映画:ボーダーライン

「ボーダーライン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ボーダーラインの紹介:2015年にアメリカで犯罪映画。監督は「プリズナーズ」などで知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ。主演はエミリー・ブラント。メキシコの麻薬カルテルに立ち向かうFBI捜査官たちの姿を描く。日本公開は2016年。

あらすじ動画

ボーダーラインの主な出演者

ケイト・メイサー(エミリー・ブラント)、アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)、マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)、レジー・ウェイン(ダニエル・カルーヤ)、スティーヴ・フォーシング(ジェフリー・ドノヴァン)、ラファエル(ラオール・トゥルヒージョ)、ファウスト・アラルコン(フリオ・セサール・セディージョ)、シルヴィオ(マキシミリアーノ・ヘルナンデス)

ボーダーラインのネタバレあらすじ

【起】– ボーダーラインのあらすじ1

アリゾナ州のチャンドラー。FBI誘拐即応班のケイト・メイサーは、SWATと共に容疑者の家に突入します。

ケイトは発砲してきた容疑者を射殺し、同僚のレジー・ウェインに銃弾で穴が開いた壁に何かがあると知らされます。壁を壊してみると、顔を潰されてビニールに覆われている、数十体の死体が見つかります。これはメキシコの麻薬カルテル「ソノラ・カルテル」の手口でした。

死体は廊下に15体、寝室からは20体発見されました。ほかの部屋も調査しようとした矢先、裏の物置の床下に仕掛けられていた爆弾が爆発し、警察官2名が殉職します。

ケイトとレジーは本部に呼ばれます。話によると、民家から見つかった遺体は、ケイトたちが探していた人質ではありませんでした。

それからソノラ・カルテルの幹部であるマヌエル・ディアスの話をされます。死体が見つかった民家を所有していた男で、表向きは実業家でした。マヌエルにはアメリカのボスであるギレルモという兄がおり、さらにいとこのファウスト・アラルコンは、ソノラのナンバー3でした。

ケイトは国防総省からやってきたマット・グレイヴァーから、結婚しているかと尋ねられます。ケイトは離婚しており、子どももいませんでした。

マットはソノラの捜査には専任捜査官が必要だと説明し、ケイトを抜擢します。ケイトは今回の事件の首謀者を逮捕できるという言葉に乗り、特殊捜査チームに入ることを決意します。

法律の知識を有するレジーは、お役御免となりました。

メキシコのソノラ州ノガレス。警官のシルヴィオは息子に叩き起こされ、サッカーの試合に向かいます。

ルーク空軍基地。ケイトは待ち構えていたマットと、国防総省のコンサルタントを名乗るアレハンドロ・ギリックと共に、自家用ジェットに乗ります。

うたた寝をしていたアレハンドロは、悪夢にうなされて目を覚まします。そして、作戦に必要な知識について質問するケイトに、自分たちのやることを見ていればいいと答えるのでした。

エル・パソのフォートブリス陸軍基地に到着します。

さっそく軍事情報センターで連邦保安官や麻薬取締局と合流して、作戦の説明を受けます。車でフアレスの裁判所に行き、ギレルモの身柄を引き取り基地に帰ってくるというものでした。

ケイトはマットからテキサスのエル・パソに行くと聞かされていました。不信感を募らせてマットを問い詰めますが、言いくるめられてしまいます。

アレハンドロは、以前フアレスで検察官をしていました。そして、今回の特殊捜査チームに参加する前には、コロンビアのカルタヘナで働いていたとケイトに語ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ボーダーライン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×