映画:ブラックホークダウン

「ブラックホークダウン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ブラックホーク・ダウンの紹介:2001年制作のアメリカ映画。リドリー・スコット監督が、実際にソマリアで起こった15時間に及ぶ壮絶な激闘を映画化。敵地に取り残された兵士たちの姿を、圧倒的な臨場感で描き出す戦争映画。

あらすじ動画

ブラックホークダウンの主な出演者

マット・エヴァーズマン二等軍曹(ジョシュ・ハートネット)、ジョン・グライムズ特技下士官(ユアン・マクレガー)、ダニー・マクナイト中佐(トム・サイズモア)、ノーマン・ギブソン一等軍曹〔フート〕(エリック・バナ)、ジェフ・サンダーソン一等軍曹(ウィリアム・フィクトナー)

ブラックホークダウンのネタバレあらすじ

【起】– ブラックホークダウンのあらすじ1

1992年、東アフリカ・ソマリアでは、部族間の長年の抗争により、全土に飢餓が生じました。

30万もの民間人が餓死し、最強の部族を率いるアイディード将軍が、首都・モガディシオを制圧します。

国際援助の食糧を奪ったアイディード将軍は、飢餓を敵対する部族への武器に利用しました。

これに対し国際世論が動き、米国海兵隊2万人が出動し、食糧が配られ、一旦は秩序が回復します。

しかし1993年4月、海兵隊が撤退するのを待ち、アイディード将軍は国連平和維持軍に宣戦布告し、6月、アイディードの民兵が国連パキスタン兵24人を虐殺、米兵も攻撃対象となりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

  • kurata yokoさんの感想

    実際にソマリアで起きた事件をベースに製作された映画で、こんな残虐なことがあったのかと、衝撃を受ける内容です。
    米軍といえば圧倒的な強さをイメージしますが、そのイメージを半ば覆すような悲惨な状況。簡単で終わるはずだった作戦でも、こういった落とし穴があるのだと恐ろしく感じます。
    リドリー・スコット監督作品らしく、画の迫力や緊迫感は満点。またジョシュ・ハートネットやユアン・マクレガー、トム・ハーディ、オーランド・ブルーム等、有名な俳優も多数登場していて、見ごたえも十分です。
    アメリカ軍の強さと脆さと局地戦の恐ろしさを感じさせる、どんな方にもオススメの第一級の戦争映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ブラックホークダウン」の商品はこちら

IMAGE

ブラックホーク・ダウン [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のアクション映画
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
ジョシュ・ハートネット(出演),ユアン・マクレガー(出演),エリック・バナ(出演),ト…

¥747
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20