映画:プロジェクトA2史上最大の標的

「プロジェクトA2史上最大の標的」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

プロジェクトA2 史上最大の標的の紹介:1987年に公開された香港のアクション映画です。「プロジェクトA」の続編ですが、本作からでも十分に楽しめるようになっています。ジャッキー・チェン氏主演の作品で、アクションシーンが満載です。なお日本の試写版においてはドラゴンが刑務所長に連れられた際、死刑囚とすり替えられるという描写が存在しており、処刑寸前のところを潜入していた革命軍が助けるというものでした。そして刑務所長はチン署長に口封じで殺害されるはずだったのですが、ラストのアクションシーンを充実させるためこのくだりはすべてカットされたそうです。

あらすじ動画

プロジェクトA2史上最大の標的の主な出演者

ドラゴン(ジャッキー・チェン)、サンサン(マギー・チャン)、ソウリン(カリーナ・ラウ)、ホー(ケニー・ホー)、警察局長(トン・ピョウ)、チン署長(クワン・ホイサン)

プロジェクトA2史上最大の標的のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- プロジェクトA2史上最大の標的のあらすじ1

プロジェクトA2史上最大の標的のシーン1 前作でドラゴンに敗れた海賊たちは復讐を誓います。

お店で強盗が発生しました。近くにいたチン署長が、強盗を捕まえます。店主が死んだため、銃殺も止むを得ないと聞き、強盗は逃げました。
チン署長は強盗を射殺します。死の間際、強盗は話が違うと叫びました。

警察の会議が始まります。新聞に載ったことで、チン署長が事件をでっちあげたという記事が明るみに出たのです。
上層部は話し合い、3つの地区を担当するチン署長を切ることにします。司令官は後任としてドラゴンを推薦しました。

チン署長はサイワン地区を外されます。

お店にいたドラゴンたちにサンサンという女性が話しかけます。ドラゴンたちは花を買いました。
サンサンは革命軍の一員で、警察から追われていたのです。警察は革命と称して資金を集めていたと言い、サンサンといとこのソウリンを捕まえようとしました。
彼女たちを助けるため、ドラゴンは花を買ったのではなく、目印として差しているだけだと偽り、警察を追っ払いました。
サンサンたちはドラゴンたちも警察だと知り、お店を去ります。その直後、彼女たちの金に目をつけた強盗に襲われました。
ドラゴンたちがすぐに強盗を捕まえます。警察がやってきて、全員連行されます。
強盗は警察と癒着のある組織の一員でした。そのため強盗はお咎めなく外に出され、新任署長のドラゴンは不正を正すために動き始めます。

不正に加担している警察は我々の気持ちとして、ドラゴンに金を渡します。ホーという男だけは金を出しませんでした。
ドラゴンはホーを呼び出します。ホーは1人だけ賄賂を受け取っておらず、金を持っていませんでした。
ドラゴンはホーからギャングのボスであるタイガーがサイワン地区を牛耳っているため、検挙率が低いということを聞き、捕まえに行こうとします。ところがタイガーと不正している警察は誰も参加しようとしません。
ドラゴンは一旦作戦を中止し、水上警察に助力を仰いで、信用できる仲間だけで行くことにします。

【承】- プロジェクトA2史上最大の標的のあらすじ2

プロジェクトA2史上最大の標的のシーン2 水上警察は演習に出ていました。そのためドラゴンは3人の仲間とホーを引き連れ、タイガーの店に乗り込み、客を外に出しました。
タイガーとその部下はドラゴンをバカにします。ドラゴンたち5人は敵に周囲を囲まれ、乱闘をおっぱじめます。
数の暴力に押され、ドラゴンたちはピンチに陥りました。ドラゴンは諦めずに敵に立ち向かいます。
そのとき水上警察が到着しました。司令官は海賊がいると聞いたとうそぶき、ドラゴンたちと協力してギャングを連行します。
ドラゴンはタイガーとその側近を呼び止め、2人がかりで俺を倒すことが出来たら、見逃してやると口にします。結果、ドラゴンが勝ちました。

サイワン地区の警察署で、チン署長が荷物を整理しています。タイガーが逮捕されたことを知り、不正に携わっていた悪徳警官たちはチン署長ではなく、ドラゴンを信じるようになりました。誰もチン署長の言葉は聞かず、ドラゴンの命令で動き出します。
チン署長は悔しそうな表情を浮かべ、その場を後にしました。

ドラゴンは警察局長から、保安指令の娘の誕生会の警備を任されます。

革命軍の1人が身分を偽り、チン署長と共にパーティ会場から装飾品を盗む計画を立てます。彼らは銃を手に入れることが目的でした。

革命軍の中に裏切り者がいて、ソウリンを捕らえてはどうかと清朝の武官に進言します。

ドラゴンたちが警備しているパーティー会場に、サンサンとソウリンがやってきました。彼女たちは保安指令の娘の友人だったのです。
ドラゴンはマンという招待客の男が怪しいと睨みました。マンはチン署長の協力者で、装飾品を盗もうとしていたのです。
マンはこっそりとパーティー会場を抜け出し、装飾品を盗むため、建物の壁を登り始めました。
ドラゴンは部下からマンの姿が見えないと報告を受け、男の姿を探すことにします。

ドラゴンはマンの姿を見かけ、その後を追いかけます。マンが入ったのは保安指令の部屋でした。革命軍の女性が保安指令を引き付けている間にマンが装飾品を盗みます。
ドラゴンは泥棒だと声を上げ、保安指令も装飾品を盗まれたことに気付きました。
パーティー会場にたどり着いたドラゴンはソウリンにぶつかってしまいます。マンが姿を現したため、持ち物検査をすることに。
マンは公平を期すため、ドラゴンも持ち物検査を受けるべきだと主張しました。警察局長がドラゴンを調べると、胸ポケットから装飾品が見つかります。
チン署長がドラゴンを問い詰めようとしたとき、保安指令が泥棒騒ぎは余興だと言って、騒ぎを沈めました。

