映画:プロジェクトイーグル

「プロジェクトイーグル」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

プロジェクト・イーグルの紹介:1991年に香港で製作されたアクションコメディ。1986年の「サンダーアーム 龍兄虎弟」の続編にあたる作品で、トレジャーハンター「アジアの鷹」の活躍を再び描いていく。監督、脚本、主演はジャッキー・チェンが務めた。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

プロジェクトイーグルの主な出演者

アジアの鷹(ジャッキー・チェン)、エイダ(ドゥドゥ・チェン)、モモコ(池田昌子)、エルサ(エヴァ・コーボ)

プロジェクトイーグルのネタバレあらすじ

【起】- プロジェクトイーグルのあらすじ1

神の秘宝をめぐる邪教集団との戦いから時が経ち、トレジャーハンター「アジアの鷹」ことジャッキーは今日も世界の秘宝を求めて旅を続けていました。そんなある日、ジャッキーはスペインのマドリードにいる伯爵から呼び出されることに。伯爵はある任務を国連から指示されていました。それは、ナチスドイツが戦中にアフリカに隠した金塊2.5トンを発見すること。白人同士の利害がからむこの問題の解決は、伯爵は東洋人ジャッキーに任せたいと考えたのです。

金塊の保管庫を開けるための鍵を伯爵に託され、ジャッキーは同じく東洋系の女性で砂漠の専門家エイダとともにアフリカ出発の準備を進めることに。それと並行してジャッキーは、金塊管理の任務にあたり、その後アフリカで消息を絶った将校ハンスの子孫探しにも乗り出しました。ハンスの孫娘エルサは意外にもジャッキーのすぐ近くにいました。ジャッキーは偶然エルサを見つけますが、そのときちょうどエルサは金塊を狙うアラブ系の男二人組に襲われていました。二人組が少々間抜けだったことも助かり、ジャッキーは男たちを撃退、エルサは事態を飲み込めずただ困惑していました。

翌日、今度はジャッキーが昨日の二人組とは別の謎の男たちに追われてしまいます。ジャッキーはバイクに乗って車で追走する男たちを翻弄し、海へと突き落としたものの、この任務が予想以上に危険なものであることを理解しました。

そして、アフリカに出発する当日。伯爵の部下数人が準備する中、その中にエルサの姿もありました。ハンスの孫娘として金塊探しに協力したいというのです。エイダはエルサの急な飛び入り参加に明らかな不快感を示し、ジャッキーはエイダとエルサの険悪な雰囲気に疲れてしまいます。そんな中、迷彩柄の服を着た男二人組が滞在先のホテルでくつろぐジャッキー一行を襲ってきました。男たちは地図と鍵を強奪しようと銃をつきつけ脅迫してきましたが、ジャッキーだけでなく、エイダとエルサも奮闘し、男たちを撃退することに成功します。

【承】- プロジェクトイーグルのあらすじ2

その後旅を再開しサハラ砂漠を進んでいると、一行はモモコという名の日本人と出会います。モモコはジャッキーとはスペインで一度面識があった女性で、以降旅に帯同することに。その夜のことでした。ジャッキー一行は寝ているところを山賊に襲われ、エイダとエルサが連れ去られてしまいます。二人はあやうく砂漠の金持ちに売り払われるところでしたが、すぐにかけつけたジャッキーとモモコに救出されました。しかし、野営地に戻ると、そこにはともに旅をした伯爵の部下たちの死体がありました。ジャッキーたちを狙う謎の組織はすぐそこにまで近づいたのです。

その後、一行は地図に記された金塊基地の場所を発見、そこには巨大な神殿のような建造物がありました。アフリカ部族の怒りに触れることを恐れたモモコは残ることを決め、ジャッキーたちは三人で建造物の中へと侵入していきました。モモコが予想した通り、アフリカの部族が襲い掛かってきましたが、その攻撃を避けているうちに一行は地下に転落してしまいます。ライトをつけると、壁にはドイツ語が記されており、一行はこの空間が金塊基地であることに気づきます。中に進むと、ハンスと思しきミイラ化した死体もありました。日記を読むと、ハンスは任務完了後に部下17人を毒殺するよう指示を受けており、悩み苦しんだ思いが綴られていました。

