映画:ファイナルプロジェクト

「ファイナルプロジェクト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファイナル・プロジェクトの紹介:1996年公開の香港映画です。言わずと知れたカンフースター、ジャッキー・チェン主演のアクション映画となります。「ポリス・ストーリー/香港国際警察」の4作目にあたりますが、ストーリー的な繋がりはありません。それに加えて前作までと世界観や設定は同じですが、人物の名称は英語名で統一されているという違いがあります。ちなみに本作の水中バトルでは、本物のサメとサメ型ロボットを使ったそうです。

あらすじ動画

ファイナルプロジェクトの主な出演者

ジャッキー(ジャッキー・チェン)、ツイ(ジャクソン・ルー)、アニー(アニー・ウー)、ビル署長(トン・ピョウ)、イゴーロフ(ユーリ・ペトロフ)、ナターシャ(グリシャ・エヴァ・ノナ)

ファイナルプロジェクトのネタバレあらすじ

【起】– ファイナルプロジェクトのあらすじ1

ファイナルプロジェクトのシーン1

画像引用元:YouTube / ファイナルプロジェクトトレーラー映像

香港にて、ナターシャという連絡員を2週間監視したと、ジャッキーが報告しました。彼女はウクライナのツアーに参加しています。

報告を終えたジャッキーは上司のビルと車に乗り込みます。ビルはCIAが報告を褒めていたとし、ジャッキーにウクライナでの監視任務を命じました。任務の内容は飛行機内でナターシャを監視することです。

ジャッキーはウクライナへの飛行機に乗りました。ビルからはついでに観光してこいとも言われています。

ジャッキーは公安局のマークの元へ行き、ナターシャの飛行機内での動きを報告しました。これにてジャッキーの任務は終わり、ポケットマネー10億を貰います。

ナターシャが公衆電話で連絡します。公安局の者が盗聴していると、どういうわけかナターシャが軍に連行されました。

連行されたナターシャはツイという男と再会を喜び合いました。彼女の体には大金が巻かれています。

ジャッキーはナターシャが軍に連れ去られる様を目撃し、タクシーに乗って後を追いかけます。彼女が教会に入ったことを確認し、ジャッキーは公安局のマークに連絡を入れ、尾行を続けて欲しいとの指令を受けました。

ツイはマジェンコ少佐に会います。ナターシャを連行したのはマジェンコ少佐の特殊部隊でした。

ツイはマジェンコ少佐に必要経費を渡し、ミサイルと核弾頭、誘導装置をもらい受けます。

ジャッキーは車の後部座席に身を隠します。ツイたちが乗り込み、スイス銀行支店でナターシャが金が振り込まれているか確認するために降りました。

ツイはそのまま別の店に向かいます。ジャッキーも降りて、店の綴りをマークに報告しました。その店はゲレンデの入り口で、ツイはナターシャに連絡し、入金を確認します。ナターシャは小切手で振り込まれていて換金までに3日はかかると報告した後、公安局に捕まりました。

通話を終えたツイはスノーモービルに乗って立ち入り禁止区域に入ります。ジャッキーもスノーモービルを借りて、ツイを追いかけました。

ツイは男たちのいる小屋に入ります。ジャッキーは小屋の場所を連絡しました。

ツイは取引相手に、ちゃんと入金を確認するまでは核弾頭と誘導装置は渡さないとメールします。

男たちの1人がジャッキーの存在に気付きます。そのとき、マークたちがやってきて突入を試みました。

ツイはケースを手に取り、仲間であるはずの男たちに向かって発砲して小屋を出たところで、公安局に捕まります。その直後、雪の中から武装した男たちが出てきて、公安局に向かって発砲しました。

ツイがケースを持って逃走します。男たちのリーダーが奪えと命令しました。ツイを捕らえたマークは驚きます。彼らは知り合いでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

ラストの水中戦が見ものでした。ジャッキー対ロシアンマフィア、それに加えてサメまで来るという迫力ある映像です。ですがどこかコミカルな感じもして、そこがジャッキーらしいアクション映画だなと思いました。

映画の感想を投稿する

映画「ファイナルプロジェクト」の商品はこちら

IMAGE

ファイナル・プロジェクト ― スペシャル・エディション 2枚組 [DVD]

DVD > アジアンアクション映画
ワーナー・ホーム・ビデオ
ジャッキー・チェン(Unknown),ジャッキー・チェン(出演),トン・ピョウ(出演),スタンリー・トン(監督)

¥3,278
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20