船長は標的が元軍人だと知れば大金持ちは倍の額を払うだろうと言いますが、キャムデンはゲームは中止して計画を練り直すことを決めます。

大金持ちたちはウィリアムズの死体を発見するも無線を壊し、狩りを続行することにします。

ノーランは死んだウィリアムズの元へ戻り、銃と無線を手に入れることにします。ヴァレリーがヒドラは熱を感知すると教え、1キロ先に機材を隠してあると言いました。
ノーランは銃を取りに行くため単独行動を取りますが、グウェンが後を追いかけます。ヴァレリーとロニーは機材の場所へと向かいました。

キャムデンは無線が通じなくなったため、島に乗り込むと息巻きます。スイート船長が1時間連絡できなければ、自分が乗り込むと落ち着かせます。

ノーランたちはウィリアムズの死体から壊れた無線機をゲットします。銃は他の大金持ちが持ち去っていました。
ノーランが大金持ちの気配に気づき、倒します。再度ヒドラが現れ、大金持ちを食べました。

機材を見つけたヴァレリーらの元に、ノーランたちがやってきます。ノーランは無線機を修理し、スイート船長らを呼び寄せ、ボートを奪うことにしました。彼はジャングルに誘い込むから、先に出ろとグウェンたちに指示します。

ノーランは無線で、スイート船長に呼び掛け、こっちに来いと挑発します。彼は2人の大金持ちが死んだことを伝え、自分が殺す前にスイート船長が大金持ちを見つけるという新たなゲームを提案しました。
無線を聞いたキャムデンは生き残っている大金持ちを連れ戻せと怒鳴り、スイート船長が乗り込むことになります。

ノーランはスイート船長が自分の後ろに誰が立っているか言い当てたことで、GPSを埋め込まれていることに気付きます。これではボートを奪えないと思いますが、ノーランはヴァレリーがいるではないかと気づき、協力を仰ぎました。
ヴァレリーは当初拒否しますが、ヒドラを倒してくれたら協力すると交換条件を持ちかけます。

【結】- ヒドラのあらすじ4

ヒドラのシーン2 スイート船長は島に上陸し、自分に詰め寄って来る大金持ちを殴って、銃を奪います。

ヴァレリーはノーランたちを洞窟に案内しました。洞窟にはヒドラを倒すことができるヘラクレスの剣が隠されています。
ノーランはグウェンとロニーを伴い、洞窟の中へと入りました。ヴァレリーにはスイート船長の気を引けと指示します。

その頃、大金持ちの1人がヒドラと遭遇し、食べられてしまいました。

スイート船長はウィリアムズの死体を見つけ、ノーラン以外にも別の何かがいると気付き、そのことをキャムデンに報告します。彼はGPSを頼りに先へと進んでいきました。

ノーランたちは祭壇にたどり着きます。そこへスイート船長がやってきて、ロニーを射殺しました。
ノーランはかつてスイート船長によるテロリスト(女子供)の虐殺を阻止しようと手榴弾を投げたことがあったのです。生き残ったスイート船長は復讐のため、ノーランを標的に選んだのでした。
スイート船長はノーランを殺そうとしますが、そこへヒドラに追いかけられたヴァレリーがやってきて、食べられました。
ノーランは祭壇の溶岩に手を突っ込み、剣を入手します。その間にヴァレリーも食べられました。
ノーランは剣を使い、ヒドラの首を切り落とします。生き残ったノーランとグウェンはキスをして、船に向かいました。

ノーランとグウェンは船にいたキャムデン夫妻を捕まえ、ウィンタースに操縦させます。グウェンは無線で助けを呼びに行きました。
するとまだ生きていたヒドラがやってきて、、キャムデン夫妻に襲い掛かります。妻は死にますが、キャムデンは助かり、グウェンを人質に取りました。
しかし結局はキャムデンも食べられます。ノーランとグウェンがピンチに陥った時、ウィンタースが来て、剣を投げました。
ノーランは剣を使い、ヒドラを倒します。全ての首を失ったヒドラは天に召されました。

ノーランとグウェンはキャムデンたちの隠していた金を取引材料に使い、どこかの国に身を隠し、自由を手に入れます。

みんなの感想

ライターの感想

ラスト、どうしてウィンタースが剣を持ってきたのかよく分かりませんでした。ウィンタースはヒドラも見ていないはずですし、剣でしか倒せないことは知らないはずなのに、本当に不思議です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ヒドラ」の商品はこちら