【転】- プロジェクトイーグルのあらすじ3

ところが、よく調べると部下の死体は一体足らず、そのうえ、ハンスは何者かによって刺殺されていたことが判明します。ジャッキーたちが困惑していると、そこにアドルフと名乗る車いすに乗った老人が大勢の武装した男たちを引き連れ現れました。その中には、捕らわれたモモコの姿もありました。アドルフは戦中にあったことを語り出しました。渡された毒を拒んだこと、それを理由にハンスに足をつぶされたこと、その復讐にハンスを殺害したこと…そして今、アドルフは大勢の傭兵を雇い、この金塊を奪い取ろうとしていました。

ジャッキーたちは数的に圧倒的に不利でしたが、基地内の複雑な構造を利用してジャッキーは敵を一人一人倒していきました。エイダたち女性陣も力を合わせて戦い、一時は形勢を逆転したかに見えましたが、不意打ちを受けアドルフの前にひざまずく羽目に。やむなくジャッキーたちは伯爵に託された鍵と、ハンスの日記に書かれたヒントを基に金塊保管庫の鍵を開錠しました。すると、そこには大量の金塊がありました。

しかし、傭兵たちは金塊に目がくらみ、雇い主であるアドルフへの忠誠心を果たそうとせず、金塊を我が物にしようとしていました。これに激怒したアドルフは基地の設備を操作し、リーダー格の二人の傭兵を風洞へと突き落としてしまいます。そのとばっちりを受け、ジャッキーも風洞に転落、風洞内の激しい風にさらされながら傭兵たちと戦うことになってしまいます。

【結】- プロジェクトイーグルのあらすじ4

エイダたちは制御室に行き、ジャッキーを救おうとしますが、風の流れが極端に変わるばかり。ジャッキーはそんな中でも風を最大限に利用して男たちを倒しますが、大きな問題がまだ残っていました。エイダたちは自爆装置を謝って作動させてしまっていたのです。アドルフは突然良心を取り戻し、ジャッキーたちを救出させようと風洞から通風孔を経由して外に出ることを提案。自身は基地内で風洞内の風力を制御し続け、その後はかつての仲間たちと静かに眠りたいと望みました。ジャッキーたちは老人の思いを受け入れ、すぐに風洞内へと移動。アドルフの風力操作は見事成功し、ジャッキーたちは外へと吐き出されていきました。

それからすぐに基地は大爆発、砂漠に投げ出されたジャッキーたちは急いで避難しました。すると、エイダのポケットから金塊一個が出てきました。「残念賞ね」と落胆していると、そこにあの間抜けなアラブ系二人組が現れました。ジャッキーは二人に金塊を引き渡しますが、二人は「欲しいのは水だ」と叫び、まったく金塊に興味を示しません。二人は水分を失い、ずいぶん長い事さまよっていたようでした。「人の欲って不思議だ」と語りながら、ジャッキーはエイダたちとアラブ系二人組を連れ、オアシスを探し始めるのでした。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

激しい風にさらされながらの格闘シーンはユーモアあり、迫力ありで、とても楽しめました。ジャッキー・チェンの映画はいつも新しい戦闘シーンを見せてくれていますが、今回は特に斬新でおもしろかったと思います。また、悪役もいつものような小物ではなく、苦しい過去を抱えつつも最後は善人に戻るという老人だったこともいい意味で驚かされました。突然の豹変には少し困惑しましたが、基地が爆発する中老人が見せた表情は哀愁が漂い、戦争の悲劇性を実感させてくれる場面でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「プロジェクトイーグル」の商品はこちら