「ファイティング・with・ファイア」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

ファイティングwithファイアの紹介:2019年製作のアメリカ映画。人気プロレスラー、ジョン・シナ主演によるアクションコメディ。優秀だが堅物な消防分隊長・ジェイクは、山火事から3人の子どもを救出するが、両親と連絡が取れず消防署で預かることに。消火作業は得意でも子守は苦手なジェイクは、悪戦苦闘するが…。

あらすじ動画

ファイティング・with・ファイアの主な出演者

ジェイク・カーソン(ジョン・シナ)、マーク・ロジャーズ(キーガン=マイケル・キー)、ロドリゴ・トレス(ジョン・レグイザモ)、ブリン(ブリアナ・ヒルデブランド)、レディン・リチャーズ本部長(デニス・ヘイスバート)、エイミー・ヒックス博士(ジュディ・グリア)、ウィル(クリスチャン・コンヴェリー)、ゾーイ(フィンレイ・ローズ・スレーター)、アックス(タイラー・メイン)

ファイティング・with・ファイアのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①森林火災消防士のジェイクは、湖畔の家からブリンたち3人の子どもを救出、一時預かることに。しかし子どもたちは言うことをきかず、ジェイクは手こずる。 ②ブリンたちの親は死んでおり施設行きになるが、愛情を持ったジェイクは養子にすると決意、エイミーとも結婚した。

【起】– ファイティング・with・ファイアのあらすじ1

ファイティング・with・ファイアのシーン1

画像引用元:YouTube / ファイティング・with・ファイアトレーラー映像

〔カリフォルニア州 レディング〕

ジェイク・カーソンは、森林火災消防士です。

その名のとおり、森林火災を主に担当する消防士です。

山火事が起きると消防車や消防ヘリで駆け付けて、鎮火するまでに一般市民を救助したり、延焼を防いだりします。

ジェイクの父・ダンもかつて森林火災消防士で、殉職しました。

父の背中を見て育ったジェイクは、森林火災消防士の仕事に誇りを持っています。

ジェイクはレディング隊の、分署長を務めています。

この日もジェイクたちは、森林火災現場にヘリで駆け付けました。

立ち往生している車の列を見ると、そこへ山火事の火が向かわないように、斧で樹木を伐採します。

火の向きを変えたジェイクたちは、市民たちの避難を完了しました。

空中からまかれた消火剤まみれになりながらも、市民を助けた充実感はかえがたいものがあります。

無事に山火事を鎮火させたジェイクたちは、基地へ戻りました。

テレビでは、レディン・リチャーズ本部長がテレビの取材に応じています。

リチャーズ本部長は近々、本部長の座から引退予定でした。

後継者をどうするかが注目されており、ジェイクもその座を狙っています。

ジェイクたちが構成するレディング隊の隊員4名が、別の隊へ行くと言って去っていきました。

レディング隊は8名なので、半分の4名が急に抜けて、ジェイクは困ります。

特にパイロットがいなくなったのは、大きな痛手でした。操縦に不慣れなロドリドを指名しますが、ジェイクは心もとなく思います。

・ジェイク…レディング隊の分署長。

・マーク…隊長。ジェイクのよき右腕。

・ロドリゴ…副隊長。急遽パイロットを命ぜられる。

・アックス…無口でのっぽの男性。

金曜に4名が抜けたレディング隊は、そのままの人数で週末を乗り切ろうとします。

そこへ、湖畔で山火事の知らせが入りました。

湖畔には家が1軒あるので、ジェイクたちは急ぎます。

ヘリコプターで駆け付けると、湖畔の家にはすでに火が回っていました。

ジェイクたちは燃える家に入り、3人の少年少女を助けます。

・ブリン…10代半ばの少女。

・ウィル…6歳くらいの少年。

・ゾーイ…3歳の少女。

ブリン・ウィル・ゾーイの3人は、きょうだいでした。

ほかに家族がいないことを確認すると、ジェイクは自分に紐を結ぶと3人を抱えて、ヘリで吊り上げました。

3人を無事に救出します。

ちょうどテレビ局のヘリが飛来し、この救出劇を撮影してテレビで流しました。

ジェイクの活躍が、リチャーズ本部長の目に留まります。

ブリンたちを助けたジェイクは、本来ならばケガがなくとも病院へ連れて行きます。

しかし嵐の到来の知らせが入り、すぐにヘリコプターを着陸させないと危険ということで、基地へ戻ることにしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ファイティング・with・ファイア」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×