映画:フルスロットル

「フルスロットル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

フルスロットルの紹介:2014年公開。凄腕の刑事と驚異的な身体能力を持つ男がタッグを組み、爆弾を阻止する姿を描いている。2004年の「アルティメット」のハリウッドリメイク作品。脚本はオリジナル版と同じで「96時間」のリュック・ベンソン。監督は「トランスポーター イグニッション」のカミーユ・ドゥラマーレ。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。彼の最期の主演作。

あらすじ動画

フルスロットルの主な出演者

ダミアン・コリアー(ポール・ウォーカー)、リノ・デュプリー(ダヴィッド・ベル)、トレメイン・アレクサンダー(RZA)、K2(ガウチー・ボーイ)、ローラ(カタリーナ・ドゥニ)、レイザー(アイーシャ・イッサ)、ジョージ・ザ・グリーク(カルロ・ロタ)、イエティ(ロバート・メイレット)

フルスロットルのネタバレあらすじ

【起】– フルスロットルのあらすじ1

フルスロットルのシーン1

画像引用元:YouTube / フルスロットルトレーラー映像

2018年のデトロイトは、暴力や犯罪が萬栄していて最も危険な街となっています。中でもブリック・マンションは立入禁止の無法地帯で、壁が建設されて隔離されている状態です。

市長は、ブリック・マンションに新たな建設計画を実行しようとします。悪い大人達が手を組む姿が映し出されます。

ブリック・マンションで麻薬を売っているトレメインから、リノは麻薬を盗み出して使えないように処理します。

取り返しにマンションにやってきたのは、トレメインの部下のK2達です。リノは彼等の隙をついて、屋根を飛び移りながら逃げることに成功します。

一方、トレメインは麻薬が再度必要になって、元締めのジョージに依頼をします。ジョージはと言うと、仲間になって1年になるダミアンを麻薬製造所に案内している所です。

しかし、ダミアンは潜入捜査官でした。時計につけているスイッチを操作して仲間を呼びます。

場所がバレたことに気づいたジョージは、車に乗って逃げることにします。追いかけるダミアンは、車を奪い取ってジョージを警察署に叩き込みます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フルスロットル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×