映画:ビバリーヒルズコップ

「ビバリーヒルズコップ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ビバリーヒルズ・コップの紹介:1984年公開のアメリカ映画。腕は良いけど問題児の警官が、麻薬組織を相手に大活躍する姿を描いている。「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズの第一作目にあたる作品。主演は「ドクター・ドリトル」のエディ・マーフィ。今作で彼は一躍スターの仲間入りを果たした。監督は「ジョー・ブラックをよろしく」のマーティン・ブレスト。音楽はハロルド・フォルターメイヤーで、今作のサウンドトラックでグラミー賞を受賞。主題歌はグレン・フライの「Heat Is On」。

あらすじ動画

ビバリーヒルズコップの主な出演者

アクセル・フォーリー(エディ・マーフィ)、“ビリー”ウィリアム・ローズウッド刑事(ジャッジ・ラインホルド)、ジョン・タガート巡査部長(ジョン・アシュトン)、“ジェニー”ジーネッテ・サマーズ(リサ・エイルバッチャー)、アンドリュー・ボゴミル警部補(ロニー・コックス)、ヴィクター・メイトランド(スティーヴン・バーコフ)、“マイキー”マイケル・タンディーノ(ジェームズ・ルッソ)、ザック(ジョナサン・バンクス)、ハバード署長(スティーブン・エリオット)

ビバリーヒルズコップのネタバレあらすじ

【起】– ビバリーヒルズコップのあらすじ1

凄腕の刑事のアクセル・フォーリーは、押収したタバコでおとり捜査を独断で敢行します。警察がやってきて、犯人達と一緒に追いかけられます。

市街地はトラックとパトカーの追いかけっこで大惨事になります。犯人は逃げて、アクセルは署に連れて行かれます。

上司のトッド警部から怒られます。次やったらクビと言われてしまいます。署のみんなは、アクセルの仕事ぶりを笑い話にして楽しんでます。

家に帰ったアクセルは、不法侵入していた親友のマイキーと再会します。刑務所から出て来ていて一緒に遊びます。

マイキーはどこからか無記名の債券を盗んでいました。遊んで帰ってくると、債券を盗まれた殺し屋がやってきます。

アクセルは気絶させられ、マイキーは殺されてしまいます。トッド警部に犯人逮捕のため、担当させてもらおうとしますが断られます。仕方ないので、休暇をもらうことにします。

デトロイトの警察で働いているアクセルは、マイキーが働いていたビバリーヒルズに向かうことにします。

高級ホテルに行って、満室にも関わらず強引に泊まらせてもらいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ビバリーヒルズコップ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×