映画:ブラックパンサー

「ブラックパンサー」のネタバレあらすじと結末

ブラックパンサーの紹介:2018年公開。マーベルコミックス原作の黒人ヒーローが主人公の作品であり、共通の世界観を持つマーベル・シネマティック・ユニバースの第18作目。2016年公開「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で初登場したワカンダ国王ティ・チャラ/ブラックパンサーのその後を描く作品である。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へ向け、重要な意味合いを持つ作品である。

あらすじ動画

ブラックパンサーの主な出演者

ティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)、キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)、ナキア(ルピタ・ニョンゴ)、オコエ(ダナイ・グリラ)、エヴァレット・ロス(マーティン・フリーマン)、クロウ(アンディ・サーキス)、ウカビ(ダニエル・カルーヤ)、シュリ(レティーシャ・ライト)、エムバク(ウィンストン・デューク)、バッキー・バーンズ/ホワイトウルフ(アンソニー・マッキー)

ブラックパンサーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ブラックパンサーのあらすじ1

ブラックパンサーのシーン1 アフリカ大陸にある小さな国ワカンダ。小さな農業国であるこの国、実は世界的に見ても頭一つ抜けた超先進国。その他の国にはない高い技術を有する国ですが、他国との交流を絶っているため、世界はワカンダの正体を知らないままでした。ワカンダでは、全ての物質の中で最も硬いヴィブラニウムが大量に採掘されます。昔、隕石が現在のワカンダの位置に落下し、そこからヴィブラニウムが広がり、それを利用してワカンダは独自の成長を遂げたのでした。そして
2016年、そのワカンダの国王ティ・チャカが亡くなりました。ウィーンで行われた、アベンジャーズの登録を巡る「ソコヴィア協定」に関する会議の会場で、ヘルムート・ジモによる爆発テロに巻き込まれたためでした。その息子で、早くに父親からブラックパンサーを継いだティ・チャラがワカンダ国王に即位することになっていました。その王座即位の儀式のために、ワカンダ出身の元恋人ナキアを連れ戻し、ワカンダへ戻りました。
ワカンダには数種類の部族がいて、その中でもジャバリ族は山へ篭り、他の部族からも嫌われていました。そのジャバリ族を除いた部族が滝の流れる崖へ集まり、ワカンダ即位の儀式に参加します。その儀式では、前国王の血族の者が、ブラックパンサーの能力を消す薬を飲み、力を平等にした状態で、各部族に王座即位を認めるかを確認します。ティ・チャラも儀式に臨み、各部族に認められて無事に王座即位かと思われましたが、山奥から、族長のエムバク率いるジャバリ族がやってきました。エムバクが王座に挑戦するというのです。崖の上での一体一の対決。接戦になりますが、無事ティ・チャラがエムバクを降参させます。これにより無事に、ティ・チャラはワカンダ国王に即位しました。
国王に即位すると、ワカンダにあるハープ・シェイプド・ハーブというハーブを飲みます。これを飲むと他界した先祖に会い会話をすることができます。そこでティ・チャラは父ティ・チャカと再会。国王としての決意を固めました。

