「ベテラン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【結】– ベテランのあらすじ4

ベテランのシーン4

画像引用元:YouTube / ベテラントレーラー映像

そこへ総警が現れ室長は助けを求めようとするが逆に平手打ちを喰らい、警察に刃向かった黒幕を連れてこい!と言い捨てて出て行く。

殺人教唆で一気に形成逆転だと笑うドチョル。

常務からの報告にイラつきゴルフクラブで犬を叩き殺してしまう。

一方、ドチョルはぺさんの奥さんと会い、ぺさんの最後のメールに違和感があると言う話を聞いている。

テオと常務は会長とご飯を食べている。会長は常務に刑事と運転手の件を,引き受けろと話し全てが終わったらシンジン・モーターズを譲ると話す。

自首してきた常務が取調室に来ているのを見てドチョルは乱入するが、もう常務が犯人で全て話が進んでしまっている。

ドチョルはユン刑事が入院している病院にいるチームの面々を訪れ、やはり自殺でないと言う時間の矛盾を見つけ、チーム長にあと一日時間が欲しいと掛け合う。

常務の面会に来ているドチョル。ぺさんの件については戻ってきたぺさんにテオが手を出して殺してしまったんだろうと話し、それでも余裕の常務に証人がいると話し、骨を折られた警備主任が入ってくる。常務はそれでも余裕の表情で、テオは今日海外に行くと笑い確保することができるか、私はこの時間に投資したんだと言う。ドチョルは俺に投資すべきだったなと怒鳴る。

パーティ会場。総警を無理やり説き伏せて会場にやってくるドチョル達。無理やりに中に入って行くドチョル達。中ではクスリが使われている。テオは妊娠したと言っていたダヘに無理やりにクスリを打って気絶させる。

ドチョルは単身でテオを追いかけて行く。テオはパトカーやバイクをはねながら暴走していく。ドチョルもバイクでテオを追いかけ、最終的にバイクを巻き込み車を止めて公衆の面前で一気に罪状を読み上げる。逆上したテオがドチョルに暴行を働くが、ドチョルはカメラを気にして手を出さない。すると暴行罪も追加だとテオを誘い、正当防衛だと殴りかかる。それでも強いテオだが最終的に手錠を嵌めてしまう。すると遅れてチーの面々がやってきて遂にテオは確保される。

テレビではテオ達何逮捕されたことが放送されている。病院でテレビを見ているぺさんの妻と息子。

病室ではぺさんの指がかすかに動く。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ベテラン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×