映画:ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲

「ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲」のネタバレあらすじと結末

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲の紹介:1987年に公開された実写映画で、大人気不良漫画「ビー・バップ・ハイスクール」を原作としています。「ビー・バップ・ハイスクールシリーズ」第3弾となる本作では、前作までのヒロイン役を務めていた中山美穂氏が降板し、五十嵐いづみ氏が新たにヒロインとして抜擢されています。なおラストの大型プレス機のシーンでは実際に機械が作動しており、角材を仕込まなければ押しつぶされていた危険性があったそうです。

あらすじ動画

ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲の主な出演者

加藤浩志(清水宏次朗)、中間徹(仲村トオル)、三原山順子(宮崎萬純)、兼子信雄(古川勉)、前川新吾(小沢仁志)、菊永淳一(石井博泰)、郷ミノル(土岐光明)、如月翔子(五十嵐いづみ)、服巻鉄也(高瀬将嗣)、須賀良治(長谷川悟)、鬼島(地井武男)

ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲のあらすじ1

ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲のシーン1 今日子は海外に留学し、トオルとヒロシは少々落ち込んでいました。

そんなある日、桜ヶ丘高校の服巻鉄也が不良たちを引き連れ、愛徳高校に殴り込みをかけ、均太郎たちとひと悶着を起こします。
面白がったトオルとヒロシが腹巻をけしかけ、立花商業のミノルに喧嘩を売らせました。トオルとヒロシはミノルにつき、桜ヶ丘高校の面々は退散します。

コケにされた腹巻は愛徳に果たし状を出しました。トオルとヒロシは無視します。
腹巻は愛徳の順子に果たし状を託しました。順子の提案で、トオルとヒロシはミノルに果たし状を回しました。
怒りに狂ったミノルは桜ヶ丘高校の面々をぶっ飛ばします。その様子をこっそりと見ていたトオルとヒロシ、順子は大笑いしました。

中学生の翔子がトオルに会うため、勝手に愛徳にやってきました。トオルは無碍に扱い、翔子は怒ります。

桜ヶ丘高校はトオルとヒロシを探して、均太郎たちを襲撃します。果たし状の企みがミノルにもバレてしまいました。

トオルとヒロシのいるラーメン屋に女子高生がやってきます。彼女はトオルとヒロシを誘惑し、外へ誘い出しました。
実は彼女は腹巻の彼女で、トオルとヒロシを誘き出すための罠だったのです。彼女をかけて、トオルとヒロシ、桜ヶ丘高校の乱闘が始まりました。
そこへミノルがやってきて、自分をコケにしたトオルとヒロシに殴りかかります。トオルとヒロシはミノルに勝ちを譲って逃げます。女子高生は「ゴリラだけはイヤー」と叫びました。

【承】- ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲のあらすじ2

ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲のシーン2 トオルと何とかして付き合いたい翔子は、ヒロシに女を紹介すれば解決するのではと妙案を思いつきます。
待ち合わせの日、ヒロシは相手が好みのタイプではなかったときのことを考え、ノブオを連れてきました。その心配は杞憂で、翔子が連れてきた沙貴は美人でした。
ところが沙貴はヒロシではなく、ノブオに興味を抱いたのです。

その後、トオルとヒロシはチンピラ2人に絡まれている前川新吾と出会いました。チンピラ曰く、前川が彼女を寝取ったと言うのです。
そのため前川は侘びとして、自分が親しくしている女を紹介することにします。そのおこぼれに預かる形で、トオルとヒロシも女を紹介してもらえることになりました。
そこに立花商業の頭、菊永が通りかかりました。話を聞いた菊永もついていきます。不良の間で知られている4人が揃ったことで、チンピラたちはとんでもない相手に絡んだとようやく気づき、逃げ出しました。
その道中、チンピラたちは高校を停学した連中に喧嘩を売られます。トオル、ヒロシ、前川、菊永と停学組の喧嘩が始まろうとしたとき、鬼島刑事が通りがかったため、その場は納まりました。

菊永が自分とよく似た顔の上田や仲間たちと一緒にいるとき、停学組の連中が襲撃を仕掛けてきました。停学組は当初上田を菊永と勘違いし、ボコボコにします。
勘違いに気づいた停学組は菊永を取り囲みました。菊永は孤軍奮闘するも敵わず、入院するハメになります。前川もまた病院送りにされました。

【転】- ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲のあらすじ3

ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲のシーン3 ノブオや均太郎たちは菊永と前川が襲撃されたため、トオルとヒロシを守ろうとします。トオルは酷い言葉を投げかけ、彼らを追っ払いました。その理由は停学組との抗争に巻き込ませないためです。
翔子もまたトオルが狙われるのではないかと心配していました。そこに停学組のリーダー、須賀良治がやってきて、トオルは一騎打ちの対決に臨みます。
警官が通りがかったため、戦いは中断しました。トオルは翔子を追い払い、呼び出したヒロシに「須賀は強いぞ」と伝えます。

トオルとヒロシに追い返されたノブオは舎弟としてできることをしようと、停学組を探ることにしました。順子も手伝うことになります。
停学組の隠れ家に向かっていたノブオと順子は、翔子がいることに気づきました。翔子もトオルたちのため、停学組を調べようとしていたのです。
しかしすぐに怪しまれ、翔子はピンチに陥ります。ノブオと順子が助けに入りますが、奮戦空しく翔子は連れ去られてしまいました。
ノブオが後を追いかけますが、彼も捕まってしまいます。
順子から話を聞いたトオルとヒロシは、ノブオが残したペンキの跡を辿って車を発見します。
車のトランクに翔子が閉じ込められていました。翔子を救出したトオルたちはノブオが捕まったと聞き、助けに向かいます。
そうして彼らは倉庫にたどり着きました。

【結】- ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲のあらすじ4

ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲のシーン2 トオルとヒロシは倉庫に入り、クレーン車に吊られ、ボロボロになっているノブオを見つけます。リーダーの須賀、副リーダーの巻田が停学組の仲間を引き連れ、トオルとヒロシに襲い掛かりました。
トオルとヒロシは倉庫内を逃げ回ります。多勢に無勢といった有様で、トオルとヒロシは追い詰められました。
しばらく逃げ回った2人は気合を入れ直し、反撃の狼煙を上げます。トオルとヒロシは次々と停学組を倒していきました。
その最中、トオルは高いところから落とされそうになります。トオルは一瞬の隙を突き、相手を下に落としました。
ついにトオルと須賀、ヒロシと巻田の一騎打ちが始まります。激しい戦いの末、トオルとヒロシが飛び蹴りで相手をKOしました。

2人はクレーン車の操縦者を倒し、ノブオを救出します。ボロボロのノブオに肩を貸し、トオルとヒロシは倉庫を出ました。
安堵したのも束の間、なんとまだ倒れていなかった須賀と巻田が車に乗って突っ込んできたのです。車には人質にされた翔子も乗っていました。
スピードを上げた車は大型プレス機に突っ込みます。大型プレス機は作動し、車はどんどん押しつぶされていきました。
須賀と巻田は車を降り、トオルとヒロシに再び戦いを挑みます。
トオルとヒロシは素早く敵を倒しました。すぐに大型プレス機のところへ行き、車の中から翔子を引っ張り助け出します。
ようやく戦いを終えたトオルとヒロシたちは、自分たちの居場所へと帰りました。

みんなの感想

ライターの感想

やっぱりトオルとヒロシは華がありますね。他にも不良はたくさん出てきますが、この2人が一番かっこいいです。ラストの停学組との立ち回りは見ものでした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ビーバップハイスクール高校与太郎行進曲」の商品はこちら