【承】- ブラックパンサーのあらすじ2

ブラックパンサーのシーン2 その頃、ロンドンの博物館で、ヴィブラニウムが使われている展示物が盗まれたとの情報が入ります。その実行犯はクロウ。ワカンダの素性を知る人物で、ヴィブラニウムを影で取引していました。彼が数人の仲間と協力し博物館を襲ったとのことでした。ティ・チャラはクロウに両親を殺害された友人ウカビに彼の逮捕を約束し、裏取引が行われるという韓国・釜山へ、親衛隊長オコエとナキアを連れ向かいます。
釜山の裏カジノ。そこには、ティ・チャラと顔なじみの人物がいました。CIAのロス捜査官です。彼もクロウに関しての情報を得て潜入していたのでした。彼と手を組み、韓国の街を壮絶なカーチェイスで駆け巡り、見事クロウを捕らえることに成功します。その後取り調べを行いますが、彼の仲間が爆弾を使い侵入、クロウを逃してしまいます。さらに、その際の銃弾がロスに直撃。彼の治療のため、クロウを諦め、ロスをワカンダへ連れて帰ります。それを知ったウカビはティ・チャラに対しての信頼を失います。
クロウを救出した仲間でしたが、そのうちの1人エリック・キルモンガーが他のメンバーを裏切り、クロウを殺害します。キルモンガーは実は前国王ティ・チャカの甥である、ワカンダ人でした。彼の父ウンジョブはスパイとしてアメリカへ渡りましたが、ワカンダから得た武器をクロウに渡していたことが発覚し、ティ・チャカにより殺害されていました。それにより、キルモンガーは母国を訪れることないまま成長していました。彼は父親は間違っておらず、自身たちの技術を他国へ渡さないワカンダが間違っていると信じ、ワカンダへ戻ることを決めたのでした。ワカンダを訪れたキルモンガーは、ウカビにクロウの遺体を見せます。キルモンガーを信用したウカビは、ティ・チャラの元へキルモンガーを連れて行きます。そしてキルモンガーは自分がウンジョブの息子であることを明かし、王座即位の儀式に挑戦すると宣言。周りは認めませんが、ティ・チャラはキルモンガーの挑戦を受けます。

【転】- ブラックパンサーのあらすじ3

ブラックパンサーのシーン3 王座即位の儀式が始まりました。ティ・チャラが優勢に進めるものの、キルモンガーが反撃をし始め、ついに形成逆転。気絶したティ・チャラを崖から落としてしまいます。キルモンガーが、ワカンダ国王に即位します。彼はブラックパンサーの力を得るハーブを飲み、残りを全て焼き尽くしてしまいます。そして自身の目的を果たすために、他国への武器の流通の手配をし始めます。
ティ・チャラを失った悲しみに暮れる母ラモンダ、妹シュリ、ナキアとオコエ。助けを求めてジャバリ族を訪ねようとしますが、王家に忠誠を誓ったオコエは残ります。ラモンダ、シュリ、ナキア、そしてロスはジャバリ族のエムバクを訪れます。キルモンガーがハーブを焼き尽くす直前、ナキアはハーブを1つ手に入れていたのでした。それをエムバクに飲んでもらい、キルモンガーを倒してもらう計画でした。エムバクの元を訪れると、ある場所に案内されます。そこには、気を失った状態のティ・チャラがいました。川を流れていたところをジャバリ族の漁師が発見していたのでした。彼にハーブを飲ませ、目を覚まさせます。

【結】- ブラックパンサーのあらすじ4

ブラックパンサーのシーン2 キルモンガーの指示の元、武器を乗せた戦闘機がいよいよ他国を目指して飛び立とうとしていました。そこへ復活してブラックパンサーとなったティ・チャラが現れます。対するキルモンガーもスーツを着用し、ブラックパンサー同士の対決が始まります。ヴィブラニウムが採掘される地下まで降りていく白熱の戦いは、ティ・チャラがキルモンガーの胸に剣を刺し終止符が打たれます。キルモンガーは最後に、父ウンジョブが言っていたワカンダの美しい夕日を見たいと言い、ティ・チャラと共に夕日を見ます。ティ・チャラは、今なら助かると言いますが、キルモンガーは獄中へ行くのは御免だと言い、自ら剣を抜き、命を落とします。
ティ・チャラは、ティ・チャカがウンジョブを殺害したアパートを買い取りました。そして、ワカンダの開国、技術の提供を宣言します。ただの農業国に何ができるのかと問われたティ・チャラは、笑みを浮かべます。
その頃ワカンダでは、ある男が目を覚ましていました。その男はバッキー・バーンズ。ヒドラによる洗脳をワカンダで解いていたのでした。

みんなの感想

ライターの感想

黒人のヒーローというのが大変に新鮮で、また、悪役であるキルモンガーを演じるマイケル・B・ジョーダンの演技も素晴らしかったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ブラックパンサー」の商品はこちら