映画:プリズンインポッシブル

「プリズンインポッシブル」のネタバレあらすじと結末

プリズン:インポッシブルの紹介:2017年に公開されたアクション映画です。人間核弾頭とも呼ばれるドルフ・ラングレン氏が主演を務めているので、ファンにとっては嬉しい作品だと言えるでしょう。ストーリーはほぼ牢獄内だけで展開され、麻薬王とその部下との対決が描かれています。物語そのものは非常にシンプルで、アクションシーンもそれほど多くはありません。ですがドルフ・ラングレン氏が主演していることもあって、一瞬一瞬のアクションは迫力があります。

あらすじ動画

プリズンインポッシブルの主な出演者

ジャック(ドルフ・ラングレン)、ノーマ(ジョスリン・オソリオ)、上院議員(ルイス・マンディロア)、タンク(アイザック・C・シングルトン・Jr)、プライス(コービン・バーンセン)、キャピタン(ルイス・ガティカ)

プリズンインポッシブルのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- プリズンインポッシブルのあらすじ1

プリズンインポッシブルのシーン1 メキシコ北部のバーで、1人の酔っぱらいが他の人に絡んでいました。その酔っぱらいはトイレへと向かいます。トイレでは男と女がイチャイチャしていました。
酔っぱらいは見張りを気絶させ、中にいた男に「ブツはどこだ」と問いかけます。酔っぱらいはブツ=USBメモリを奪い、仲間のビリーとノーマに渡して逃がします。
警察官がやってきたため、酔っぱらいは囮になり、そのまま連行されました。

カリフォルニア州サンディエゴ、上院議員が国境問題についてのインタビューを受けています。インタビューを終えた上院議員の元に、麻薬取締局のプライス捜査官がやってきました。
プライス捜査官は麻薬問題を解決するため、2つの作戦を遂行中です。彼は電話を受け、警察に向かいました。

プライス捜査官は取調室にいた酔っぱらいと話をしたいと言います。酔っぱらいの名前はジャック・スマイリーで、アメリカ大使館員です。
ジャックは麻薬王キャピタンの手下を襲ったのです。プライス捜査官は元部下であるジャックに余計なことをするなと釘を刺しました。
ジャックはメキシコ最悪の刑務所に送られることになり、プライス捜査官は議員に掛け合うから、3日間は耐えてくれと言います。

ジャックはハウラ連邦刑務所に送られ、牢屋の中に入ります。その頃、メキシコティファナの隠れ家にいるノーマはムショの金の動きを見て、、ジャックがわざと捕まったことに気付きました。彼女はプライス捜査官に連絡します。

【承】- プリズンインポッシブルのあらすじ2

プリズンインポッシブルのシーン2 ジャックは食堂で、他の囚人に絡まれます。囚人たちとの乱闘が始まりました。騒ぎを聞きつけた警察官がジャックを捕らえます。

麻薬王キャピタンの元に新しい警備員ヘクターが配属されました。

ハウラ連邦刑務所にジャックの仲間がやってきます。彼らは医者と工事の作業員の振りをして、刑務所の中へと潜入しました。
ノーマは治療という名目で、ジャックと話をします。彼女はジャックを牢屋から出し、ガスマスクを渡しました。
ビリーは仲間のタンクと共に刑務所内にガスをばら撒き、カメラを切ります。そこに警備員がやってきて正体がバレてしまい、警報がムショ内に響き渡りました。
刑務所全体が封鎖されます。ビリーが刑務所内のシステムの制御に成功し、武器庫破りに取り掛かりました。
ジャックはプライス捜査官に電話します。このハウラ連邦刑務所には麻薬王キャピタンのお金が隠されており、ジャックはそれを見つけるために捕まったのでした。
武器庫を破るには2時間かかること、キャピタンの元にコソ泥のヘクターを潜入させたことをジャックは伝えました。

プライス捜査官は別の仲間から、キャピタンがパーティーを開くという情報を入手します。

ジャックたちは警備員の服を奪い、行動を開始します。ロッカールームにいたタンクは、ジャックたちの呼びかけに答えません。
ようやくノーマの呼びかけに答えたタンクは着替えていたと言い、ジャックと合流します。

キャピタンは取引成立のため、金を必要としています。USBを奪われたと知ったキャピタンは怒り、ジャックを連れて来いと大声を上げました。
部下からジャックはハウラ連邦刑務所にいると報告を受け、焦ったキャピタンは刺客を送り込みます。

【転】- プリズンインポッシブルのあらすじ3

プリズンインポッシブルのシーン3 ジャックはビリーにタンクとはどこで会ったと尋ねます。ビリーは友人の紹介で出会った特殊部隊出身の男だと答えます。駐車場の警備員をタンクがボコボコにしたと聞き、ジャックは気を付けろと忠告しました。

