「ホワイトハウスの陰謀」のネタバレあらすじと結末の感想

アクション映画

ホワイトハウスの陰謀の紹介:1997年製作のアメリカのスリラー映画。原作は、第33代大統領トルーマンの娘マーガレット・トルーマンの著した「ホワイトハウス殺人事件」。主人公の刑事をウェズリー・スナイプス、ヒロインのシークレットサービスをダイアン・レインが演じている。

ホワイトハウスの陰謀の主な出演者

リージス刑事(ウェズリー・スナイプス)、ニーナ(ダイアン・レイン)、ジョーダン(アラン・アルダ)、スパイキングス(ダニエル・ベンザリ)、ニール大統領(ロニー・コックス)

ホワイトハウスの陰謀のネタバレあらすじ

【起】- ホワイトハウスの陰謀のあらすじ1

アメリカ軍兵士数名が北朝鮮に拉致されたというニュースが国中の関心事となっている頃、ホワイトハウスで女性が惨殺されるという事件が発生しました。事件の犠牲者は25歳のカーラ。ホワイトハウスで働く職員です。その捜査に当たることとなったのは、リージス刑事。州際通商委員会から自宅アパートの立ち退き命令を受けていることにリージスは頭を悩ませていましたが、カーラ殺害事件はそれ以上に厄介なものでした。

まず不可解なのは、シークレットサービスのホワイトハウス警備主任スパイキングスが捜査に非協力的な姿勢を貫いていることでした。そのうえ、スパイキングスは清掃係のルケイジを犯人に仕立て上げようとしていました。捜査に困窮したリージスは、シークレットサービスの女性職員で、射撃競技でオリンピック金メダルを獲得した経験を持つニーナに協力を求めます。しかし、上層部の圧力を受けていたニーナは、リージスの求めに応えることができずにいました。そして、独力で捜査を続けるリージス自身にも危険が忍び寄っていました。リージスは何者かに監視されるようになっていたのです。

【承】- ホワイトハウスの陰謀のあらすじ2

リージスは何者かの監視を受けながらも捜査を継続し、カーラについて詳細な情報を獲得します。カーラはニール大統領の息子カイルと恋人関係にあったのです。さらに、カイルは大統領官邸でセックスするのを好み、その場には父である大統領も参加することがあったといいます。そして、カーラはバージン諸島で新しい人生を計画していたことが判明。リージスは事件の真相を解明するため、ニーナに再び捜査協力を求めます。このままでは無実の人間が刑務所送りになるというリージスの言葉に心を動かされたニーナは、協力に応じることを決意。ニーナはシークレットサービスに保管されているカーラの遺品を盗み出すことに成功しますが、それはすぐに上層部が知ることとなり、ニーナは追われる身となってしまいます。

しかし、ニーナの労苦は貴重な情報をリージスにもたらしました。遺品を調べた結果、カーラは大統領の息子カイルとのスキャンダルを世間に知らしめようとしていたことが判明したのです。この事実は、殺しの動機になるには十分すぎるものでした。しかし、カイルはカーラ殺しを否定、犯人探しは振り出しに戻ってしまいます。

【転】- ホワイトハウスの陰謀のあらすじ3

頭を悩ませるリージスに、ニーナが事件当時の様子を語り始めました。いつも大統領夫妻のそばを片時も離れない愛犬が、カーラの死体が発見されたときホワイトハウスにいたといいます。つまり、事件当時、ホワイトハウスを不在にしていたとされる大統領夫妻は、実際には邸内にいたというのです。二人が新たな事実に気づいたとき、突然何者かが二人を襲撃します。車だけでなくヘリにまで二人は追われますが、ニーナは天才的な射撃術で車とヘリを撃退。追ってきた者が何者かは不明なままでしたが、二人を邪魔に思う巨大組織が存在することは明らかでした。

明朝、リージスは国家安全保障局のトップを務めるジョーダンを訪ねます。ジョーダンは大統領夫妻が当時ホワイトハウス内にいたことを認めましたが、それには正当な理由があったと言います。北朝鮮のアメリカ軍兵士の拉致事件で消極的な対応に徹したことで、大統領の支持率は下がっており、そのうえ大統領が滞在する中ホワイトハウスで殺人事件が起きたということが判明すれば、ますます大統領の弱さが露呈してしまう…ジョーダンは北朝鮮対策を見据えて大統領不在を偽装したというのです。ジョーダンはさらに有力な情報をリージスに伝えます。スパイキングスが怪しい動きを見せているというのです。

【結】- ホワイトハウスの陰謀のあらすじ4

スパイキングスの自宅をリージスが訪ねると、スパイキングスは事件当時の監視ビデオを見せようとしました。その瞬間、謎の男がスパイキングスを射殺、リージスたちは応戦するも謎の男を取り逃してしまいます。ビデオの中に映っていたのは、事件直前にホワイトハウスに入っていくジョーダンとさきほどの謎の男でした。ジョーダンは何らかの目的のためにカーラを殺害、そしてその証拠映像を入手したスパイキングスまでも殺害したのです。

二人はジョーダンの陰謀を止めようとホワイトハウスへと向かいますが、すでにジョーダンは動き出していました。カイルのカーラ殺害を見逃す代わりに、大統領を辞任しろと大統領を脅していたのです。ジョーダンが仕組んだ嘘を信じた大統領は息子のために辞任を決意。ジョーダンの狙いは、自分の影響下にある副大統領を大統領に昇格させ、北朝鮮侵攻を開始することでした。ジョーダンは、平和よりも正義を優先すべきという過激な思想を持っていたのです。大統領辞任会見が迫る中、リージスはニーナを囮にしてなんとかホワイトハウスに侵入し、大統領に真実を伝えることに成功します。

逮捕されることになったジョーダンは最後の悪あがきで大統領に銃を向けますが、その銃弾は大統領をかばったニーナに当たり、ジョーダンは射殺されるのでした。陰謀を阻止したリージスたちに恩返しをしたいという大統領の言葉に甘え、リージスは自らの窮状を訴えることにします。それは、立ち退きを求められている自宅アパートの問題でした。大統領はリージスの望みに真剣に耳を傾けるのでした。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

当時アラサーのダイアン・レインがヒロインを演じていますが、アクションシーンを含め気品のある美しさを見せてくれています。見どころは、ヘリの照明を銃撃で破壊するシーン。緊迫した状況の中でダイアン・レインが見せる鋭いまなざしは、かっこいいの一言です。射撃のプロという役を見事に演じ切り、主人公のウェズリー・スナイプスに優るとも劣らない存在感を出しています。

映画の感想を投稿する

映画「ホワイトハウスの陰謀」の商品はこちら