映画:プリズンインポッシブル

「プリズンインポッシブル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

プリズン:インポッシブルの紹介:2017年に公開されたアクション映画です。人間核弾頭とも呼ばれるドルフ・ラングレン氏が主演を務めているので、ファンにとっては嬉しい作品だと言えるでしょう。ストーリーはほぼ牢獄内だけで展開され、麻薬王とその部下との対決が描かれています。物語そのものは非常にシンプルで、アクションシーンもそれほど多くはありません。ですがドルフ・ラングレン氏が主演していることもあって、一瞬一瞬のアクションは迫力があります。

あらすじ動画

プリズンインポッシブルの主な出演者

ジャック(ドルフ・ラングレン)、ノーマ(ジョスリン・オソリオ)、上院議員(ルイス・マンディロア)、タンク(アイザック・C・シングルトン・Jr)、プライス(コービン・バーンセン)、キャピタン(ルイス・ガティカ)

プリズンインポッシブルのネタバレあらすじ

【起】– プリズンインポッシブルのあらすじ1

プリズンインポッシブルのシーン1

画像引用元:YouTube / プリズンインポッシブルトレーラー映像

メキシコ北部のバーで、1人の酔っぱらいが他の人に絡んでいました。その酔っぱらいはトイレへと向かいます。トイレでは男と女がイチャイチャしていました。

酔っぱらいは見張りを気絶させ、中にいた男に「ブツはどこだ」と問いかけます。酔っぱらいはブツ=USBメモリを奪い、仲間のビリーとノーマに渡して逃がします。

警察官がやってきたため、酔っぱらいは囮になり、そのまま連行されました。

カリフォルニア州サンディエゴ、上院議員が国境問題についてのインタビューを受けています。インタビューを終えた上院議員の元に、麻薬取締局のプライス捜査官がやってきました。

プライス捜査官は麻薬問題を解決するため、2つの作戦を遂行中です。彼は電話を受け、警察に向かいました。

プライス捜査官は取調室にいた酔っぱらいと話をしたいと言います。酔っぱらいの名前はジャック・スマイリーで、アメリカ大使館員です。

ジャックは麻薬王キャピタンの手下を襲ったのです。プライス捜査官は元部下であるジャックに余計なことをするなと釘を刺しました。

ジャックはメキシコ最悪の刑務所に送られることになり、プライス捜査官は議員に掛け合うから、3日間は耐えてくれと言います。

ジャックはハウラ連邦刑務所に送られ、牢屋の中に入ります。その頃、メキシコティファナの隠れ家にいるノーマはムショの金の動きを見て、、ジャックがわざと捕まったことに気付きました。彼女はプライス捜査官に連絡します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

意外と麻薬王がショボいなと思いました。大物なのかとも思っていましたが、物語を見ている限りは小物臭い感じがして、それほど強大な敵には思えませんでした。

映画の感想を投稿する

映画「プリズンインポッシブル」の商品はこちら

IMAGE

プリズン:インポッシブル [DVD]

DVD > 外国のアクション映画
アメイジングD.C.
ドルフ・ラングレン(出演),ルイス・マンディロア(出演),アイザック・C・シングルトン・Jr(出演),ジョスリン・オソリオ(…

¥3,400
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20