映画:ビーバップハイスクール

「ビーバップハイスクール」のネタバレあらすじと結末

ビー・バップ・ハイスクールの紹介:大人気漫画「ビー・バップ・ハイスクール」を原作とした実写映画です。後に大ヒットシリーズとなる「ビー・バップ・ハイスクール」の第1弾であり、仲村トオル氏や清水宏次朗氏がトオルとヒロシを演じています。ヒロインの今日子役には中山美穂氏が抜擢されました。本作には本物の不良がエキストラとして多数出演するなど、不良映画の金字塔としても有名です。なお1作目には敵役として、小沢仁志氏が出演しています。

あらすじ動画

ビーバップハイスクールの主な出演者

中間徹(仲村トオル)、加藤浩志(清水宏次朗)、泉今日子(中山美穂)、三原山順子(宮崎ますみ)、兼子信雄(古川勉)、横浜銀一(八巻保幸)、赤城山忠治(小林啓志)、大前均太郎(鎌田伸一)、中村竜雄(小沢仁志)、中村虎雄(木下秀樹)、菊永淳一(石井博泰)、鬼島刑事(地井武男)

ビーバップハイスクールのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ビーバップハイスクールのあらすじ1

ビーバップハイスクールのシーン1 今日子が不良に絡まれます。弟が不良にぶつかり、アイスをつけたことが原因でした。
トオルとヒロシが助けに来て、不良たちと乱闘を繰り広げます。乱闘を終え、トオルたちは今日子にもう喧嘩はしちゃだめよと言われました。

トオルとヒロシは留年したことで、先生にバカにされています。先生は椅子に画びょうをばら撒いていました。
まるで座れないだろうという先生の態度に腹を立てた2人は、画びょうの罠が仕掛けられた椅子に座ります。画びょうは彼らの尻にずぶりと刺さりました。

学校からの帰り道、ノブオが舎弟にしてくれと頼みこんできます。2人は相手にせず、その日はそのまま帰りました。

横浜銀一と赤城山忠治が、トオルたちのクラスに転校してきます。ノブオが自分は舎弟だと騒いだため、銀一と忠治もトオルとヒロシの周りをうろつくようになりました。
順子の入れ知恵で、トオルとヒロシは舎弟になるための試練を与えます。歩き方やつばの吐き方などを経て、ノブオたちは他校の生徒に喧嘩を売る卒業試験に挑みます。
北校の前川新吾に喧嘩を売ったノブオはふんどし一丁になり、威嚇します。実は新吾とトオルたちはグルで、ノブオが本当にふんどし一丁になるかどうか賭けをしていました。
トオルたちは笑いながらお金のやりとりをし、ノブオたちを置いて、その場を去ります。

【承】- ビーバップハイスクールのあらすじ2

ビーバップハイスクールのシーン2 愛徳高校でクラス対抗球技大会が開催されます。1年の均太郎はジュンとシンペーを連れ、愛徳を絞めようと企んでいました。

屋上でサボっていたトオルとヒロシに、今日子がサッカーの試合に出てと誘いに来ます。2人は渋々試合に出ることになりました。
対戦相手は1年の均太郎が率いるチームです。均太郎はトオルとヒロシが留年していることを知らず、彼らは3年生だと思い込んでいました。そのため2年生チームにトオルたちがいるとは思っておらず、サッカーとは名ばかりの喧嘩が勃発してしまいます。
先生たちがやってきて、トオルとヒロシの名前を呼んだことで、均太郎たちは自分が喧嘩を売った相手が誰なのかを知ります。その結果、均太郎たちもトオルとヒロシに舎弟になりました。

トオルとヒロシはノブオたち舎弟を連れ、デパートの屋上に遊びに来ていました。そこで立花高校の菊永と出会い、喧嘩になります。
しかし不良たちから恐れられる鬼島刑事がいたため、喧嘩は一旦止まりました。鬼島刑事がいなくなった途端、愛徳と立花の乱闘が始まります。
鬼島刑事が戻ってきたため、彼らは逃げました。その際、立花にノブオが、愛徳にも立花の生徒が紛れ込んでしまい、お互いに人質を交換することになります。
愛徳の人質は彼らに馴染んでしまい、平和そうでした。一方のノブオは手足を縛られ、ボコボコにされてしまいます。
人質交換の時間になってもトオルたちが待ち合わせの場所は行かず、ノブオは立花の不良に同情され、そのまま解放されました。

