映画:ブレット・トレイン

「ブレット・トレイン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【結】– ブレット・トレインのあらすじ4

ブレット・トレインのシーン4

画像引用元:YouTube / ブレット・トレイントレーラー映像

 いよいよ次の米原駅で降りようとするレディバグですが、プリンスのバッグが座席に引っかかってしまい、結局降りず終い。

霧の中、エルダーが新幹線に乗り込みます。

そしてプリンスとレディバグの隣の席に座ります。

他の席が空いているのだから、近くに座らないでほしいとレディバグ。

しかしその時、ブームストラングヘビがレディバグに噛みつき、彼はトイレへ逃げ込みます。

プリンスと2人になったエルダーは、彼女の正体がわかっていることを話すと、途端に別車両へと逃げていきました。

一方ヘビを引き離し、なんとかトイレの便器へ突っ込んだレディバグ。

席に戻って自分の運の悪さをエルダーに話します。

するとエルダーはすべてのことは理由があり、運命なのだと彼に伝えたのでした。

かつてヤクザのボスだった峰岸の手下であったこと、峰岸や妻がホワイト・デスに殺され、復讐を誓ってきたことを話します。

その後エルダーとレディバグはキムラの監禁を解くためトイレへ向かうと、死んだはずのレモンが息を吹き返しました。

胸に防弾チョッキを仕込んでいたのでした。

レモンはタンジェリンが殺されているのを見つけ、レディバグを殺そうとしますが、エルダーは皆で協力しようと提案。

京都駅で待ち受けるホワイト・デスたちとの攻撃の準備を始めます。

そして京都駅に到着。

ホワイト・デスが車内に乗り込むと、正面にプリンスが立ちはだかります。

彼女は娘だったのです。

プリンスは父に銃を向けますが、彼は自分の進む道にお前はいないとその場を去り、プリンスはその場に呆然と立ち尽くすしかありませんでした。

レディバグはホームでブリーフケースを手下に渡しました。

そしてホワイト・デスは、これまでの経緯を話し始めます。

妻を殺されたのですが、その犯人はカーバーでした。しかし、今日は彼の代理であるレディバグ。

ホワイト・デスはレディバグをカーバーと勘違いしていたのでした。なんと運の悪い男なのか。

手下がブリーフケースの中を開けようとすると爆発、その爆風でレディバグはまたもレモンによって動き出した新幹線に乗ることに。

車内では手下たちとの死闘が繰り広げられ、レディバグを助けるため、レモンは手下とともに橋から川へと身を投げます。

その頃エルダーはホワイト・デスと対峙。エルダー劣勢かと思いきや、新幹線の急ブレーキがかかり、京都の街中へ突っ込んで行きます。

しばらくしてレディバグ、エルダー、キムラ、ホワイト・デスが生き残り、列車から外へ出ます。

そして銃を手にしたホワイト・デスが彼らに向けて発砲しますが、プリンスの仕掛けていた罠によって自爆。

めでたし…とその場を後にしようとすると、生き残っていたプリンスがホワイト・デスの後継者になるのだと叫び、彼らに銃を向けたのでした。

その瞬間、タンジェリンを運ぶトラックに轢き殺されてしまったのでした。

呆然のしているところへ、マリアがレディバグの元へ車で駆けつけます。

車で帰ろうとしますが、電柱が車を直撃し、車は大破。

結局歩いて京都の街を下りていくのでした。

(エンドロール)

川へと飛び込んだレモン。

死んだかと思われていたが、なんと再び彼は生きていたのです。

そして橋を通る車を強奪すると、それは偶然にもタンジェリンを運ぶトラック。

そのトラックで彼はプリンスを轢き殺したのでした。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ブレット・トレイン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×