プライス捜査官は隠れ家でUSBを発見し、ヘクターに会いに行きます。彼は新人のヘクターを見極めようとしていました。

ヘクターはキャピタンと話をします。キャピタンはヘクターがネイビーシールズにいたという経歴を言い当てました。
そしてキャピタンは麻薬取締局が特殊部隊を勧誘していたと口にします。その特殊部隊にはネイビーシールズも含まれていました。
キャピタンはヘクターの正体をすでに突き止めており、ジャックと仲間であることも知っていたのです。

ノーマのいる警備室に連絡が入りました。それはキャピタンからのもので、ジャックはヘクターが死んだと聞かされます。
ジャックは追手の正体を探るため、囚人に話しかけます。囚人は軍隊上がりの殺人集団オペレーターが来ると答えました。

ジャックはビリーに敵のことを伝え、ノーマの元に戻ります。タンクの姿はどこにもありません。
ジャックはタンクが何かを企んでいると睨んでいます。そのためタンクを信用していませんでした。
監視カメラの映像で、タンクがロッカールームにいることが分かります。ジャックはロッカールームに向かいました。

ジャックはロッカールームに行き、タンクが警備員を殺害していたことを知ります。警備員を殺す予定はなかったため、ジャックは怒りました。
タンクもまたジャックが強盗目的ではないと感じ、何者なのかと問い詰めます。
そのときノーマから外に人がいるという連絡が入りました。侵入者がやってきたため、ジャックとタンクが言い争いを一時中断し、敵と銃撃戦を始めます。
ノーマとビリーの近くにも敵が現れ、彼らは息を潜めました。

【結】- プリズンインポッシブルのあらすじ4

プリズンインポッシブルのシーン2 ノーマとビリーは敵に不意打ちを仕掛け、部屋から逃げ出します。囚人も牢屋の外に出ますが、何人かは侵入者に撃たれました。
ビリーは敵から逃げ続けます。ノーマも敵に追い詰められ、ピンチに陥りますが、ジャックに助け出されました。
ジャックとノーマ、ビリーは合流します。タンクは1人で先に逃げました。
ジャックたちは武器庫を開け、トランクを発見します。しかし中に金は入っておらず、彼らはハメられたことに気付きました。
ジャックはプライス捜査官に状況を報告します。その直後プライス捜査官の前にも追手が現れ、彼は殺されてしまいました。USBも奪われます。

作戦も失敗し、ジャックは1人どこかへと向かいます。ロッカールームではタンクが誰かと話をしていました。実はロッカールームにこそ金があったのです。金を運んだのはタンクが殴った警備員でした。
ジャックは電話の主は誰かと問い詰め、タンクと殴り合いに発展します。吹き飛ばされたジャックは拳銃を拾い、タンクを撃ち殺しました。
ジャックは金を持ち、ノーマとビリーの元に戻ります。さっさと逃げようとした矢先、刑務所内が真っ暗になりました。
敵が外から電源を切ったのです。ジャックは知り合いに協力を仰ぐことにしました。
その知り合いとは、ジャックに情報を提供した囚人のことです。その囚人から次に来るのは国際的な暗殺集団バスだという情報を得て、ジャックは他の囚人たちにも声をかけました。
その結果、ジャックたちはバスを倒すことに成功します。ところがタンクの雇い主である男にノーマが連れ去られてしまいます。

ジャックはビリーと共にお金を持って、その男に会いに行きました。その男の正体はなんと上院議員だったのです。
ジャックは金を渡しました。上院議員は自分は捕まらない自信があり、ジャックを「麻薬取締局をクビになったコソ泥」とバカにします。
ですがジャックは麻薬取締局をクビになってはいませんでした。彼が渡した金のバッグは偽物だったのです。
上院議員はジャックを殺せと命じますが、部下たちはさっさと逃げ出してしまいました。そこに今度は囚人たちがやってきます。
ジャックは囚人たちに後を任せました。囚人たちは上院議員を捕らえ、キャピタンの元にも仲間を送りました。
後がないと悟ったキャピタンは自殺します。

ノーマは「これが最後の任務だったはずなのに」と怒っています。ジャックはまだ任務を続ける気でした。
ビリーに説得され、彼らは次の任務へと向かいます。

みんなの感想

ライターの感想

意外と麻薬王がショボいなと思いました。大物なのかとも思っていましたが、物語を見ている限りは小物臭い感じがして、それほど強大な敵には思えませんでした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「プリズンインポッシブル」の商品はこちら