映画:ペイルライダー

「ペイルライダー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

ペイルライダーの紹介:クリント・イーストウッド監督、製作、主演の西部劇ドラマ。ゴールドラッシュに沸くカリフォルニアを舞台に、牧師風の謎の男が悪徳経営者に苦しめられる開拓民を救う姿を描いていく。タイトルのペイルライダーは、ヨハネの黙示録に登場する死を司る騎士を意味する。1985年アメリカ製作。

ペイルライダーの主な出演者

牧師(クリント・イーストウッド)、バレット(マイケル・モリアーティ)、サラ(キャリー・スノッドグレス)、ジョシュ(クリストファー・ペン)

ペイルライダーのネタバレあらすじ

【起】– ペイルライダーのあらすじ1

物語の舞台はゴールドラッシュ時代のカリフォルニア、カーボン谷という鉱山地帯。この地域に暮らす開拓民たちは長い間砂金を採掘する暮らしを続けてきましたが、このところ、ラフッドという悪徳経営者の手下たちから襲撃を受けるようになっていました。ラフッドはカーボン谷を開拓民から奪おうとしており、開拓民の多くはラフッドの襲撃を恐れ、移住を考えるようになっていました。

開拓民の一人、バレットという男はラフッドの脅しに屈すまいと考えていましたが、ラフッド一味の暴力的な行為はエスカレートしていくばかり。恋人のサラはバレットの血気盛んさを心配していましたが、サラの連れ子のメーガンはバレットと同様、徹底抗戦を考えていました。メーガンは先の襲撃で愛犬を殺されており、祖父の代から暮らすこの土地を奪おうとするラフッドのことを憎悪していたのです。

そんなある日、バレットが一人で街に買い出しに出かけたときのことでした。バレットはラフッドの手下たちに取り囲まれ暴力を受けますが、そんな中、一人の男がバレットを助けに現れました。男は手下たちを蹴散らしバレットを救出、バレットはせめてものお礼にと自宅に男を招き入れました。

バレットが男を連れて家についたとき、メーガンはちょうどヨハネの黙示録を朗読していました。子羊が第四の封印を解いたとき、青白い馬が現れ、乗っている者の名は「死」という…この節の途中でメーガンは見知らぬ男が来たことに気づき、朗読をやめました。

サラは見知らぬ男を家に入れることに拒否感を覚えますが、男の格好を見てその考えを改めました。男は牧師のような服装をしていたのです。バレット、サラ、メーガンは男に親しげに接し、精一杯のもてなしをしました。男は名を名乗らなかったため、バレットたちは男を牧師と呼ぶようになりました。バレットは牧師に信頼を寄せていましたが、唯一気になる点がありました。牧師の背中には何発もの銃弾の痕があったのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ペイルライダー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×