映画:プロジェクトA

「プロジェクトA」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

プロジェクトAの紹介:20世紀初頭の英国植民地下の香港で、多くの被害をもたらしていた海賊を退治しようと奮戦する海上警察の活躍を描く。1983年香港。監督、脚本、武術指導:ジャッキー・チェン、製作:レイモンド・チョウ。ジャッキー・チェンはスタントマンを使わないことで知られ、本作の“時計台落ち”はジャッキーの作品の中で最も有名なアクション・シーンである。撮影のため25mの高さの時計台から3回落下し、最初の1回目で頭から落ちて大怪我を負った。

あらすじ動画

プロジェクトAの主な出演者

ドラゴン・マー(ジャッキー・チェン)、フェイ(サモ・ハン・キンポー)、ジャガー・ホン(ユン・ピョウ)、パール(イザベラ・ウォン)、サン[海賊の首領](ディック・ウェイ)、海上警察司令官(ラウ・ハクスン)、チー総監(クワン・ホイサン)、ひょうきん(タイ・ポー)、大口(マース)、チョウ(ウォン・ウェイ)、リー(リー・ホイサン)

プロジェクトAのネタバレあらすじ

【起】– プロジェクトAのあらすじ1

20世紀初めの英国植民地下の香港では、海賊が船を襲って荒らし回り多大な被害が出ていました。

海上警察は何度も討伐に向かいましたが失敗続きで、香港総督やチー総監から「予算ばかり使って海賊のアジトも突き止められない」と叱責されます。

今度こそはと海賊退治に出撃する前夜、酒場で壮行会をしていた海兵たちに陸上警察の警官たちが絡んで来ます。

海兵隊長のドラゴンはその場を収めようとしますが、新任の陸上警察隊長ジャガーに挑発されてケンカになり、酒場は陸海軍入り乱れての大乱闘になります。

全員が騒乱罪で逮捕されますがジャガーはチー総監の甥だったので逮捕を免れ、海兵たちも海上警察司令官の口利きでなんとか釈放されます。

いよいよ海賊退治に出航!という時に、3隻の海軍船のうちの2隻が爆破されて中止になります。

怒った総督は海上警察を廃止して陸上警察に統合し、ドラゴンたち海兵はジャガーの下に配属されて毎日嫌がらせのような無茶なしごきを受けることになりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「プロジェクトA」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×