【転】- ビーバップハイスクールのあらすじ3

ビーバップハイスクールのシーン3 今日子が17歳の誕生日会にトオルとヒロシを誘いました。トオルとヒロシはスーツに着替え、花束を持って、今日子の家に向かいます。
ですが今日子の誕生日会に参加しているのは真面目な子たちばかりで、トオルとヒロシは場違いでした。今日子の両親もトオルとヒロシを変な人たちではないかとよく思っていません。
いたたまれなくなった2人は今日子の家の酒屋に忍び込み、勝手に商品の酒を飲みまくり、酔っぱらいます。騒ぎを聞きつけた今日子たちがやってきて、2人に向かって「どうして普通の高校生みたいにできないの?」と叫びます。トオルとヒロシは余計なお世話だと返しました。

トオルとヒロシはモヤモヤとした気分を抱え込み、憂さ晴らしと称して、あちこちで喧嘩に明け暮れます。
喧嘩の最中、トオルとヒロシは鬼島刑事に捕まりました。そこで2人は鬼島刑事から、さっき喧嘩をした相手が、卒業生の半数以上がヤクザになるという戸塚高校の生徒だと聞かされます。戸塚には中村竜雄ことヘビ次、中村虎雄ことネコ次というヤバい連中がいました。

その後、喫茶店にいたトオルたちは、ヘビ次とネコ次に襲撃されます。街中を逃げ回ったトオルたちはノブオの家へ避難します。
トオルとヒロシはノブオたち舎弟にほとぼりが冷めるまで、隠れていろと告げました。

トオルとヒロシは先輩の家に匿ってもらいます。彼らが身を隠している間、今日子が戸塚に捕まり、ヘビ次によって髪を切られてしまいます。

【結】- ビーバップハイスクールのあらすじ4

ビーバップハイスクールのシーン2 トオルとヒロシの隠れ家に、順子がやってきました。2人は順子から今日子に起こったことを聞かされます。順子は2人に向かって、「女1人守れないようなら不良を止めろ」と啖呵を切りました。

不良の争いに巻き込まれたため、今日子は転校することになります。トオルとヒロシは今日子の元へ向かいました。今日子は両親に逆らい、トオルとヒロシの元に残ります。
ひとまず彼らはトオルの祖母の家に行きました。寝静まった頃、トオルとヒロシは今日子の敵を取るため、こっそりと家を抜け出します。
気付いた今日子は2人に向かって「喧嘩に負けたらぶっ殺すぞおらぁ」とはっぱをかけました。

トオルとヒロシ、舎弟のノブオは電車に乗り、戸塚の生徒と喧嘩をおっぱじめます。それから戸塚高校に果たし状を送り、ヘビ次とネコ次を呼び出しました。

トオルたちに加勢するため、銀一や忠治、均太郎も駆け付けます。決闘の場所にヘビ次とネコ次、戸塚の不良たちが現れました。
愛徳と戸塚の戦いが始まります。トオルたちは協力し合い、数の暴力に押されつつも、確実に戸塚の生徒を減らしていきました。
その最中、トオルが足を刺されてしまいます。ヒロシもボロボロになっていました。戸塚の生徒を蹴散らした2人は、ヘビ次とネコ次に挑みます。
トオルはネコ次を倒します。2人がかりで、ヘビ次に襲い掛かりました。苦戦しつつもトオルがヘビ次をぶっ飛ばしました。

戸塚との戦いを終え、今日子は転校してしまいます。トオルとヒロシは花束を持って、今日子に会いに行きました。
2人の姿を見て今日子は笑顔を浮かべ、トオルとヒロシは抜け駆けはずるいぞといつものように喧嘩を始めます。

みんなの感想

ライターの感想

トオルとヒロシがかっこいいです。イマドキこんな熱い不良はいないと思いますが、そこがいいんですよね。敵役の小沢仁志さんも存在感がありましたし、何よりクスッと笑えるところも多くて、面白かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ビーバップハイスクール」の商品はこちら