映画:プライベートウォー

「プライベートウォー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

映画「プライベートウォー」の感想

ライターの感想

死と隣り合わせの戦場で目の前の人々の声に耳を傾けて、戦争に無関心な世間に現実を伝えようとするメリーの姿勢には、心を揺さぶられました。ショーンの「君が見るから僕らは見なくて済む」という正直な告白と、メリーの「私が見るからあなたたちは見なくていい」という言葉は、映画でこの惨状を見ている自分に深く突き刺さりました。現地で命を落とす戦場記者を自己責任などと切り捨てることが、いかに無知な行為であるかも本作を観るとわかります。ただ、自分の命を顧みず、時に周囲の人々を巻き込んでまで真実を追い求めようとするメリーの姿勢を、本作では無条件に賞賛しているわけではありません。好感が持てたのと同時に、何故彼女がギリギリの精神状態でも戦場に駆り立てられたのかは、おそらく誰にもわからないのだと思いました。
    1 2 3 4 5

    「プライベートウォー」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    こちらもおすすめ

    ×