【転】- プロジェクトA2史上最大の標的のあらすじ3

プロジェクトA2史上最大の標的のシーン3 サンサンとソウリンは帰り道、ドラゴンに申し訳ないことをしてしまったと話をします。胸ポケットに装飾品を入れたのはソウリンでした。
サンサンが目を離した瞬間、何者かの手によってソウリンがさらわれます。近くにいたドラゴンの仲間に、サンサンはソウリンが消えたと伝えました。

ホーはマンと踊っていたソウリンが怪しいと言い、容疑者となったドラゴンと共に捜査に乗り出します。
その矢先チン署長と出会いました。ホーは捜査の一環としてドラゴンを同行させていると言い訳しますが、その言い分は通じず、チン署長は手錠で腕を繋げと命令します。
ドラゴンとホーは手首を繋ぎ、ソウリンの家を尋ねました。ソウリンの家には、彼女を捕まえた誘拐犯たちが身を隠しています。
サンサンとマンもソウリンを探しに来ていました。ドラゴンとホーがやって来たため、マンは隠れます。
2人がトイレに行った隙にマンは家を出ようとしますが、今度は警察局長が訪ねてきました。
ドラゴンとホーは内緒で捜査していため、警察局長に見つからないように動きます。サンサンも手助けしました。
すると同じく逃げ回っていたマンが誘拐犯に見つかってしまい、銃口を向けられます。
ドラゴンとホーは手錠を外し、それぞれベッドとクローゼットに隠れました。しかしクローゼットには誘拐犯とソウリンも隠れており、ホーは捕まってしまいます。
ドラゴンはベッドの下から怪しい人物を見かけました。今度はチン署長がやって来て、仕事中だった警察局長もベッドの下に隠れます。
ドラゴンと警察局長はベッドの下でお互いに気付き、敬礼を交わしました。そうしてドラゴンはクローゼットに何者かが潜んでいることを身振り手振りで伝えます。
サンサンはチン署長を追い払いました。ソウリンとホーを助けようとしたドラゴンは2階にも怪しい人物がいるのに気付きます。
警察局長とサンサンは歌で音を誤魔化し、その間にドラゴンが2階の誘拐犯たちをやっつけます。
ソウリンとホーも助け出しました。誘拐犯の正体は清朝の密偵で、革命軍を一掃しようとしていたのです。

【結】- プロジェクトA2史上最大の標的のあらすじ4

プロジェクトA2史上最大の標的のシーン2 密偵たちを連行しようとしたドラゴンはチン署長に見つかりました。チン署長は自分とドラゴンの腕を繋ぎ、刑務所に連行しようとします。
その前に海賊の残党が現れました。鍵がないため、ドラゴンとチン署長は一緒に逃げます。
そこに通報を受けた警察がやって来たため、海賊の残党は姿を消しました。

チン署長は刑務所長と出会い、ドラゴンを引き渡します。その姿をマンたち革命軍が見ていました。
刑務所長はドラゴンを簀巻きにし、川に放り投げます。革命軍たちが助けに入りました。

海賊のリーダーは病気にかかり、復讐を考えるべきではなかったと後悔します。

チン署長は密偵と話し合いの場を設け、革命軍の一掃に協力すると約束します。

マンたちはチン署長の頼みで罪を擦り付けたことを申し訳なく思っていたため、ドラゴンを助けたのでした。
マンはドラゴンに革命の協力を仰ぎます。ドラゴンは正義のために法を犯してはならないと断わり、彼らは握手を交わして別れました。

海賊たちが薬を買いに来ます。金がなくて困っている海賊を見て、ドラゴンが薬代を代わりに払いました。
店の外に出たドラゴンはサンサンが襲われているのに気付き、革命軍に逃げろと伝えました。
ドラゴンとマンたちは協力して、チン署長の部下や密偵と戦います。
ですが数に押され、革命軍の大事な名簿が奪われました。革命軍は連行され、チン署長はドラゴンを殺すため、レバーペーストを作る機械に放り込みます。
ドラゴンは一瞬のスキを突いて逃げ出し、反撃を始めました。その騒ぎに乗じて、革命軍も逃げ出します。
サンサンたちはドラゴンに名簿を託しました。ドラゴンに追手が迫ります。追手の追撃をかわすドラゴンでしたが、次第に追い詰められていきました。
そのとき海賊の残党が現れ、追手を追っ払います。

チン署長と密偵の前に、警察局長率いる部隊が現れました。刑務所長はすでに捕まっており、チン署長を捕らえに来たのです。
チン署長は逃げ出し、ドラゴンは看板を倒して、食い止めます。密偵は警察局長に、部下の釈放を求めました。
それを聞いた警察局長は密偵を殴ります。海賊の残党は「俺たちの目的は敵討ちだ」と、ドラゴンに軽く斧の刃先を当て、「これで敵討ちは終わった」と帰っていきました。
すべてが終わり、ドラゴンは気をつけと叫び、警察は姿勢を正します。

みんなの感想

ライターの感想

海賊の残党が助けに来るというシーンが良かったです。ラストの復讐は終えたというシーンもシャレが利いていて、良いキャラたちだなと思いました。それとやっぱりジャッキー・チェンのアクションは素晴らしいです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「プロジェクトA2史上最大の標的」の商品はこちら